未来につなげる震災デジタルアーカイブ

いわて震災津波アーカイブ
〜希望〜
①岩手県震災津波関連資料収集・活用等推進事業~収集・活用等に係るガイドライン策定業務~
②岩手県震災津波関連資料に係る収集・デジタル化並びにデジタルアーカイブ構築及び運用保守業務(岩手県)

岩手県庁 岩手県復興局

貴重な被災地域の記録を収集し、
経験・教訓を後世に残す

いわて震災津波アーカイブ〜希望〜

事業概要・施策

[課題背景]

2011年3月11日、日本周辺での観測史上最大の地震「東北地方太平洋沖地震」が発生し、全国協力のもと復興が進められるなか、2011年7月に内閣復興庁による「東日本大震災からの復興の基本方針」が策定されました。 地震・津波災害や原子力災害の記録、未来につなげるための教訓などの情報を収集・保存・公開体制を整備し、 誰もがアクセス可能な一元的に保存・活用できる仕組みを構築し、広く国内外に情報発信することを求められました。

[事業概要]

震災から復興が進むとともに、震災の記録が散逸・消失し、記憶が風化されることが長らく懸念されていました。 これらの貴重な被災地域の記録を収集・デジタル化しWeb上で公開することにより、記憶の風化を防ぐとともに、 今後の災害に備える防災・減災の研究、児童や生徒に対する復興教育、三陸地域内外との交流人口の拡大に活用するため、デジタルアーカイブの構築をおこないました。

  • 「いわて震災津波アーカイブ~希望~」WEBサイト

    「いわて震災津波アーカイブ~希望~」Webサイト

  • 「6つのテーマ」について未来へ情報発信

    「6つのテーマ」について未来へ情報発信

トッパンの
ソリューションポイント

アーカイブの構築から利活用までトータルでサポートする「デジタルアーカイブソリューション」

企業関係団体や県・市町村・NPO・マスメディア、市民団体から文書や新聞、案内チラシ、冊子、体験談・教訓を収集し、権利処理・整理分類・電子化保存などをおこない、アーカイブをいたします。
トッパンでは、状況を整理することにはじまり、企画・調査の設計、VRの活用も含めた各種資料のデジタル化と、セキュア環境によるデジタルデータ管理、さらにはアーカイブの利活用提案までを含めた、総合的なソリューションを提供いたします。

高精度全文テキスト化サービス

トッパン独自のOCR技術と校正システムを駆使し、どんな文献・資料にも万全対応する高精度テキストを生成します。

有識者などとの綿密な連携による業務遂行能力

豊富な実績を有する専門スタッフが、有識者などとアーカイブの方向性ならびに手法について綿密な連携のうえ、業務を遂行いたします。

事例の詳細や取り組みに関する
お問い合わせはこちら

CONTACT