トッパンが目指すダイバーシティ&インクルージョン

  • トッパンは「社会的価値創造企業」へのさらなる進化を目指し、ダイバーシティ&インクルージョンを重要な経営戦略の一つと位置づけています。
    トッパンでは、「人間尊重」「企業は人なり」という信念の下、「人財」を起点とした様々な施策を実施してきました。引き続き、多様な人財が個々の属性や価値観の違いを認め、尊重し合う「ダイバーシティ」を推進し、さらに、多様な人財の能力を生かし互いに高め合うことで、違いを変革の原動力に変える「ダイバーシティ&インクルージョン」を実現していきます。
    そのために、互いを尊重し合う感性とたゆまない対話を通じて、一人ひとりの人権が尊重され、安心して発言・行動できる心理的安全性の高い職場づくりを実践していきます。

    トッパンのダイバーシティ&インクルージョン推進方針

    高い心理的安全性の下で、
    個々の違いを認め合い尊重する感性を育み、
    「違い」を変革の源に変え、
    情報とくらしをデザインする「社会的価値創造企業」を実現する。

ダイバーシティ推進室

  • トッパンでは、「人間尊重」「企業は人なり」という信念の下、「人財」を起点とした様々な施策を実施してきました。これまでも各事業所で推進されてきた取り組みを、全社的な経営戦略としてさらに進化、加速させていくために、2019年4月、ダイバーシティ推進室を発足させました。
    ダイバーシティ推進室が全体像の策定と施策の企画・立案を担い、各事業所のダイバーシティ推進委員が各事業所の特色に合わせて具体的な施策を展開します。各事業所の推進担当者が身近な相談窓口となり、その内容を推進室と共有し、解決を図っていくことで、組織全体の意識改革、浸透につなげています。

仕事と育児の両立支援

「働く意志を支援する」という考え方に基づき、育児・介護休業制度や勤務短縮制度の整備、家族手当の増額など、仕事と生活を両立しやすい環境づくりを進めています。
仕事と育児の両立支援については、2016年度に育児をする社員を対象とした勤務短縮制度などの勤務特例措置の適用期間を子が小学校4年修了までに拡大しました(法定は3歳まで)。
これらの制度の拡充に加え、2012 年度からは、育児をしながら働く社員の心を支える仕組みとして「はぐくみプログラム」を展開しており、育児休業中の社員のケア、仕事と育児の両立に関するノウハウの共有、立場を超えて両立について学び・考える機会の提供に取り組んでいます。なお、同プログラムは2016年度「キッズデザイン賞」の男女共同参画担当大臣賞を受賞しました。

主な仕事と育児の両立支援制度
出産までに利用できる制度
  • 出産を機に退社する社員に対する再雇用制度
  • つわり休務
  • 通院休暇
  • 検診休務
  • 時差出勤
  • 特定不妊治療費補助
出産後に利用できる制度
  • 育児休業
  • 出産祝い金
  • 育児休業手当
  • 育児休業援助金
育児期に利用できる制度
  • 育児のための勤務特例措置(勤務短縮、時差出勤、1カ月単位の変形労働時間制)
  • 子の看護休日
  • 育児休日
  • 家族手当
  • ベビーシッター・ホームヘルパー利用料補助
その他
  • ストック休暇(子の看護や不妊治療の理由での利用を認める)
はぐくみプログラム
はぐくみプログラム

※ 2020年度は、全国一斉オンライン開催で実施

仕事と介護の両立支援

働きながら家族を介護することに対する不安を解消し、安心して仕事に専念できる環境をつくるため、労働組合と協議し、両立支援制度を整備しています。介護に関する社員アンケートの結果を踏まえ、制度適用要件の緩和、柔軟な働き方の整備、経済的支援、情報提供の4つの観点で、制度の充実を図るとともに、介護の事由による新幹線通勤を一部認めています。また、子の看護休日同様、2019年度より介護休暇を時間単位で取得できるようにしました。
従業員の理解促進と不安解消に向けて、仕事と介護の両立を支援するホームページを始め、NPO法人による介護セミナーを開催するなど、今後も両立支援施策の拡充に向け、取り組みを推進していきます。

仕事と介護の両立支援各種制度における4つの観点
介護関連制度の適用要件

対象家族が、以下の介護状態のいずれかに該当すること

  • 育児・介護休業法における「要介護状態」
  • 介護保険制度の「要介護状態」
  • 介護保険制度の「要支援状態」
仕事と介護の両立を可能にする柔軟な働き方
  • 介護休業
  • 介護勤務短縮(短縮勤務、時差出勤、週の所定労働日数の短縮)
    ※介護休業と介護勤務短縮はそれぞれ複数回の分割取得可能
    ※相互の制度を切り替えて利用することも可能
  • 介護休暇(1時間単位の取得可)
  • 介護を事由とする新幹線通勤
介護期間中の経済的な支援
  • 介護休業手当(平均賃金の4割)
  • 有給で介護休暇を取得可
仕事と介護の両立支援に関する情報提供
  • 仕事と介護の両立に関する情報を提供するHPの開設
    仕事と介護の両立支援に関するトッパンの仕組みや一般的な知識、介護に関わる公的な制度などについて紹介する社員向けHPを開設している
  • 介護に関する外部専門相談窓口の設置
    介護に関する相談窓口として外部専門機関と契約。社員からの相談は何度でも無料。専属の担当者が介護施設や病院での手続きや見守り訪問などを行う、代行サービスも有料にて利用可能

仕事と介護の両立支援セミナー

  • 2016 年度より、在京事業所において、社員向け「仕事と介護の両立支援セミナー」を開催しています。本セミナーでは、法人契約を結んでいる専門相談窓口から講師を招き、一般的な介護に関する知識から、仕事と介護の両立のポイントまでを説明いただくとともに、会社から、介護休業や介護勤務短縮など制度の説明、介護に関する情報提供ホームページの紹介などを行っています。2018 年度は関西、2019 年度は中部、九州の事業所で実施するなど、実施事業所の拡充を進めており、今後も介護に対する社員の不安をやわらげ、安心して仕事に取り組める環境の整備を図ります。

  • セミナーの様子

ポジティブアクションの取り組み

性別を問わずその能力を最大限に発揮し、活躍の場が広がるよう、ポジティブアクションを推進しています。能力・意欲に基づき女性の管理職への登用を進め、様々な職場で活躍しています。2021年4月時点での女性管理・監督職者数は管理職数124 名、監督職者数466 名となり、女性管理・監督職者数の割合は11.5% になりました。

  • 2020年度 階層別女性の割合(%)
    2020年度 階層別女性の割合(%)
  • 女性管理・監督職者数推移(4月時点)
    女性管理・監督職者数推移(4月時点)

なでしこ銘柄

  • 凸版印刷は昨年に引き続き、経済産業省と東京証券取引所が選定する令和2年度「なでしこ銘柄」に選ばれました。
    「なでしこ銘柄」は中長期の企業価値向上を重視する投資家に、女性活躍推進に優れた上場企業を魅力ある銘柄として紹介することで、企業への投資を促進し、各社の取り組みを加速することを目的として、2012年度より経済産業省と東京証券取引所が共同で選定・発表しています。

  • 女性活躍推進法「えるぼし」認定

    凸版印刷は2021年3月1日付で「えるぼし2段階」を認定取得しました。
    「えるぼし」とは、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)に基づく認定制度で、一定の基準を満たし、女性活躍推進の取り組みが優良な企業に発行されるものです。

障がい者雇用の推進

  • トッパンでは、障がいの有無にかかわらず、皆が共生し合える職場環境を目指し、個々の能力を活かせる職域の開拓や環境支援を進めています。
    特例子会社の東京都プリプレス・トッパン(株)のほか、全国の事業所でも様々な業務を担っており、スポーツ専従社員としてパラスポーツで活躍している従業員もいます。

  • 障がい者雇用
    2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
    人員 253名 274名 312名 325名 339名
    雇用率※ 2.06% 2.25% 2.29% 2.31% 2.39%

    ※ 雇用率は、「障害者の雇用の促進等に関する法律施行規則」第8条の規定による「障害者雇用状況報告書」で報告した常用雇用者数(6月1日時点)を分母にしています

LGBTQに関する取り組み

LGBTQ(性的マイノリティ)への理解を促し、誰もが働きやすい職場環境を実現するための取り組みを進めています。2018 年より、グループ全体に向けたLGBTQ セミナーを開催し、正しい理解とダイバーシティ&インクルージョンの推進を強化しています。また、2020年7月1日から同性パートナーや事実婚パートナーにも配偶者関連制度を適用することとし、同性パートナーや事実婚パートナーを配偶者とする従業員を対象とした慶弔休暇や諸手当、結婚祝い品などの社内制度の適用を開始するなど、制度面からも従業員の多様な生き方を支えています。

Topic

「みんなで学ぼう!多様な性の在り方(LGBTQ)セミナー」を開催

2021年2月10日(水)、全国一斉オンラインにて、昨年に引き続きダイバーシティ&インクルージョン コンサルタントの藤原快瑤(かよ)氏を招いたトッパンオープンセミナー「みんなで学ぼう!多様な性の在り方(LGBTQ)セミナー」を開催しました。
「人間尊重」、「企業は人なり」という信念の下に進めている、多様な人財が互いの違いを認め、尊重し合う「ダイバーシティ&インクルージョン」の取り組みの一環として、我々の中にある多様性について、ジェンダーとセクシュアリティという切り口から学び、実は知っているようで知らない基礎から、具体的な取り組みや対応について学びました。
性的指向(Sexual Orientation) と性自認(Gender Identity) の違いや、性の多様性とは、L(レズビアン)・G(ゲイ)・B(バイセクシャル)・T(トランスジェンダー)とはっきりとわかれているのではなく、「グラデーション」の状態で、「カラダの性」、「ココロの性」、「スキになる性」の組み合わせも無限大であることなど、基礎知識を学んだ上で、質疑応答などを通じて身の回りで異性愛や心と体の性が一致していることが無意識的に前提とされている事柄や、ついしてしまいそうな差別的な言動を確認しました。
zoomウェビナー形式にて、約380名が参加しました。セミナーを通じて、「性の多様性を身近に感じることができた」、「世の中の多様性をもっと柔軟に受け入れていきたいと思った」という意見をはじめ、「ダイバーシティ&インクルージョンの本質を理解することができた」という声も多数寄せられました。また、このセミナーを皮切りに、TOPPAN ALLY※表明も募り、誰もが生きやすい環境を一人ひとりが意識してつくっていこうという活動もスタートしました。

※ 多様な性のあり方や職場の多様性に理解と共感をもち、誰もが働きやすい職場環境に繋げようと意識・行動を心がける人たちのこと

ウェビナーの様子

ウェビナーの様子

「TOPPAN ALLY」マーク

「TOPPAN ALLY」マーク

ダイバーシティ関連研修

  • 個人のニーズに合わせて自由に選択し受講できる自己啓発プログラムにおいて女性社員向けやマネジメント層向けのほか、ダイバーシティ関連の研修をオンラインにて開催しました。
    また、新入社員研修を始めとした階層別研修でも各階層に応じたダイバーシティプログラムを実施し、さらに2019年度より全社員に対してeラーニングにてダイバーシティ&インクルージョン教育を実施しています。
    そのほか「LGBTQセミナー」「ダイバーシティ概論セミナー」をオープンセミナーとして広く開催しているほか、ダイバーシティ推進委員に向けた「LGBTQ勉強会」、「障がい者勉強会」を実施することで多様な考え方の理解・浸透を積極的に推進しています。

  • プログラム例
    女性活躍の推進を通じて学ぶ
    ダイバーシティコース
    多様な働き方を考える
    ダイバーシティ実践コース
    LGBTから考えるダイバーシティ推進コース
    今からはじめるキャリアベーシックコース
    アンガーマネジメント基本コース
    レジリエンスの鍛え方基本コース

    (2020年度実績)