基本的な考え方

  • トッパンでは、生産部門だけでなく、営業、研究・開発、企画から設計、販売・出荷の全ての工程における品質づくりへの取り組みを「総合品質保証」と定義し、品質向上と製品の安全管理に努めています。品質の維持・改善に取り組む上で、製品の安全管理に関しては、「製品の安全管理についての基本理念」と「製品の安全管理についての指針」を制定しています。

  • 製品の安全管理についての基本理念

    私たちは、行動指針の基本原則に基づき、
    製品の安全性確保と品質向上に努めることにより、
    使用者の安全と健康を守ることを企業の社会的責任ととらえ、
    グループ全体で製品の安全管理に取り組みます。

    (注)使用者:得意先およびエンドユーザーである消費者を含む。

当社の事業活動における総合品質保証

当社の事業活動における総合品質保証

推進体制

本社製造統括本部品質保証センターが、全国品質保証部門会議を開催しており、製品の品質保証・安全管理に関する課題を集約し、重点施策の進捗状況をフォローアップすることにより、品質ロスの削減と品質向上に努めています。製品の安全管理を支えるため、全事業所で品質マネジメントシステム(ISO9001)の継続的な改善を推進し、同センターが、総合品質保証の基盤となる品質マネジメントシステムの実効性向上を目的として、ISO9001の解説および内部監査員養成研修を毎年開催しています。

お客さまからの苦情・クレームに関しては、各事業(本)部の品質保証部門が対応。また、重大な製品事故が発生した場合は、危機管理に関する規定に基づき緊急対策本部を設置し、使用者の安全を第一として迅速かつ適切に対応しています。お客さまからのクレームに関しては、ISO9001に基づく是正処置管理規定を制定。本質的な原因を究明し、適切な対策を講じるとともに、標準化による再発防止に努めています。
品質保証センターが、全事業(本)部のクレーム・品質ロスを毎月集約し、改善活動の進捗状況を評価。また、重大な製品事故に関しては、再発防止策の妥当性と定着状況を点検しています。特に安全衛生面で高い品質保証が求められる食品関連事業に対して、製造を許可する認定許可制度を採用しています。