基本的な考え方

トッパンでは、従業員を会社の貴重な財産、すなわち「人財」と捉え、「企業は人なり」という理念の下、従業員が、「やる気」「元気」「本気」の3 つの「気」を持つことで、従業員がそれぞれの力を十分に発揮することが大切だと考えています。
それを実現するために、従業員の労働、そして健康と安全に関する取り組みを労働組合や健康保険組合(以下健保)と連携しながら進めています。
特に、健康と安全については、「健康経営宣言」(2015 年制定・2019年改定)、「安全衛生・防火基本方針」(2010 年制定「安全衛生基本方針」を2020 年4 月に改定)に基づきそれぞれの取り組みを進めています。
「健康経営宣言」は、従業員のさらなる健康の保持・増進に向け、「健康経営」という視点から、会社と健保それぞれで行われている取り組みや計画を見える化、体系化、整理し、今後の方針として明確化したものです。この「健康経営宣言」では、ワーク・ライフ・バランスも含め、従業員や家族の健康づくりをより一層推進するとともに、健康関連事業を通じ、世の中全ての人々の健康づくりを支援し、社会に貢献する、という2 つの軸を打ち出しています。
また、「安全衛生・防火基本方針」は、災害ゼロに取り組むために、正社員および契約社員を始めとする職場で働く全ての人々を対象に、「安全は全てに優先する」を第一義に制定された方針です。次年度もゼロ災害を目標に取り組んでいきます。

推進体制

労働については、本社人事労政本部が各事業(本)部の総務部と連携し、労働組合と協議しながら、様々な施策を展開しています。また、健康と安全についても、人事労政本部が中心となり、各事業(本)部の総務部および労働組合や健保と協働して、新たな取り組みを進めています。

労使のパートナーシップ

トッパンと労働組合は、「労使は共通のパートナー」という考え方に基づき、相手の立場を尊重し、対等の立場に立ち、協力して様々な課題に取り組んでいます。経営上の諸問題を話し合う場として、全社および事業所単位で経営協議会を開催しています。また、個々の課題を協議する専門委員会を設けており、労働時間短縮、賃金、安全衛生などの常設委員会に加え、労使「働きがい」推進委員会など必要に応じて個別の委員会を開催しています。
なお、トッパンはユニオンショップ制を採用しており、原則として管理職を除く社員は、全員労働組合に加入しています。

※全従業員10,730 名のうち、組合員数7,205 名(凸版印刷単体数字)
  • 健康経営への取り組み

    健康経営に取り組むにあたり、会社と健保による「健康経営推進協議会」を設置し、代表取締役社長を健康経営責任者とする推進体制を整備しています。この協議会において、重点目標やKPI の設定に加え、それを実現するための様々な施策の検討、実行、効果検証、改善等が行われています。

    ※「健康経営®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。
  • 健康経営推進組織図
    健康経営推進組織図