基本的な考え方

トッパンは、直面するリスクを的確に認識し適切に管理していくことも、企業の社会的責任であると考えます。

そこで、品質事故や自然災害など、トッパングループの事業に影響を与える可能性のあるリスクを「危機管理を要するリスク」として捉え、それらのリスクが顕在化しないよう対応策を実施するとともに、万が一、顕在化した場合には、危機管理体制に基づき、情報収集を迅速に行い、総合的かつ戦略的に対応することで損失を最小限に抑え、事業の継続、社会からの信頼の確保に努めています。

推進体制・仕組み

■ 主管部門別危機管理体制

トッパンは、「危機管理に関する規程」に基づき、危機管理を要するリスクごとに本社主管部門を定め、当該主管部門の担当役員が責任者となり、リスクの予防、回避、是正措置を講じる「主管部門別危機管理体制」をとっています。危機管理を要する重大なリスクが顕在化した場合には取締役会に報告されています。

危機管理を要するリスクと本社主管部門

■ 危機管理連絡会

本社各部門の危機管理担当者で構成される危機管理連絡会を設置しています。平時においては、定期的に開催し、情報の共有化を図っています。リスクが顕在化した際には、関連部門を緊急招集し、事態の対処および再発防止策を検討します。

  • ■ リスクマネジメント

    事業(本)部、子会社、グループ会社によって管理すべきリスクが異なることから、トッパンでは、それぞれの事業主体ごとにリスクマネジメントを実施しています。

    具体的には、年1回、危機管理を要するリスクの見直しを行い、発生頻度と発生した場合のインパクトの強弱による評価をした上で、その対応策を検討しています。また、中間期に、期初に立てたリスク対応策の進捗状況をチェックしています。

    特に経営に与える影響が大きいと考えられるリスクを「重大リスク」とし、毎年度、法務・知的財産本部コンプライアンス部が事務局となって特定しています。それぞれの重大リスクは、本社主管部門を中心に対応計画を策定し、徹底した管理を実施しています。また、これらのリスクへの対応状況については、定期的に、リスク管理担当取締役から取締役会へ報告しています。

    2019年度は、以下の15項目を重大リスクとして定めました。

    • 1. 火災および労災
    • 2. グループ統制に関するリスク
    • 3. 海外ビジネスに関するリスク
    • 4. 不良棚卸資産の発生・長期在庫化
    • 5. 債権関連事故
    • 6. 個人情報・秘密情報の漏えい
    • 7. サイバー攻撃による事業活動の停止
    • 8. 品質事故
    • 9. 土壌および地下水汚染
    • 10. 労務トラブル(長時間労働を含む)
    • 11. 自然災害による人的・物的被害
    • 12. 投資の損失
    • 13. 知的財産権の侵害
    • 14. 法令違反
    • 15. 贈収賄・腐敗行動