トッパンのダイバーシティ&インクルージョン推進方針

トッパンは「社会的価値創造企業」へのさらなる進化を目指し、全社的に変革を推進しています。この取り組みを進めるにあたって、「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)」を重要な経営戦略の一つと位置づけています。

トッパンでは、「人間尊重」「企業は人なり」という信念のもと、「人財」を起点とした様々な施策を実施してきました。引き続き、多様な人財が個々の属性や価値観の違いを認め、尊重し合う「ダイバーシティ」を推進し、さらに、多様な人財の能力を活かし互いに高め合うことで、違いを変革の原動力に変える「ダイバーシティ&インクルージョン」を実現していきます。

そのために、互いを尊重し合う感性とたゆまない対話を通じて、一人ひとりの人権が尊重され、安心して発言・行動できる心理的安全性の高い職場づくりを実践していきます。

ダイバーシティ&インクルージョンの目指すもの ダイバーシティとは、多様な人が集まっている状態。インクルージョンとは、多様な人材が集まって、相互に機能し発展する状態

推進体制

  • 2019年4月にダイバーシティ推進室を発足し、「ダイバーシティ&インクルージョン」をさらに推進する体制を整えました。ダイバーシティ推進室が全体像の策定と施策の企画・立案を担い、各事業所のダイバーシティ推進担当が各事業所の特色に合わせたD&I施策を展開するとともに、従業員からのダイバーシティに関する身近な相談窓口としての役割を果たすことで、組織全体の「ダイバーシティ&インクルージョン」の浸透を図ります。

  • ダイバーシティ推進体制図

具体的な取り組み

■ 女性活躍推進

トッパンでは、積極的に女性の活躍を進めており、この10年間で女性社員の割合は2倍以上、管理監督職層の割合は3倍以上となっています。今後も環境整備やキャリア開発支援を進めていきます。

女性社員数と比率、管理監督職数の推移 ダイバーシティ関連の社内研修プログラム 女性社員のためのステップアップ研修
令和元年度「なでしこ銘柄」に選定
なでしこ銘柄2020ロゴ

凸版印刷株式会社は、経済産業省と東京証券取引所が選定する令和元年度「なでしこ銘柄」に選ばれました。

※「なでしこ銘柄」は中長期の企業価値向上を重視する投資家に、女性活躍推進に優れた上場企業を魅力ある銘柄として紹介することで、企業への投資を促進し、各社の取り組みを加速することを目的として、2012年度より女性活躍推進に優れた上場企業を経済産業省と東京証券取引所が共同で選定・発表するものです。

■ 両立支援

トッパンでは「働く意志を支援する」という考え方に基づき、仕事と生活を両立しやすい環境づくりを進めています。

育児との両立

育児休業制度や勤務短縮制度の整備、家族手当の増額など、両立支援制度の拡充を進めています。

主な仕事と育児の両立支援

2012年より、育児をしながら働く社員の心を支える仕組みとして「はぐくみプログラム」を開始しました。育児休業中の社員のケアや両立に関するノウハウの共有、管理職層のためのマネジメント研修ほか、立場を超えて両立について学び・考える機会を提供しています。

同プログラムは2016年度「キッズデザイン賞」の男女参画担当大臣賞を受賞しました。

※キッズデザイン賞:子どもや子どもの産み育てに配慮したすべての製品・空間・サービス・活動・研究を対象とする顕彰制度

はぐくみプログラム キッズデザイン賞授賞式のようす
介護との両立

介護との両立支援についても、制度の拡充を図るなど施策を展開しています。仕事と介護の両立を支援するホームページをはじめ、介護に関する外部専門相談窓口の設置や介護セミナーの開催など、働きながら家族を介護することの不安を解消し、安心して働ける環境づくりを進めています。

仕事と介護の両立支援各種制度における4つの観点 仕事と介護の両立セミナーのようす

■ 障がい者の活躍支援

トッパンでは、障がいの有無にかかわらず、皆が共生し合える職場環境を目指し、個々の能力を活かせる職域の開拓や環境支援を進めています。

特例子会社東京都プリプレス・トッパンとの連携

1993年に特例子会社東京都プリプレス・トッパンを設立し、DTP、Webコンテンツ制作などを中心に事業を開始しました。

2014年より、新たにオフィスサポート事業を立ち上げ、凸版印刷の様々な職場のオフィスサポート業務を担うことで、働き方改革の一環として活動しています。

2019年には、トッパンの紙器工場から排出される損紙をリサイクルし、手漉きで紙をつくり製品化する「紙すき事業」をスタートし、障がい者の職域をさらに開拓しています。

ジョブコーチや専任の精神保健福祉士・社会福祉士による、育成支援体制も整備し、安心安全な環境づくりを強化しています。

プリプレス・トッパンの業務のようす
各職場の職域開拓

エレクトロニクス系工場における大型製品の梱包・運搬や再生作業、パッケージ系工場における運搬用段ボールの再生作業のほか、トッパンの全国各職場で障がいのある社員が担う業務の幅を広げています。

工場での業務のようす
スポーツ専従社員

スポーツの場で活躍する人財も積極的に支援しています。5名のアスリート社員のうち、2名はパラスポーツで活躍しています。

障がい者雇用率の推移

■ グローバル人財に関する取り組み

グローバルでのビジネスが拡大するなか、外国籍社員の採用を進めるほか、海外グループ会社との交流を積極的に進めています。

また、グローバル人財の育成にも力を入れており、海外現地法人で実務研修を行う「海外トレーニー制度」、海外駐在員候補者向けの「グローバル選抜研修」や海外ビジネススクールへの派遣など、様々な育成プログラムを展開しています。独立行政法人国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊には、毎年数名の若手社員を派遣し、人財育成とともに国際的な社会的課題解決にも携わっています。

HR会議、安全道場海外キャラバン、海外トレーニー

■ LGBTに関する取り組み

LGBT(性的マイノリティ)への理解を促し、誰もが働きやすい職場環境を実現するための取り組みを進めています。2018年より、グループ全体に向けたLGBTセミナーを開催し、正しい理解とダイバーシティ&インクルージョンの推進を強化しています。今後も、制度改定など環境整備や理解促進をさらに進めていきます。

LGBTセミナーのようす LGBTオープンセミナー開催実績