Affdex
さまざまな産業で効果を発揮する、
感情認識AI。
OVERVIEW
既存のウェブカメラを使って、リアルタイムにターゲット(消費者など)の顔の筋肉の僅かな動きをキャッチし、感情をデータ化・分析。
イベントやプロモーションを中心に、さまざまな産業で活用され、その効果が実証されています。
「Affdex」の日本正規代理店株式会社シーエーシーとプロモーションやイベント分野で2017年より協業しています。
POINT
  • 1
    世界最大級の表情データ活用により正確な感情認識を実現
  • 2
    包括的な表情分析で顔のさまざまな動きを数値化
  • 3
    マルチプラットフォーム
    ・マルチデバイス対応
※FACS(Facial Action Coding System)は、視認可能な顔の動きを包括的に測定するためにPaul Ekman、Wallace Friesenらによって1978年に開発された分析ツール・表情理論のことです。顔のあらゆる動きを計測し数値化できることから、心理学者を始めとして、多くの研究者やアニメーターおよびロボット工学エンジニアらに活用されています。
CASE STUDY
2017年に実施された東京都議会議員選挙にて、感情認識AIを導入したPRイベントを渋谷・新宿で開催。
会場には、参加者が笑顔でいた秒数を「笑顔投票数」として測定する「笑顔投票所」を設置しました。また、参加者全員の表情が一致すると、その瞬間を自動で撮影する「ミニポスタースタジオ」といった体験型AIコンテンツも展開。感情認識AIを活用した日本初のイベントとなりました。
お問い合わせ
OTHERS
他にもお客さまの課題をサポートする
デバイスをご用意しています。

TOP

© 2021 TOPPAN INC.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。