日本文化に学ぶ
リベラルアーツ研修

日本文化に学ぶ リベラルアーツ研修|凸版印刷

サービス概要

ビジネスを高める、日本文化体験

現代のビジネス環境は「不確実性」が高まっているとも言われます。そのような時代を乗り切るためには、論理的思考やMBAで教わるようなビジネススキルのみならず、変革力・共感力・多様性受容力といったソフトスキルを身に付けることが重要になっています。それらの能力を養うことができる「リベラルアーツ」(※)への注目は近年ますます高まっています。

そこに対し、凸版印刷は株式会社セルムとの協業で、VRなどデジタル技術を活用し、深い文化体験を提供するリベラルアーツ研修を開発しました。通常では、座学が中心となりがちな研修において、体験型の講座を提供し、各人のイノベーション力やコミュニケーション力、組織における多様性の受容力を育てる内容となっています。
企業の社内研修用途として、各階層や各職種にあわせた研修をご提供します。
 

日本文化に学ぶ リベラルアーツ研修|凸版印刷

(※)リベラルアーツとは

人文科学・社会科学・自然科学にまたがる現代の一般教養のことを指す。自由に、自分の考えや判断で自律的に生きていきながら、周囲の人たちとも前向きな関係を構築するために身に付けるべき必要な技術。幅広く学ぶことで、多角的な視点を養い、思考力・分析力・実行力を身につける学問領域。

日本文化に学ぶリベラルアーツ研修の特徴

特徴1|「文化の継承者」との出会い、リアルとバーチャルを組み合わせた体験

ビジネスパーソンがリベラルアーツの学びを得るため、寺社の住職や、伝統を守る工芸士といった「文化の継承者」との対話を行っていただきます。過去にさかのぼるVRコンテンツを活用することで、対象となる日本文化への興味・関心を高めます。
通常のビジネスとは大きく異なった、非日常の体験が、改めて自らを振り返る自己内省を促進します。 

日本文化に学ぶ リベラルアーツ研修|凸版印刷

日本文化に学ぶ リベラルアーツ研修|凸版印刷

 特徴2|ビジネスと文化双方に精通したファシリテーターによる研修進行

 
ビジネスと文化の双方に精通したファシリテータが、文化や芸術からの学びを、ビジネスパーソン向けに分かりやすく解説します。文化体験で得られた経験を、自らのものにするためのワークショップを実践し、今後のビジネスに活かしていただきます。

特徴3|視覚、嗅覚、聴覚を刺激するVR体験と人間工学的な効果検証


早稲田大学河合隆史研究室との共同研究により、「嗅覚」「聴覚」の刺激を組み合わせることが、VRへの没入効果を高めると実証されました。現地ゆかりの香料や環境音などを取り入れ、オンラインでも現地にいるかのような体験を付与します。 新たな視点・視野を与えるVRの活用により、集合型・オンライン問わず多面的な学びを与えます。

活用事例

実施例1| 寺社に学ぶリーダーシップ研修:鑑真和上から学ぶサステナビリティ(ビジョン浸透)

ビジョンを形成・浸透させたい新入社員を対象に、1200年の歴史を持つ古寺をライブ中継やVRでバーチャル訪問を行いました。
創建者の鑑真和上が命を懸けて渡来したエピソードや、お寺を守る僧侶が日々どんなことを考えているか、お話を伺いました。強い思いを実現した鑑真和上の生きざまより信念を貫く重要性から、強いリーダーシップ、これから会社で経験する苦難を乗り越えるための心構えを学んで頂きました。

新入社員から経営層まで、幅広くご活用いただける研修内容です。

日本文化に学ぶ リベラルアーツ研修|凸版印刷

実施例2| 禅による内省とチームビルディング:禅寺で令和維新~チーム作りと未来作り~

チーム力を高めたい組織を対象に、禅の世界を通じて自己内省のスキルを磨き、組織について洞察するワークショップを行いました。
研修では、歴代の政治家も参禅する「全生庵(ぜんしょうあん)」で、坐禅体験や住職との対話を実施。対話により相互理解を深め、体験の共有で一体感を生み出すことを経験頂きました。

経営陣に対しても相応しい研修内容となっています。

日本文化に学ぶ リベラルアーツ研修|凸版印刷

日本文化に学ぶ リベラルアーツ研修

TOP

© 2021 TOPPAN INC.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。