凸版印刷トッパンソリューション

    •  
    • お問合わせ凸版印刷
    •  

事例紹介高精度全文テキスト化サービス

早稲田大学 大学史資料センター様との百年史制作

『早稲田大学百年史』
Wikiシステムを使用したインターネット公開サイト構築

早稲田大学様では1978~97年に刊行された『早稲田大学百年史』をインターネット上に一般公開しています。本サイト構築にあたり当社の「高精度全文テキスト化サービス」が大きく貢献、高いご評価をいただいています。

『早稲田大学百年史』のサイトをご覧いただけます
詳しくはこちら   https://chronicle100.waseda.jp/index.php

テキストビュー

当社サービスが貢献した点

精度99.98%の高精度なテキストデータを生成

『早稲田大学百年史』にはテキストデータは存在しませんでしたが、印刷物から「高精度全文テキスト化サービス」を使用することで8巻約1万ページ、1千万文字に及ぶ膨大な文字を正確なテキストデータとして生成しました。

Wikiシステムを使用したWeb公開サイトを構築

膨大な資料の全文テキストから瞬時にキーワード検索可能にするWebサイトを構築しました。原本画像ビューアによる原本イメージの表示や大学内人名データーベースとの連携による人名リンクも搭載しています。

※Wiki(ウィキ)システム
   https://ja.wikipedia.org/wiki/ウィキ

全文テキスト検索の結果画面

原本イメージビューア

早稲田大学 大学史資料センター様の声

従来、何か調べものをする際は、分厚い本のページを一枚一枚めくりながら探さなければなりませんでした。
このサイトが開設されてからは、キーワードによる横断検索が一瞬で出来るようになったため、省力化をはかることが出来るようになりました。年史編纂やレファレンス、授業準備にも大いに役立っています。

早稲田大学大学史資料センター
田中智子 様

高精度全文テキスト化サービス担当者から

当社の「高精度全文テキスト化サービス」には大学様や企業様等から紙文書・史料のテキスト化で幅広く採用事例がありますがその中でも本事例は百年史公開Webサイトの構築という単なるテキストデータ化に留まらない、発展的な事例となっています。大学内外への情報発信はもちろん、大学史の授業用の配布プリント作成や資料や年史編纂用として記事検索、再編集用テキスト流用等、紙の書籍のままでは得られなかった新たな価値を生み出すことができたと思っています。

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部 ソーシャルイノベーションセンター 情報インフラ本部
松田栄作

トッパンの今後の取り組み

OCR認識率の更なる向上と効率化はもちろんのこと、テキストデータ化することで可能になる新たなサービス開発に取組んで参ります。
例えば、AI人工知能分析や音声読み上げ、自動翻訳、クラウド型書籍制作サービス(トッパンエディトリアルナビ)との連携サービスは既に実用化が進んでいます。
紙の状態からテキストデータにすることでそれは活用可能な情報資産となり、新たな価値を生み出すことができるのです。

連携

AI人工知能分析
音声読み上げ
クラウド型書籍制作サービス(トッパンエディトリアルナビ)

紙の状態(アナログ)からテキストデータ(デジタル)へ。

TOP

Copyright (c) 2018 TOPPAN PRINTING CO., LTD.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。