化粧品のパッケージ印刷

化粧品のオリジナルパッケージ印刷は
凸版のデジタル印刷!

デジタル印刷とは、デジタルデータからダイレクトに印刷する印刷方法です。
版無しの仕組みのため、製版コストがなくなり、小ロット印刷、複数デザインの印刷が可能。

既存の印刷(グラビア印刷)では小ロットの印刷に対応できず、
無地の包装にラベル貼りで対応など手間がかかっており、
人手不足、人件費が大きな課題になっています。

\ ラベル貼りの作業がなくなることによるメリット /

シール貼りの作業イメージ|食品パッケージ印刷 レトルト包装

  • 人件費の削減(人手不足解消)
  • 作業効率のアップ
  • 人的ミスの防止
  • 食品用パッケージ印刷で小ロットのため無地既製品袋をメーカーから仕入れて、表裏ラベルをしているような商品の効率化
  • 既製品袋+表裏ラベル+ラベル貼している商品をデジタルプリントへ切替→トータルコスト削減
  • オリジナルプリント食品包装は全面絵柄で商品の魅力を伝え、会社の認知拡大・ブランド力向上

当社では独自開発の技術より、食品パッケージも可能なデジタル印刷を採用。
食品クラスの安全性、クリームの油脂分や溶液でも溶けないクオリティの高いパッケージ印刷が可能です。

さらにパウチ全体にフルカラーで印刷ができるので、化粧品のこだわりやイメージを表現しやすく、
あらゆるクリーム、オイル、シャンプーなどの包装に、高い印刷品質とコストメリットをご提供いたします。

\ 検討企業様へ無料サンプル受付中 / お問合せ資料請求
はこちらから
デジタルプリント レトルト包装|食品パッケージ印刷 レトルト包装
EASY ORDER PACK:WEBより軟包材のデータ入稿・注文ができるサービス

TOP

© 2021 TOPPAN INC.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。