オリジナルデザインのレトルトカレーパッケージ印刷

レトルトカレーのパッケージ印刷は
デジタル印刷で!

デジタル印刷とは、デジタルデータからダイレクトに印刷する印刷方法です。
版無しの仕組みのため、製版コストがなくなり、小ロット印刷、複数デザインの印刷が可能。

さらに、凸版のデジタル印刷は独自技術により
130℃×30分のレトルト殺菌に対応。
カレーのようなレトルト食品のパッケージには、
従来のデジタル印刷ではパッケージへの印刷ができませんでしたが、
凸版印刷は独自の技術開発でレトルト殺菌での加熱温度・時間に対応が可能となりました。
シズル感ある写真、おしゃれでデザインにもこだわったレトルトカレーのパッケージ印刷は
凸版のデジタル印刷が最適です。

\ 凸版印刷ならこんなことができます /

レトルトカレーパッケージ印刷|電子レンジパッケージ電子レンジ
パッケージ

今まで難しかった電子レンジパッケージにもオリジナル印刷展開が可能。

レトルトカレーパッケージ印刷|耐熱性・耐水性が向上耐熱性・耐水性が
向上

130度×30分のレトルト殺菌に対応。ボイル殺菌や電子レンジ加熱にも対応。

レトルトカレーパッケージ印刷|複数デザイン可能複数デザイン
可能

デジタル印刷は製版が不要のため、パッケージ印刷として、複数のデザインに展開できます。

レトルトカレーパッケージ印刷|環境に配慮したパッケージ環境に配慮した
パッケージ

小ロットから対応が可能なことから、必要なものを必要な時に必要な分だけ生産。廃棄ロス削減。

レトルトカレーパッケージ印刷|デジタル印刷用接着剤「TOPMER ™」を開発デジタル印刷用接着剤
「TOPMER™」を開発

独自開発の技術で、レトルト用途に加え、ボイル殺菌や 電子レンジ加熱にも対応。
レトルトカレーのように、加温調理を前提とした
レトルト食品のパッケージにもお使い頂けるようになりました。
デジタル印刷パッケージの活用範囲が広がり、小ロットで高い印刷品質、
消費者の利便性も高いレトルト食品の生産が可能になりました。

レトルトカレーパッケージ
導入事例

株式会社フレンバシー 様

GoodGoodCurry

新商品2点発売にあたり、小ロット・オリジナル印刷で対応

  • スタンディングレトルト袋に印刷することで化粧箱代の削減、オリジナルティあるパッケージを実現

レトルトカレーパッケージ印刷|株式会社フレンバシー 様 GoodGoodCurry

株式会社ARGON CURRY 様

ARGON CURRY

新商品発売にあたり、小ロット印刷で対応

  • 袋ごと温めることの多い製品でも崩れることのない、高品質の印刷
  • 箱、袋問わず通常のパッケージ印刷だと、色味の再現や写真の画質荒れが課題。被写体を全面に配するデザインも、凸版の高い印刷品質で実現。カレーの具材もつぶれず表現できました。

レトルトカレーパッケージ印刷|株式会社ARGON CURRY 様 ARGON CURRY

\ 検討企業様へ無料サンプル受付中 / お問合せ資料請求
はこちらから
デジタルプリント レトルト包装|食品パッケージ印刷 レトルト包装
EASY ORDER PACK:WEBより軟包材のデータ入稿・注文ができるサービス

TOP

© 2021 TOPPAN INC.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。