バリアブル印刷
導入事例

山口油屋福太郎 様

モンスト×めんべい

今年で創業111周年となる『山口油屋福太郎』が販売する、福岡のお土産として人気の辛子めんたい風味せんべい「めんべい」と「モンスト」がコラボ!

  • デザインの種類は、全部で111種類。バリアブル印刷で対応

山口油屋福太郎様 モンスト×めんべい|食品パッケージ印刷 レトルト包装

長谷工グループ(ADK) 様 全日本大学駅伝

オリジナルミネラルウォーター

長谷工グループの全日本大学駅伝応援用ノベルティ

  • デジタルプリントを使い、日田天領水シュリンクフィルムを刷り分け、バリアブル印刷で対応

長谷工グループ(ADK) 様 全日本大学駅伝 オリジナルミネラルウォーター|食品パッケージ印刷 レトルト包装

九州ペットフード株式会社 様

流通PB向けMosaic

先方営業用サンプルとしてデジタルプリントで81種展開
多品種の流通PB商談用として、デジタルプリントで展開

  • Mosaicを使うことで並べたときに見栄えが良くなり棚確保につながる。

九州ペットフード 様 流通PB向けMosaic|食品パッケージ印刷 レトルト包装

株式会社 ロッテ様

キシリトールガム発売20周年記念プロジェクト

「世界にひとつだけのパッケージ」をコンセプトに
20のパターンから図柄を自動生成・印刷

  • 国内印刷会社では対応不能なMosaicデザインと大量可変データの運用+コンバーティング力で200万種以上のパッケージ生産を実現

株式会社 ロッテ様 キシリトールガム発売20周年記念プロジェクト|食品パッケージ印刷 レトルト包装

\ 検討企業様へ無料サンプル受付中 / お問合せ資料請求
はこちらから
デジタルプリント レトルト包装|食品パッケージ印刷 レトルト包装

凸版デジタルプリントのメリット①
Mosaicデザインが作れる

Mosaicデザインが作れる|食品パッケージ印刷 レトルト包装

複数のパターンを組み合わせてパッケージを作ろうとすると、
手作業では膨大な時間がかかり、実現は難しくなります。

凸版印刷では長年印刷会社として培ってきた情報処理技術を活かし、国内で唯一、
複数パターンから図柄を自動生成で組み合わせ、印刷する技術を開発。
世界に一つしかないMosaicパッケージを大量に作成することができます。

パッケージデザインをいくつかの部分に分け、それぞれに複数パターンの図側を用意し、
組み合わせてパッケージへ印刷することもできます。

凸版デジタルプリントのメリット②
QRコード・シリアルナンバーも生成可能

QRコード・シリアルナンバーも生成可能|食品パッケージ印刷 レトルト包装

キャンペーン応募用のシリアルナンバーやQRコードは、ひとつひとつの印刷内容が変わるため、
従来は製品にシールを貼るなどの対応が必要でした。

凸版のバリアブル印刷技術・製版不要のデジタルプリントなら1製品ごとに異なる情報を、
パッケージにそのまま印刷することが可能です。
シリアルナンバーの生成・印刷も可能なので数量限定製品のパッケージにも活用できます。

デジタル印刷・バリアブル印刷とは?

デジタル印刷・バリアブル印刷とは|食品パッケージ印刷 レトルト包装

版無し・データから
そのまま出力する印刷方法

通常、DTPで作成したデジタルデータから製版・刷版を経て印刷されますが、
液体トナー等を利用し、デジタルデータからダイレクトに用紙へ印刷します。
版無しの仕組みのため、製版コストがなくなり、
小ロット印刷やバリアブル(可変)印刷が可能、といったメリットがあります。

バリアブル印刷とはすべて違うデザインでの展開や商品ごとにシリアル番号を入れるなど、
「画一のデザインを大量に」というこれまでの印刷とは異なる価値を実現する印刷方法です。

\ 検討企業様へ無料サンプル受付中 / お問合せ資料請求
はこちらから
デジタルプリント レトルト包装|食品パッケージ印刷 レトルト包装
EASY ORDER PACK:WEBより軟包材のデータ入稿・注文ができるサービス

TOP

© 2021 TOPPAN INC.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。