レトルト袋 小ロット
導入事例

かごしま有機生産組合 様

ベビーフードSTP

TOPMER対応デジタルプリント
これまでラベル貼りしていた商品8種をデジタルプリントで対応することで、既製品袋+ラベル+ラベル貼りとの比較でトータルでのコストメリット

  • 仕上がり印刷のため高評価

かごしま有機生産組合様 ベビーフードSTP|食品パッケージ印刷 レトルト包装

雲海物産 様

ささみスティック − 食品パッケージ印刷

試供品の食品パッケージ印刷で1000枚×4種 = 4000枚のレトルト包装の印刷を対応
これまでグラビア印刷で対応していたレトルトパウチ印刷を、レトルト対応デジタルプリントで対応

  • 版代がない分でコストメリット創出

雲海物産様 ささみスティック|食品パッケージ印刷 レトルト包装

中本本店 様

食品パッケージ印刷 − レトルト包装

レトルト包装をデジタルプリントで進行
鍋スープ向けレトルトパウチ印刷のお引き合い

  • デジタルプリントで印刷することでコストメリット創出
  • シール貼品をデジタルプリントで対応することでトータルコストを低減、人件費削減

中本本店様 レトルト包装|食品パッケージ印刷 レトルト包装

\ 検討企業様へ無料サンプル受付中 / お問合せ資料請求
はこちらから
デジタルプリント レトルト包装|食品パッケージ印刷 レトルト包装

凸版デジタルプリントのメリット①
業界初・レトルト包装へのデジタルプリント

業界初・レトルト包装へのデジタルプリント|食品パッケージ印刷 レトルト包装

レトルト殺菌とは、専用の機械(レトルト釜)を使用し、
包装資材に120℃か同程度の高温がかかる状態にする加熱殺菌方法です。

弊社のデジタル印刷は130℃ × 30 分のレトルト殺菌に対応。
電子レンジパッケージにもオリジナル印刷展開が可能です。

また、版作成費用がないため従来の印刷よりコストを抑えられます。

凸版デジタルプリントのメリット②
脱・ラベル貼り

\ ラベル貼りの作業がなくなることによるメリット /

シール貼りの作業イメージ|食品パッケージ印刷 レトルト包装

  • 人件費の削減(人手不足解消)
  • 作業効率のアップ
  • 人的ミスの防止

小ロット生産だから、無地パッケージにラベルを貼って
コスト削減しようとしていませんか?

凸版デジタルプリントなら版代不要・小ロット印刷が可能。
レトルトパッケージにデザイン、食品表示、バーコードも印刷できるため
トータルコストを削減できます。

また、印刷会社として培ってきた情報加工技術、印刷技術で
ラベルより商品の魅力を表現しやすいため認知拡大・ブランド力の向上にもつながります。

デジタル印刷とは?

デジタル印刷とは|食品パッケージ印刷 レトルト包装

版無し・データから
そのまま出力する印刷方法

通常、DTPで作成したデジタルデータから製版・刷版を経て印刷されますが、
液体トナー等を利用し、デジタルデータからダイレクトに用紙へ印刷します。

版無しの仕組みのため、製版コストがなくなり、
小ロット印刷やバリアブル(可変)印刷が可能、といったメリットがあります。

\ 検討企業様へ無料サンプル受付中 / お問合せ資料請求
はこちらから
デジタルプリント レトルト包装|食品パッケージ印刷 レトルト包装
EASY ORDER PACK:WEBより軟包材のデータ入稿・注文ができるサービス

TOP

© 2021 TOPPAN INC.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。