小ロット・多品種に
対応した
デジタルプリント

デジタルプリント(デジタル印刷)とは
版無しでデータからそのまま出力する
印刷方法となります。

版無しの仕組みのため、
製版コストがなくなり、
小ロット印刷やバリアブル(可変)印刷が
可能になりました。

これまでの印刷手法と異なり版がないため、
「バリアブル」「パーソナライズ」で
多品種の実現が可能に

凸版印刷の
デジタルプリントの強み

ポイント①小ロット対応

版無しの仕組みのため、製版コストがなくなり、小ロット印刷やバリアブル(可変)印刷を実現しております。

小ロットから対応が可能なことから、必要なものを必要な時に必要な分だけ生産。廃棄ロス削減。

凸版印刷のデジタルプリントの強み①小ロット対応|食品パッケージ印刷 レトルト包装

ポイント②多品種

複数デザイン進行する際に、同じ規格であればまとめて生産できるため、版代がかからず、初期費用軽減につながります。

新商品を小ロットで販売することで、流通・消費者の評価を収集することが可能です。テストマーケティングなどを実施した場合、評価の高かったデザインで、大量生産・全国展開などが可能です。

凸版印刷のデジタルプリントの強み②多品種|食品パッケージ印刷 レトルト包装

小ロットからでも受け付けております

\ 検討企業様へ無料サンプル受付中 / お問合せ資料請求
はこちらから
デジタルプリント レトルト包装|食品パッケージ印刷 レトルト包装
EASY ORDER PACK:WEBより軟包材のデータ入稿・注文ができるサービス

TOP

© 2021 TOPPAN INC.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。