レトルト食品のパッケージ印刷をTOPPANで

デジタルプリントでレトルト包装の対応
TOPPANがにしました!

レトルトパウチ印刷|食品パッケージ印刷 レトルト包装

国内初! レトルト包装
デジタルプリントの技術を活用。
「小ロット」
「オリジナルパッケージデザイン」
に対応

\ 検討企業様へ無料サンプル受付中 / お問合せ資料請求
はこちらから
デジタルプリント レトルト包装|食品パッケージ印刷 レトルト包装

POINT商品のポイント

「巣ごもり」需要が大きく伸び、
特に長期保存可能な食品の消費が増え、
レトルト包装を必要とするお客様の更なる需要増が見込まれます。
ただ既存の印刷(グラビア印刷)では食品パッケージ印刷は
小ロットの印刷に対応できず、
無地品にラベル貼りで対応など手間がかかっており、
リモートワークもあわせて人手不足が課題になっています。

レトルト食品パッケージで小ロットで
オリジナルデザイン製品にも対応可能な
レトルト対応
デジタルプリントをご紹介
デジタルプリント レトルト包装|食品パッケージ印刷 レトルト包装デジタルプリント レトルト包装|食品パッケージ印刷 レトルト包装

独自開発により当社デジタルプリントは
レトルトパウチ印刷が可能です。
デジタルプリントを使うことにより、食品パッケージ印刷、
小ロットのオリジナルパッケージデザインが対応可能となり、
既成袋にラベル貼りする手間を軽減し、
人手不足の課題に貢献します。

\ 検討企業様へ無料サンプル受付中 / お問合せ資料請求
はこちらから
デジタルプリント レトルト包装|食品パッケージ印刷 レトルト包装

MERIT脱・ラベル貼り

既成袋+ラベル貼 効率化

  1. 既成袋+ラベル貼り既成袋+ラベル貼り|食品パッケージ印刷 レトルト包装
  2. デジタルプリントデジタルプリント|食品パッケージ印刷 レトルト包装
  3. 販売先、
    チャネル拡大により
    グラビア印刷へ

\ ラベル貼りの作業がなくなることによるメリット /

シール貼りの作業イメージ|食品パッケージ印刷 レトルト包装

  • 人件費の削減(人手不足解消)
  • 作業効率のアップ
  • 人的ミスの防止
  • 食品パッケージ印刷は小ロットなので無地既製品を仕入れて、表裏ラベル貼をしているような商品の効率化
  • 既製品仕入単価、表裏ラベルの作成の手間、ラベル貼時の手間軽減→トータルコスト削減
  • DP印刷による全面絵柄で商品の魅力を向上し、
    認知拡大・ブランド力向上
\ 検討企業様へ無料サンプル受付中 / お問合せ資料請求
はこちらから
デジタルプリント レトルト包装|食品パッケージ印刷 レトルト包装

QUALITY高いレトルト品質

デジタル印刷でレトルト殺菌に対応、
耐熱性・耐水性が向上

レトルト殺菌とは、専用の機械(レトルト釜)を使用し、
包装資材に120℃か同程度の熱がかかる状態にして殺菌する方法です。
今回デジタル印刷で130℃×30分のレトルト殺菌に対応。
耐熱性・耐水性の向上によりレトルト用途以外にも、
内容物が液体・ペースト・重量物など、従来対応できていなかった用途にも
デジタル印刷の活用を可能にしました。
版作成費用がないため従来の印刷よりコストを抑えられます。

技術・管理レベル

デジタルプリント技術を
活用したレトルトパウチ
High
レトルト
Medium
食品全般
既存デジタルプリント
対応領域
General
軽包装
外装

デジタルプリント 技術・管理レベル|食品パッケージ印刷 レトルト包装

当社独自開発によりデジタルプリントで
これまで不可能であった
レトルト包装に
デジタルプリントが可能に。

\ 検討企業様へ無料サンプル受付中 / お問合せ資料請求
はこちらから
デジタルプリント レトルト包装|食品パッケージ印刷 レトルト包装

ABOUT DIGITAL PRINTデジタルプリントとは

デジタルプリント(デジタル印刷)とは…
版無しでデータからそのまま
出力する印刷方法

通常、DTPで作成したデジタルデータから製版・刷版を経て印刷されますが、
液体トナー等を利用し、デジタルデータからダイレクトに用紙へ印刷します。
版無しの仕組みのため、製版コストがなくなり、
小ロット印刷やバリアブル(可変)印刷が可能、といったメリットがあります。

時間短縮・小ロット印刷・必要な数だけ

デジタル印刷

デジタル印刷フロー|食品パッケージ印刷 レトルト包装

  1. DTP編集
  2. デジタル印刷
  3. 加工
  4. 納品
オフセット印刷
グラビア印刷

オフセット印刷・グラビア印刷フロー|食品パッケージ印刷 レトルト包装

  1. DTP編集
  2. 製版
  3. 刷版
  4. 印刷
  5. 加工
  6. 納品

これまでの印刷手法と異なり
版がないため、
「バリアブル」「パーソナライズ」な
企画の実現が可能に

\ 検討企業様へ無料サンプル受付中 / お問合せ資料請求
はこちらから
デジタルプリント レトルト包装|食品パッケージ印刷 レトルト包装

デジタルプリントのメリット

\ 初期費用(版代)軽減 /

新製品時のデザイン展開と
グラビア印刷版代負荷
  1. 版代負荷|食品パッケージ印刷 レトルト包装
    新製品でデザインを
    多種展開したいが・・・
  2. 版代負荷|食品パッケージ印刷 レトルト包装
    デザインごと
    版代がかかる
デザイン変更のハードル
  1. デザイン変更のハードル|食品パッケージ印刷 レトルト包装
    デザイン変更して
    商品のテコ入れ
  2. デザイン変更のハードル|食品パッケージ印刷 レトルト包装
    版代、作りすぎた
    在庫がネック

デザインを作成するときの
版代がかからないため
初期費用軽減につながります

\ 高い印刷品質 /

  1. 高い印刷品質|食品パッケージ印刷 レトルト包装
    グラビア印刷と同等の印刷品質を実現
    デジタル印刷でありながら、従来培ってきた情報加工技術を応用することで、店頭効果の高い印刷再現を可能にしました。

商品の小ロット展開や
数量限定パッケージなど、
幅広い用途に活用できます。

\ テストマーケティング /

  1. テストマーケティング|食品パッケージ印刷 レトルト包装
    小ロット・複数パターンでテスト販売
  2. テストマーケティング|食品パッケージ印刷 レトルト包装テスト販売の結果、
    評価の高かったデザインで、
    大量生産・全国展開

新商品を小ロットで販売することで、
流通・消費者の評価を
収集することが可能です

テストマーケティング事例

テストマーケティング事例|食品パッケージ印刷 レトルト包装テストマーケティング事例|食品パッケージ印刷 レトルト包装

  • デジタルプリントで同サイズ・同材質であれば一度に印刷でき、初期版代費用を削減
  • 売れた製品だけグラビアに移行すれば、ランニング単価を安く済ませられる
  • 不良在庫を抱えるリスクがない
  • 全体のコストを抑えられる
\ 検討企業様へ無料サンプル受付中 / お問合せ資料請求
はこちらから
デジタルプリント レトルト包装|食品パッケージ印刷 レトルト包装

TOP

Copyright (c) 2020 TOPPAN PRINTING CO., LTD.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。