デジタルサイネージで実店舗の存在価値を上げたい

集客・ブランディングを促進するビジュアルソリューション

課題定義技術革新により多様化。上手な活用法とは?

デジタルサイネージといえば、これまでは屋内のみ使用や重量など、使用環境や質に大きな制限がありました。現在では屋外対応のものはもちろん、軽量大型化や高精細化などディスプレイそのもののクオリティも高くなっています。さらに今後は有機EL の登場により、薄く曲がるサイネージが可能になることでこれまで設置が困難だった場所にも設置が想定できるようになりました。多様化が進むサイネージの活用法を紹介します。

デジタルサイネージに関するご相談はこちら

  • 課題例と導入メリット01 課題 自社ビル内に近隣エリアの情報発信拠点を持ちたい

    課題解決 自社ビル内公共スペース改修タイミングで
    インバウンドも想定し多言語対応サイネージを導入

    企業は近隣地域との繋がりが不可欠です。例えばテナント開放している自社ビルの場合、そこにパブリックスペースが生まれ、行き交う人々の交流の場となり得る可能性を見出すことができます。そういったスペースにデジタルサイネージを導入し地域の情報を発信することで、地域貢献に繋がることになります。その結果、自社ビル内に地域コミュニティの交流の場が生まれ、企業と地域の活性化をより促進させることが可能になります。もちろん自社の情報発信にも活用できますし、現在ではインバウンド対策である多言語に対応するデジタルサイネージも需要が増えてきています。

    空間演出に最適な「マルチディスプレイ」。組み合わせ自由な専用マルチボードを採用し、スーパーナローベゼル採用で多面でも一枚のようなビジュアル表現が可能です。スタンド式、埋め込み式など設置方法も様々なニーズに対応しています。

    導入メリット 公的な情報発信の場として認知されることでブランディングに直結します

    地域コミュニティの一部である周辺エリアの情報発信の場として認知されるようになると人の誘致が可能になり、地域貢献を始め様々な施策の場としての可能性が広がることになります。なにより企業ブランドの周知と向上に繋がります。

    • 案内・誘導

      コンコースで行き先案内

    • 最新情報のお知らせ

      イベント案内や街の最新情報を多言語でも配信可能

    • 施設ガイド

      店舗情報や商品情報を配信

    サイネージを導入することで様々な形での情報アウトプットが可能に。自社プロモーションに加え地域情報を設置環境に合わせて情報配信ができるようになります。

    事例 三菱地所様
    「丸ビルサイン改修におけるフロアサイン インバウンド対応サイネージ化」

    丸ビルサイン改修の際にインバウンド対応のデジタルサイネージを導入した例。すでにパブリックスペースとして多くの人の動線となっている場所へエリア情報発信の場として、5言語対応のデジタルサイネージを三菱地所様に採用していただきました。また、ご採用いただいたサイネージは視認性と5Gなどの近未来のコミュニケーションを見据えて、4K8面の構成となっているのが特徴的です。丸の内エリアマップなどの地域情報を配信することで、インバウンドへの訴求も含めたエリア全体の活性化に貢献されています。

    三菱地所様

    デジタルサイネージに関するご相談はこちら

    お問い合わせ

  • 課題例と導入メリット02 課題 自社コンテンツを活用して
    実店舗プロモーションを強化したい

    課題解決 自社コンテンツとサイネージを連動し実店舗とメディアの連結を実現

    ECサイトやブランドサイトなどのデジタルメディアや、プロモーション冊子やカタログといったアナログコンテンツなど、自社でコンテンツを保有している企業の場合、実店舗との連結および活用が課題となります。プロモーションの強化策として店舗用デジタルサイネージを導入することで、実店舗と保有するビジュアルメディアとの連結を実現。特にアナログコンテンツの場合、冊子など既存のコンテンツをサイネージに再活用するための再構成からお手伝いさせていだだきます。それぞれの状況と環境の異なる店舗様に合わせ、機器の提案からコンテンツの利活用方まで、ハードとソフトの両面から一括したご提供が可能です。

    • バーチャルフィッティング

      実物の衣服を試着することなく、デジタル上で試着シミュレーションができる店頭用に適したサイネージ。店頭にない商品や試着が大変なウエディングドレスなどに最適で、商品提案力を強化することが可能。

    • イーゼル

      設置の自由度が高いイーゼル型のサイネージです。スマートなオールインワンタイプなので、簡単に手軽にタイムリーな情報を発信することができます。

    導入メリット ビジュアルと実物の両軸から価値を創造

    デジタルサイネージ導入で、メディア情報と実物展示の両軸から商品そのものの魅力をより広く深く認知させることが可能になり、さらに新たなブランド価値創造にも繋がります。ビジュアルで訴えかけることのできるデジタルサイネージは、自社のメディアやコンテンツを効果的に活用する手法の一つとしても大変有効です。

    デジタルサイネージに関するご相談はこちら

    お問い合わせ

該当サービス 課題解決ソリューション

  • デジタルサイネージソリューション ReView

    詳しく見る

    「店頭」を知り尽くした印刷会社だから提供できるサイネージソリューション。
    トッパンでは、デジタルサイネージを店頭接客での双方向コミュニケーションツールであるべきと考え、様々な場面で「新しいプレゼンテーションツールとして有効に活用できる」「求められる機能に対応できる」ハードウエア/ソフトウエアをラインアップ、ブランド化いたしました。お客さまのニーズに合った様々な表現手法と技術で、店舗での「ReView」を実現いたします。

    • 利用シーン
      • 店舗
      • 自社ビル
      • イベント会場
      • 公共施設
      • コンビニ
      • 交通機関
      • 公共スペース
  • マルチディスプレイ

    詳しく見る

    2×2、3×3など、要求サイズに合わせたマルチ画面を提供。また、壁掛はもちろん工事不要な筐体一体型など多彩なラインアップを用意しています。

    • 利用シーン
      • 店舗
      • 自社ビル
      • イベント会場
      • 公共施設
      • コンビニ
      • 交通機関
      • 公共スペース
  • イーゼル

    詳しく見る

    簡単操作で設置場所を選ばない、スマートなオールインワン イーゼル型サイネージ。レンタルモデルも提供しています。

    • 利用シーン
      • 店舗
      • 自社ビル
      • イベント会場
      • 公共施設
      • コンビニ
      • 交通機関
      • 公共スペース
  • バーチャルフィッティング

    詳しく見る

    実物の衣服を試着することなく、デジタル上で試着シミュレーションが可能。サイネージタイプとスマホアプリタイプの2種類をご用意しています。
    様々なシーンやプロモーションで活用頂けます。

    • 利用シーン
      • アパレル店舗
      • 百貨店
      • イベント会場
      • ウェディング式場
      • 撮影スタジオ
      • 呉服店

デジタルサイネージに関するご相談はこちら

お問い合わせ

TOP

Copyright (c) 2020 TOPPAN PRINTING CO., LTD.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。