凸版印刷トッパンソリューション

    •  
    • お問合わせ凸版印刷
    •  

遠隔コミュニケーション支援サービス テレアテンド TeleAttendTM ARとVRを活用して
遠隔コミュニケーションを実現

TeleAttend™
(テレアテンド)とは?

サービス概要

「TeleAttend™」(テレアテンド)は、XR技術(AR/VR)を活用して、物理的には遠く離れた自分と別の場所にいる相手が、あたかも同じ空間内に存在しているかのような状況を作り出し、遠隔でのコミュニケーションを可能にする「遠隔コミュニケーション支援サービス」です。
※XR(クロスリアリティ)とは・・・AR(拡張現実)やVR(仮想現実)などの技術の総称

サービス概要 サービス概要

現場ではAR技術を利用して
バーチャルキャラクターが説明

遠隔地ではVR技術を利用して来場者がVR空間(仮想空間)に表示される

特徴

  • 特徴1
  • 特徴①リアルタイムでガイド、
    録画再生も可能
受け手側は、送り手側の人物をARのキャラクターとして、現実世界に重ねて見ることができ、送り手側は、VR空間(仮想空間)内に再現された受け手側の状況を把握しながら、説明を行うことができます。
位置情報に加えて、音声・モーションを相互にリアルタイム共有するとともに、音声・モーションの情報を記録・蓄積し、利活用が可能になります。
  • 特徴2
  • 特徴②ARキャラクターは
    3D/2Dの両方が活用可能
3Dモデルの利用はもちろんのこと、2Dデータしか存在しない漫画やアニメキャラクターをLive2D化することで、そのキャラクターの映像を使用した表現豊かな案内が可能となり、声優とコラボした企画展や、キャラクターの出身地での観光案内などに応用するなど可能性を広げることができます。

※Live2D化・・・2Dデータしか存在しない漫画やアニメキャラクターを疑似3D化する技術
株式会社Live2Dによる表現技術「Live2D®」の活用により実現
Live2DⓇはこちら

利用シーン・展開例

活用のポイント

利用者は、タブレット上にARで表示されたバーチャルキャラクターに同伴してもらい、一緒に施設を巡り、ガイドをしてもらうことが出来ます。バーチャルキャラクターは、遠隔地にいる説明員が操作します。利用者の見ている場所やモノに合わせて、リアルタイムで会話をしながら、説明員はガイドを行います。

「TeleAttend™」を活用することで、利用者は、説明員が操作するバーチャルキャラクターとしてAR技術で現実世界に重ねて見ることができ、説明員は、VR空間内(仮想空間)に再現された利用者の状況を把握しながら、説明を行うことができます。

位置情報に加えて、音声や動きを相互にリアルタイムで共有すると同時に、音声や動きの情報を記録・蓄積し、利活用することが可能です。

実証事例

東近江市において、
XR技術を活用した観光ツアーを実施

国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている五個荘金堂(ごかしょうこんどう)地区の近江商人屋敷「外村繁邸」において、実証実験を行いました。現実世界にXR技術を用いて近江鉄道の人気キャラクターである「鉄道むすめ 豊郷あかね」が登場し、来訪した観光客に対し会話や身振りを使って観光案内をします。ニュースリリース
(関連記事)はこちら

実証事例

印刷博物館 館内ガイド実証

ご利用開始までの流れ

ご利用開始までの流れ ご利用開始までの流れ

関連ソリューション

TOP

Copyright (c) 2019 TOPPAN PRINTING CO., LTD.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。