• HOME
  • セミナー
  • AI校閲・校正支援システム「review-it!」セミナー開催レポート

開催レポート

AI校閲・校正支援システム
「review-it!」セミナー

日時2021年6月24日(木)14:00~14:45
場所オンライン開催
AI校閲・校正支援システム「review-it!」セミナー|凸版印刷

セミナー開催概要

新型コロナウイルス感染拡大やDXの推進をきっかけに、各企業ではさらなるリモートワーク推進と新しい働き方による価値創造が求められています。

トッパンでは幅広い制作対応で培った経験と知識を活かし、金融・保険業界における校閲・校正作業の自動化および回覧・承認業務のデジタル化を実現するAI校閲・校正支援システム『review-it!(レヴュイット)』を開発しました。

 いつでも、どこでも、簡単に、複数人が同時に作業できる「オンライン校正・回覧機能」と、日本語チェックや表記ルールチェックなどの「自動チェック機能」によって、校閲・校正作業の負荷削減だけでなく、制作業務全体の効率化を実現します。

AI校閲・校正支援システム『review-it!』
~リモートワーク時代の校正業務~

アフターコロナを見据えた働き方改革に必要な新たな価値の創出

企業の情報を発信するツールは紙媒体からメールマガジン、ウェブ媒体など多岐にわたります。これらすべての内容を、複数人の目視だけで校正作業を行うことは、業務のうえで大きな負担になっています。また、コロナ禍でオンラインプロモーションへのシフトもあり、この負担はさらに増加すると予想されます。

現在、多くの企業がリモートワークの採用により生産性が向上している一方で、アフターコロナにおいてもリモートワークを継続する予定の企業は約40%にとどまっているという調査結果があります。

これはリモートワークが「一過性の危機への対応策」という認識が根強いからであり、働き方の変革に対するコストやリスクの観点から、従来の方法を継続するという選択に傾きがちであることを示しています。今後リモートワークを継続し、ニューノーマルな働き方を進めていくためには、それに適した新たな業務フローや従来の業務では得られない新たな価値の創出が必須です。

これまで、媒体の校正業務においては、
① ヒューマンエラー防止のため、複数の担当者が重複してチェックする
② チェック基準が属人化し、校正品質がばらつく
③ 複数部門で承認・回覧を行うためコミュニケーションが煩雑になる

など、効率性や生産性の面で課題がありました。

校正業務の効率性や生産性を高める「review-it!」

従来の解決策としては、複数人で校正業務をオンラインで実施する「オンライン校正ツール」や、作成している文章の誤りや事前に設定した用語を検出する「文章校正ツール」がありますが、それぞれ一長一短があり、根本的な課題の解決には至っていませんでした。

今回、トッパンが開発した「オンライン校正×AI文章チェック『review-it!』」は、複数人でのコミュニケーションの効率化と文章チェックの自動化によって媒体制作業務全体を効率化するサービスです。トッパンがこれまでに培った校正業務への知見やお客様の課題・ニーズへの理解、さらにAI技術や自然言語処理技術をはじめとする最新技術の追求やエンジニアリング力を結集した業務貢献性の高いサービスです。

「review-it!」では、複数人が同時に作業を行い、コミュニケーションを効率化するオンライン校正・回覧と、負荷の高い媒体確認業務の自動化を組み合わせており、業務全体の整流化・効率化を実現しています。


「review-it!」の特長
① 文章中の問題箇所にアラートが出た状態から、複数人で確認作業を開始できる
② 従来のソリューションに比べて文脈を加味した高度な誤り検出ができ、作業は確認ポイントのみにフォーカスできる
③ 初校段階の制作品質を高めることができ、確認回数を最小限にできる


制作~校正工程における「review-it!」活用のメリット
① 自動チェックによる確認作業の効率化
② 社内回覧・校正業務のオンライン化
③ 業務フローの整流化と最適化


「review-it!」は既に、銀行や保険など金融系業種における多種多様なパンフレットや約款などを扱う企業10社以上で検証/導入いただき、その効果を確認しています。例えば大手銀行様では、用語基準チェックの自動化により、教育をしなくとも各部署での制作品質の統一化に成功。制作物の品質の向上、確認作業のデジタル化により制作物1件あたりの時間を45%削減効果を確認しております。

また、大手保険会社様では、販売チャネルごとのルールを実装し、確認作業の属人化を防止すると同時に、確認業務時間を平均60%以上削減しています。

  • 金山 尚徳 (かねやま ひさのり)


    凸版印刷株式会社

    DXデザイン事業部 ICT開発センター

  • 平野 雄大(ひらの ゆうた)

     
    凸版印刷株式会社
    マーケティング事業部 デジタルマーケティングセンター

TOP

© 2021 TOPPAN INC.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。