• HOME
  • 情報誌 ideanote
  • 生活者の求めるコンテンツを提供するための新しいモデル構築





アイデアノートでは、課題解決に役立つ当社の受注事例やソリューションを織り交ぜ、独自の視点で編集した注目コンテンツをピックアップしてまとめています。

2021.10.18

生活者の求めるコンテンツを提供するための新しいモデル構築

#DX#デジタルマーケティング#マーケティング・プロモーション#出版・コンテンツ#SNS#AI
デジタル化により、生活者とコンテンツとの接点が多様化する中、講談社、CARTA COMMUNICATIONS、トッパンの3社は、株式会社コンテンツデータマーケティング(CDM)を設立。豊富なコンテンツデータや独自のテクノロジーを生かして、企業と生活者とのコミュニケーションを支援します。

3社の強みを活かして最適なコンテンツを提供

スマートフォンの普及やコンテンツの充実などにより、デジタルコンテンツの消費が拡大しています。一方で、各種ブラウザのCookieによる情報取得規制により、従来のリターゲティング広告の代替となる手段が求められています。GoogleやFacebookなどのプラットフォーマーに依存しない自社データやコンテンツを活用したコミュニケーション施策の重要性は、今後一層高まっていきます。 
CDMは、日本語コンテンツと生活者データの解析、それに基づくソリューション提供を行う企業として、2020年2月に設立。多様なコンテンツを提供できる講談社を中心に、デジタル広告の利活用に長けたCARTACOMMUNICATIONSと、デジタルマーケティングにおけるデータプラットフォームの構築・運用の知見があるトッパンによる3社の合弁会社です。各社の特徴やテクノロジーなどを活かし、コンテンツと生活者の出会いを個別最適化・最大化することを目指しています。

CDMでは、コンテンツ利用者に最適なサービスを提供するため「共通ID基盤」を構築。各サービスやメディアを展開する企業は、共通ID基盤で蓄積した情報を活用して、メルマガ配信、SNSキャンペーン、オンラインサロンやECサイトのグッズ販売、アンケート調査など、それぞれの利用者に適した多様なコミュニケーションを展開できます。
 
また、CDMではAIによる日本語解析技術を活用。多様なジャンルの記事コンテンツの意味を判別し、解析データを蓄積しています。これらのデータと各媒体から取得した行動ログデータ、購買データなどを連動させて分析。ユーザー像を可視化して、広告施策に活用することができます。 

独自のソリューションで解決

広告配信最適化プラットフォーム 「OTAKAD(オタカド)」

 性別、年齢などの属性情報では届かない生活者に対し、「オタク性」という曖昧なセグメントに届ける広告配信最適化ソリューションです。出版社が蓄積したコンテンツビジネスにおけるビッグデータと、コンテンツを理解するAIが、これまで以上に費用対効果の高い広告配信を可能にします。ユーザーの興味関心を解析し、最適なタイミングで広告配信を行い、潜在的なニーズや新規顧客が発見できます。

LINE配信最適化ツール「reCOMSBI(レコムズビ)」

CDMの独自テクノロジーと、LINE公式アカウントの運用ツール「COMSBI※」を連携したLINEメッセージ配信最適化ソリューションです。メッセージの配信先を自動で最適化するため、これまでよりも圧倒的に少ないコストでLINE施策の効果を獲得できます。
お問い合わせはこちら

豊富なコンテンツ基盤を活用して、様々な分野で生活者とのマッチングを

山﨑 貴之
凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部
情報メディア事業部 第一営業本部 第一部 第一課 課長
山崎 CDMは、2017年に始まった講談社様の出版ビジネスのDXを推進するプロジェクトをもとに、出版・コンテンツ業界で共通する課題の解決に向けて設立され、活動の輪を広げています。トッパンは読者データやコンテンツ情報を管理するDMP(データマネジメントプラットフォーム)の構築・運用や、ビジネスの拡大を担っています。DMPで扱うデータには個人情報も含まれるので、セキュアな環境やデジタルマーケティング事業などで培ってきたノウハウが活かされています。
CDMでは今後、出版・コンテンツ業界に限らず、他分野の企業とのサービス連携を広げていきます。出版メディアの多彩なコンテンツと蓄積したデータから得られた顧客インサイトを活かして、タイアップ企画などができたらと考えています。
 
お問い合わせはこちら
あなたに
おすすめの記事
2021.10.18
NEW
社会や顧客のニーズに応えるDXによるビジネス変革
DXの本質を理解し変革につなげていくことは、あらゆる組織にとって急務となっています。 しかし、DXは単なるデジタル化と誤解されることも多く、未だ目指すべき方向を見失っているケースも少なくありません。 東京通信大学情報マネジメント学部学部長 前川徹さんに、DXの本質と捉え方を解説いただき、私たちはどうDXと向き合っていくべきか、そして、どうすればより良い変革につなげていけるのか、考え方のヒントをうかがいました。
#DX#IoT#スマートファクトリー#組織・人材・働き方改革#AI
2021.10.18
NEW
生活者の求めるコンテンツを提供するための新しいモデル構築
デジタル化により、生活者とコンテンツとの接点が多様化する中、講談社、CARTA COMMUNICATIONS、トッパンの3社は、株式会社コンテンツデータマーケティング(CDM)を設立。豊富なコンテンツデータや独自のテクノロジーを生かして、企業と生活者とのコミュニケーションを支援します。
#DX#デジタルマーケティング#マーケティング・プロモーション#出版・コンテンツ#SNS#AI
2021.10.18
NEW
顧客体験活動の マネジメントを可能にする「GXスコアリング™」
#DX#デジタルマーケティング#マーケティング・プロモーション#イベント#顧客体験(CX)
2021.10.18
NEW
クラウド業務管理で働き方変革につながるペーパーレス化を実現
株式会社川春様に導入いただいたソリューション「NAVINECT🄬クラウド」のご紹介をいたします。 NAVINECT®クラウドは、幅広いお客さまに導入できるよう汎用化した「クラウド型製造DXサービス」です。5つの製造DXアプリケーションを提供します。
#DX#IoT#スマートファクトリー#BPO・業務効率化#AI
2021.09.01
【後編】スマートワークの社会実装はどうあるべきか
私たちの働き方は、「テレワーク(在宅勤務)」を筆頭に確実に多様化し、場所を問わないワークスタイルや勤務時間に自由度がある働き方が現れています。この他、複業(副業)の導入や雇用形態の選択制の取り組みも徐々に加速。企業にとっては、働き手が望む選択肢を用意できるかどうかが、従業員エンゲージメントや人材獲得競争において、非常に重要になっています。時間と場所を問わないワークスタイル「スマートワーク」は、私たちの働き方のスタンダードになり得るのか? また、この働き方を社会実装するために私たちにできることは何か? 今回、日本型雇用について経済学の視点で研究されている鶴 光太郎さん(慶應義塾大学大学院商学研究科教授)にお話を伺いました。
#組織・人材・働き方改革#非対面・非接触
2021.09.01
【前編】スマートワークの社会実装はどうあるべきか
私たちの働き方は、「テレワーク(在宅勤務)」を筆頭に確実に多様化し、場所を問わないワークスタイルや勤務時間に自由度がある働き方が現れています。この他、複業(副業)の導入や雇用形態の選択制の取り組みも徐々に加速。企業にとっては、働き手が望む選択肢を用意できるかどうかが、従業員エンゲージメントや人材獲得競争において、非常に重要になっています。時間と場所を問わないワークスタイル「スマートワーク」は、私たちの働き方のスタンダードになり得るのか? また、この働き方を社会実装するために私たちにできることは何か? 今回、日本型雇用について経済学の視点で研究されている鶴 光太郎さん(慶應義塾大学大学院商学研究科教授)にお話を伺いました。
#組織・人材・働き方改革#非対面・非接触
2021.09.01
一人ひとりが働きやすいオフィス空間
2021年春、コクヨ株式会社様では、未来につながる価値を探求するための実験の場として「THE CAMPUS(ザ・キャンパス)」をオープン。創造や交流など仕事の目的に合わせてさまざまな空間を設計しており、多機能なオフィス空間が特徴です。その一部をご紹介します。
#組織・人材・働き方改革#空間・モビリティ
2021.06.01
多角的な視点から考えるアーカイブの必要性「熊本城」
アーカイブ構築には、史資料の情報の整理・管理や新たなコンテンツ制作のほかに、災害時の消失に備えるといった目的があります。ここでは文化財のコンテンツ制作を主目的としたアーカイブが、災害時の復旧に貢献した例を紹介します。
#自治体#防災・減災
2021.06.01
アーカイブ活用で企業の歴史を未来への原動力に
企業アーカイブは積み重ねた歴史を裏付ける証拠です。対外的なブランディング活動はもちろん、社員の“誇り”の醸成など、さまざまな価値を秘めています。トッパンでは、これまで培ってきたアーカイブ構築のノウハウを企業での取り組みにも活かし、企業文化や歴史を伝えていく支援をしています。企業アーカイブの基本的な考え方と可能性をビジュアルクリエイティブ部の久保田 敏之がお話しします。
#教育・人材育成#コーポレートコミュニケーション#SDGs#防災・減災
2021.06.01
風景画だけではない北斎の知られざる一面を
葛飾北斎の生誕260年を記念し、2021年夏、特別展「北斎づくし」が開催されます。 本展で、キービジュアルと会場グラフィックを担当しているのは、ブックデザインや展覧会のアートディレクションを数多く手掛けてきた、祖父江 慎さんです。今回のキービジュアルに込めた想いを中心に、北斎について伺いました。
#イベント#印刷・加工

TOP

© 2021 TOPPAN INC.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。