アイデアノートでは、課題解決に役立つ当社の受注事例やソリューションを織り交ぜ、独自の視点で編集した注目コンテンツをピックアップしてまとめています。

2022.06.27

よくわかる!顧客体験のはなし|CXとは

#DX#デジタルマーケティング#組織・人材・働き方改革#セールス#マーケティング・プロモーション#イベント#顧客体験(CX)#店舗#SNS
そもそもCXとはどのような考え方で生まれ、どのような効果を生むものなのでしょうか。 CXの成り立ちと基本を青山学院大学経営学部マーケティング学科教授 小野譲司先生に解説いただきます。

顧客と企業との関係性が多様化

CXについてはオンラインとオフラインの顧客接点での一貫した経験をデザインし、実行すること、その経験の中で機能的な価値と情緒的な価値をどう顧客に提供するかといった課題を中心に議論されることが多いと思います。それ以外にも、さまざまな角度から議論がされてきた経緯がありますが、少し高い視座から見ると、「カスタマーセントリシティ(顧客中心主義)」の流れをくむ考え方と言えます。

さらに、その歴史をたどると1970 年代の消費者問題や苦情処理などの「消費者不満の解消」にさかのぼることができます。1980〜90年代には「CS(顧客満足度)経営」や「ロイヤルカスタマー」といった考え方が広がり、単に顧客の不満を取り除くだけでなく、ロイヤルカスタマーやリピーターといった収益の最大化につながる顧客をいかに育てるかという考え方が生まれました。
2000年代に登場した「CRM(顧客関係管理)」により、マーケティングの世界では一つの転機を迎えました。主に通販企業や金融といった、当時から顧客との取引データを保有している業種の中から広まった手法で、さまざまなデータからロイヤルカスタマーの中でも自社に利益をもたらしてくれる「優良客」を可視化できるようになりました。また、スマートフォンの登場により、売場はリアル店舗だけでなくオンラインへと急速に広がり、企業と顧客の接点が多面的に拡大していきました。

その流れを受けて2010年代には、顧客との新たな関係性をつくる「CXと共創」がテーマになりました。顧客がどのような経験を経て優良客に育っていくかを分析する仕組みが生まれ、顧客が製品やサービスの購入に至るまでのプロセスを旅に例えた「カスタマージャーニー」や、顧客との関係を深めて付加価値が高い良好な顧客関係を築く「カスタマーエンゲージメント」といった概念が知られるようになります。また、ソーシャルメディアの登場によりクチコミの威力が可視化されました。自社商品をSNSに投稿したり、拡散してくれたりと、企業にメリットをもたらしてくれる顧客の存在です。大切なのは単にたくさん購入してくれる顧客だけではないことに気づき、ソーシャルメディアを通した人々のクチコミや推奨によって新規客を育てることにも、力が注がれるようになりました。

以前は単に苦情として捉えていた声も、今では企業に新しい気づきや改善点などを与えてくれる貴重な存在と捉えられています。最近ではユーザーの声を取り入れた商品開発に取り組む企業が増えています。

顧客の評価は機能的価値から情緒的価値へ

時代の変化により顧客との関係性は多様化し、顧客との接点を点ではなく面で捉える必要があります。そのためには各部署が保有しているデータを統合し、顧客にとってシームレスな体験をどう構築していくかが重要になると考えられています。

また、商品やサービスを機能的価値のみで考えると、他社との差別化が難しくなるだけでなく、模倣されてしまう可能性もあります。機能的価値の差別化・強化が競争優位の源泉につながりにくい今、情緒的価値に紐づく体験を提供することは大切な視点です。

情緒的価値とはその商品やサービスから受ける印象のうち、うれしさ、楽しさ、驚き、安らぎなどといった顧客のポジティブな感情を刺激する価値です。サポート体制の良さや問い合わせへのレスポンスの速さ、商品が顧客の手元に届くプロセスなど、その関わり方や関わる人も複合的なものとなっています。そのため昨今では、商品やサービスに関わる一連の経験=CXを多くの企業が見直し始めています。 
img.alt
小野 譲司(おのじょうじ)さん
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
明治大学商学部、慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程単位取得後、2000年、博士(経営学)。明治学院大学経済学部などで教鞭を執り、2011年より現職。サービス産業生産性協議会JCSI(日本版顧客満足度指数)アカデミックアドバイザリーグループ主査。著書に『顧客満足[CS]の知識』(日本経済新聞出版)、小野譲司・小川孔輔編著『サービスエクセレンス:CSI診断による顧客経験[CX]の可視化』(生産性出版)。
関連コラム:よくわかる!顧客体験のはなし|ブランドロイヤルティの高め方
img.alt
さらに詳しい内容はPDFをご覧ください!
ideanote vol.148|CX(カスタマーエクスペリエンス)入門編 よくわかる!顧客体験のはなし
顧客ニーズの変化や、加速するデジタル環境への対応と相まって、CXが多くの企業で重要視されています。
今号では、企業がCXに取り組む際に必要となる基礎知識や視点について、サービスマーケティング研究の第一人者である青山学院大学の小野譲司教授監修のもと、入門書形式でご説明しているほか、メタバース分野を中心に、トッパンの各種CX関連サービスについてご紹介しております。
PDFはこちら
あなたに
おすすめの記事
2022.06.27
NEW
グラフィックトライアル 2022|デザイナー小玉文氏特別インタビュー
グラフィックデザインと印刷表現の関係を追求し、新しい表現を探る企画展「グラフィックトライアル」。
2022年の企画展に参加した小玉文さんに、どのような思いでトライしたのか、作品「トライ・アン・ケム」はどのようにして生まれたのか、お話を伺いました。
#イベント#印刷・加工
2022.06.27
NEW
リアルとバーチャルを融合したメタバースショッピングモール
新型コロナウイルス感染症拡大から始まった「新しい生活様式」により、オンライン経由の購買が増加傾向にあります。従来のECサイトでは提供できない、友人・家族と一緒に物を選んだり、店員に商品の詳細を気軽に聞いたりするなど、オンラインで「買い物を楽しむ」機会を、トッパンは提供します。
#DX#デジタルマーケティング#空間・モビリティ#セールス#マーケティング・プロモーション#イベント#非対面・非接触#顧客体験(CX)#店舗#VR・AR
2022.06.27
NEW
よくわかる!顧客体験のはなし|これからのCX
テクノロジーの進化によりタッチポイントが変化しています。また、近年注目されている「カスタマーサクセス」において企業が取り組む際に留意するポイントを青山学院大学経営学部マーケティング学科教授 小野譲司先生に解説いただきます。
#DX#デジタルマーケティング#組織・人材・働き方改革#セールス#マーケティング・プロモーション#イベント#顧客体験(CX)#店舗#SNS
2022.06.27
NEW
よくわかる!顧客体験のはなし|CXマネジメントの注意点
顧客ロイヤルティの向上に向けて重要となるのが、まずはどのように組織をつくるか。その上で、具体的なアクションへの考え方を青山学院大学経営学部マーケティング学科教授 小野譲司先生に解説いただきます。
#DX#デジタルマーケティング#組織・人材・働き方改革#セールス#マーケティング・プロモーション#イベント#顧客体験(CX)#店舗#SNS
2022.06.27
NEW
よくわかる!顧客体験のはなし|ブランドロイヤルティの高め方
CXの向上のためにどのようなデータを収集し、どのように活用することが重要なのでしょうか。また、商品のもつ機能的価値だけではなく、情緒的価値や社会的価値の重要性を青山学院大学経営学部マーケティング学科教授 小野譲司先生に解説いただきます。
#DX#デジタルマーケティング#組織・人材・働き方改革#セールス#マーケティング・プロモーション#イベント#顧客体験(CX)#店舗#SNS
2022.06.27
NEW
よくわかる!顧客体験のはなし|CXとは
そもそもCXとはどのような考え方で生まれ、どのような効果を生むものなのでしょうか。 CXの成り立ちと基本を青山学院大学経営学部マーケティング学科教授 小野譲司先生に解説いただきます。
#DX#デジタルマーケティング#組織・人材・働き方改革#セールス#マーケティング・プロモーション#イベント#顧客体験(CX)#店舗#SNS
2022.04.11
“セルフメディケーション” と “テクノロジー”で命と健康を守る
三大感染症の一つ「マラリア」。世界保健機関(WHO)によると、2020年世界での全死亡者数は約62万7千人に上りました。新型コロナウイルス感染症のパンデミックを機に、さらに人々の命と健康を脅かす地球規模の課題として指摘されています。認定NPO法人AfriMedico(アフリメディコ)は、「医療を通じてアフリカと日本をつなぎ健康と笑顔を届ける」をミッションに、2016年からアフリカ・タンザニアで、日本発祥の「置き薬」をビジネスモデルとして、医療問題の解決に取り組んでいます。代表理事であり、2016年9月、Forbes JAPANの世界で闘う「日本の女性」55に選出された、薬剤師の町井恵理さんに最新の支援状況と今後の医療について伺いました。
#健康・ライフサイエンス#SDGs
2022.04.11
「誰が、いつ、どこで、どのような健康状態にあるか」を見守るIoT可視化サービス「ID-Watchy BIO」
「ID-Watchy® Bio(アイディーウォッチーバイオ)」は、「MEDiTAG®(メディタグ)」と呼ばれる腕時計型生体センサを装着した人のバイタルデータを取得するIoT可視化サービスです。これにより、その人の脈拍や血圧測定、歩数検知、カロリー計算、転倒検知、ストレス度測定など、クラウド上に蓄積されたデータの分析・活用が可能です。健康管理や労務管理など、働き方改革への活用が期待されます。
#DX#IoT#組織・人材・働き方改革#健康・ライフサイエンス#非対面・非接触
2022.04.11
超高齢社会の課題をテクノロジーで解決する
日本の人口は2010年を境に減少を続け、2025年には国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という超高齢社会を迎えます。雇用、税制、医療、福祉など、さまざまな分野に影響を与えることが予想され、なかでも年金や医療費・介護費の増大、それらに伴う現役世代の負担の増大が喫緊の社会課題となっています。トッパンは、AIやICT技術を活用した福祉プラットフォームサービスを提供する株式会社ウェルモ様と2021年11月より本格的に協業を開始しています。今回、戦略投資センター 山﨑英二と小林祐介がウェルモ代表取締役CEO 鹿野佑介さんとともに、ICT活用で描く今後の構想について語り合いました。
#DX#IoT#組織・人材・働き方改革#健康・ライフサイエンス#防災・減災#AI
2022.02.07
【前編】創造性のある一歩進んだサステナビリティを歩もう
2030年の達成に向けて、世界共通の目標として掲げられているSDGs。 サステナブルな社会の実現に向けて、私たちはどのように考え、行動していくべきなのか。 日本文学研究者で、日本の文化にも造詣が深い、ロバート キャンベルさんにお話を伺いました。
#組織・人材・働き方改革#SDGs#非対面・非接触

TOP

© 2021 TOPPAN INC.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。