• HOME
  • 情報誌 ideanote
  • クラウド業務管理で働き方変革につながるペーパーレス化を実現





アイデアノートでは、課題解決に役立つ当社の受注事例やソリューションを織り交ぜ、独自の視点で編集した注目コンテンツをピックアップしてまとめています。

2021.10.18

クラウド業務管理で働き方変革につながるペーパーレス化を実現

#DX#IoT#スマートファクトリー#BPO・業務効率化#AI
株式会社川春様に導入いただいたソリューション「NAVINECT🄬クラウド」のご紹介をいたします。 NAVINECT®クラウドは、幅広いお客さまに導入できるよう汎用化した「クラウド型製造DXサービス」です。5つの製造DXアプリケーションを提供します。

製造現場のデジタル化をスタートしたいお客さまにおすすめ!

IoTやAIなどの先端技術を活用したビジネス変革は、製造現場でも進んでいます。作業の効率化、高品質化、安全・安心な工場の実現など、DXにより様々な課題解決や付加価値の創造が求められています。NAVINECT®は製造業のDXを支援し、これらの要望に応えていくためのサービスです。デジタル化への需要別に、生産設備の導入設計やデータの分析・活用など4つのサービスを展開しています。
 
その内の1つ、NAVINECT®クラウドはデジタル化を手軽に短期間で導入できるパッケージサービスです。トッパンの工場でも実績のあるアプリケーションを汎用化し、クラウドで提供。5つのアプリケーションから利用したい機能を選択して使用できます。また、インターネット環境があれば、スマートフォン・タブレットからでも利用できます。情報は高セキュリティのデータセンターで管理するので、テレワークでの活用にも向いています。

 ※「NAVINECT®クラウド」のスタンダードプランは、2021年度の「IT導入補助金2021」の対象ツールに認定されています。
NAVINECT®クラウド基本ソリューション

導入事例

<1>在庫情報のID管理で業務効率化と適正な管理を実現

工場での在庫管理業務は従来、紙媒体の手書き帳票を中心に管理されていました。これらをデジタル化することで、在庫内容を確認して台帳に転記する時間や、事務エリアで紙の台帳から端末に再入力する時間を削減。在庫状況がリアルタイムで把握できるので、探索にかかっていた時間も短縮できました。また、棚卸作業もRFIDで一括読み取りをすることで業務を効率化。在庫情報の「見える化」により、在庫の圧縮や適正な在庫管理にもつながります。 
詳しいソリューション情報はこちら


<2>点検・改善業務と連絡業務のペーパーレス化で業務効率が大幅向上

製造現場では様々な紙帳票が使用されています。この事例では点検業務にタブレット端末を用いて点検結果を画像とメモで記録し、クラウドでその場で情報を共有。これにより異常発生時の情報連携がスムーズになりました。また、稼働情報がクラウド上に蓄積されるので、データ集計や分析にかかっていた時間も短縮。さらに、事務所と製造現場の間の連絡帳票もペーパーレス化することにより、コストや時間が削減されています。
詳しいソリューション情報はこちら


お問い合せはこちら
あなたに
おすすめの記事
2022.04.11
“セルフメディケーション” と “テクノロジー”で命と健康を守る
三大感染症の一つ「マラリア」。世界保健機関(WHO)によると、2020年世界での全死亡者数は約62万7千人に上りました。新型コロナウイルス感染症のパンデミックを機に、さらに人々の命と健康を脅かす地球規模の課題として指摘されています。認定NPO法人AfriMedico(アフリメディコ)は、「医療を通じてアフリカと日本をつなぎ健康と笑顔を届ける」をミッションに、2016年からアフリカ・タンザニアで、日本発祥の「置き薬」をビジネスモデルとして、医療問題の解決に取り組んでいます。代表理事であり、2016年9月、Forbes JAPANの世界で闘う「日本の女性」55に選出された、薬剤師の町井恵理さんに最新の支援状況と今後の医療について伺いました。
#健康・ライフサイエンス#SDGs
2022.04.11
「誰が、いつ、どこで、どのような健康状態にあるか」を見守るIoT可視化サービス「ID-Watchy BIO」
「ID-Watchy® Bio(アイディーウォッチーバイオ)」は、「MEDiTAG®(メディタグ)」と呼ばれる腕時計型生体センサを装着した人のバイタルデータを取得するIoT可視化サービスです。これにより、その人の脈拍や血圧測定、歩数検知、カロリー計算、転倒検知、ストレス度測定など、クラウド上に蓄積されたデータの分析・活用が可能です。健康管理や労務管理など、働き方改革への活用が期待されます。
#DX#IoT#組織・人材・働き方改革#健康・ライフサイエンス#非対面・非接触
2022.04.11
超高齢社会の課題をテクノロジーで解決する
日本の人口は2010年を境に減少を続け、2025年には国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という超高齢社会を迎えます。雇用、税制、医療、福祉など、さまざまな分野に影響を与えることが予想され、なかでも年金や医療費・介護費の増大、それらに伴う現役世代の負担の増大が喫緊の社会課題となっています。トッパンは、AIやICT技術を活用した福祉プラットフォームサービスを提供する株式会社ウェルモ様と2021年11月より本格的に協業を開始しています。今回、戦略投資センター 山﨑英二と小林祐介がウェルモ代表取締役CEO 鹿野佑介さんとともに、ICT活用で描く今後の構想について語り合いました。
#DX#IoT#組織・人材・働き方改革#健康・ライフサイエンス#防災・減災#AI
2022.02.07
【前編】創造性のある一歩進んだサステナビリティを歩もう
2030年の達成に向けて、世界共通の目標として掲げられているSDGs。 サステナブルな社会の実現に向けて、私たちはどのように考え、行動していくべきなのか。 日本文学研究者で、日本の文化にも造詣が深い、ロバート キャンベルさんにお話を伺いました。
#組織・人材・働き方改革#SDGs#非対面・非接触
2022.02.07
【後編】創造性のある一歩進んだサステナビリティを歩もう
2030年の達成に向けて、世界共通の目標として掲げられているSDGs。 サステナブルな社会の実現に向けて、私たちはどのように考え、行動していくべきなのか。 日本文学研究者で、日本の文化にも造詣が深い、ロバート キャンベルさんにお話を伺いました。
#組織・人材・働き方改革#SDGs#非対面・非接触
2022.02.07
サステナブルを実感できる仕組みやストーリーを/花王株式会社様
日やけ止めブランドALLIE は2022年2月にブランドが提供する価値の一つにサステナブルを掲げ、全面リニューアル。前年度の商品プロモーションに使用した店頭販促物をアップサイクルするなど、多様な取り組みを展開していく予定です。ブランドマネジャーの前川裕一さん、トッパンの担当者の徳良銀に、プロモーションのねらいやアップサイクルの取り組み、今後の展望について聞きました。
#マーケティング・プロモーション#SDGs#店舗
2022.02.07
テクノロジーの活用で未来のまちの姿を描き出す/つくば市様
スマートシティへの取り組みは、デジタル技術を活用して教育の格差解消やサステナビリティの確保といった地域課題の解決を目指しており、誰ひとり取り残さない社会を目指すSDGsと親和性が高い活動です。産学官が協働で進めるつくば市様のスーパーシティ構想の取り組みや、トッパンのスマートシティに関するサービスについてご紹介します。
#DX#IoT#健康・ライフサイエンス#空間・モビリティ#自治体#SDGs#防災・減災#AI
2021.12.13
“伝えたい情報を選んで並べるだけ” 営業支援ツールに強力な味方が新登場「SALAD-BAR®(サラダバー)」
#DX#デジタルマーケティング#組織・人材・働き方改革#セールス#マーケティング・プロモーション#非対面・非接触
2021.12.13
反応率の高いターゲティングで マーケティング施策を成功へ導きます。スコアリングエンジン「KAIDEL( カイデル)」
#DX#デジタルマーケティング#セールス#組織・人材・働き方改革#マーケティング・プロモーション#AI
2021.10.18
社会や顧客のニーズに応えるDXによるビジネス変革
DXの本質を理解し変革につなげていくことは、あらゆる組織にとって急務となっています。 しかし、DXは単なるデジタル化と誤解されることも多く、未だ目指すべき方向を見失っているケースも少なくありません。 東京通信大学情報マネジメント学部学部長 前川徹さんに、DXの本質と捉え方を解説いただき、私たちはどうDXと向き合っていくべきか、そして、どうすればより良い変革につなげていけるのか、考え方のヒントをうかがいました。
#DX#IoT#スマートファクトリー#組織・人材・働き方改革#AI

TOP

© 2021 TOPPAN INC.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。