アイデアノートでは、課題解決に役立つ当社の受注事例やソリューションを織り交ぜ、独自の視点で編集した注目コンテンツをピックアップしてまとめています。

2021.09.01

一人ひとりが働きやすいオフィス空間

#組織・人材・働き方改革#空間・モビリティ
2021年春、コクヨ株式会社様では、未来につながる価値を探求するための実験の場として「THE CAMPUS(ザ・キャンパス)」をオープン。創造や交流など仕事の目的に合わせてさまざまな空間を設計しており、多機能なオフィス空間が特徴です。その一部をご紹介します。

パフォーマンスを上げる、次世代のオフィス

ニューノーマル時代では、企業のオフィスのあり方を見直す動きが活発化。テレワークを活用しながらも、オフィスに出社するハイブリッドな働き方は、今後も継続されるとみられています。さらに、“時間と場所を問わない新しい働き方”が選択肢となった今、オフィスに求められる内容も変化せざるを得ません。

コクヨ様の新オフィス「THE CAMPUS(ザ・キャンパス)」では、多様な価値が混ざり合い、新しい化学反応を生み出し続ける実験場「OPEN LAB(オープンラボ)」(2階)にて「IoA Work for Senses」※をデモ展示しています。センターオフィスをデジタル上に置き、利用者がどこにいてもバーチャルアバターが出社するという新しい働き方“デジタルツイン・オフィス”を提案しています。

これを活用することにより、リアルとバーチャルのオフィス空間を行き来できる一方で、分身ロボットや映像・音響表現、五感デバイスを利用して、より没入感の高い遠隔コミュニケーション型の働き方を可能にしています。

※「THE CAMPUS(ザ・キャンパス)」に展示されているパーソナルワークスペース「IoA POD™」に導入され、2021年6月から試験提供を開始しています。
(写真:左上から時計回りに)遠隔コミュニケーション型の働き方を可能にする「IoA POD™」が並ぶオフィス。オフィスの一部はオープンイノベーション拠点として公開中。/コミュニケーションがとりやすいフリーアドレスのワークスペース/オンライン配信スタジオ/集中して仕事に臨めるワークスペース

遠隔コミュニケーション用デバイス IoA Work for Senses 嗅覚・聴覚・視覚を刺激し、利用者が臨場感を感じられる集中空間を演出

コロナ禍を契機に企業のオフィス事情も変化し、センターオフィスを持たない企業が増加。一方で、テレワークを起因とするコミュニケーション不足や、働く環境に起因するパフォーマンスの低下が問題視されています。

「IoA Work for Senses」は、利用者の生理情報をセンシングし、情動を解析することでその状態に最適な環境を提案、利用者のパフォーマンス向上を目指します。映像・音声・香り・照明の機器を一元管理し、より没入感のある集中空間を演出。また、「デジタルツイン・オフィス」で分身ロボットとアバターの活用により、円滑なリモート・コミュニケーションを実現します。
利用者も会議室で参加しているかのような臨場感を実現。聞きたい人の声を聞き逃さないように聞くことが可能。コーヒーの香りでリラックスすることも。

「デジタルツイン」とは?

「デジタルツイン」は今、あらゆる分野で活用が期待されている次世代テクノロジーです。モノやコトをデジタル上に可視化することで、リアルタイムに現実とデジタルを連携するシステムを意味します。

AR・VRといった表現技術を用いて、現実のオフィス同様の空間や家具などを正確に再現したオフィスを「デジタルツイン・オフィス」と言います。利用者は自由にリアルオフィスとバーチャルオフィスを選択し、リモートワークを行うことが可能。オフィス以外でも、プロセスの最適化や事前予測を実現するなど、都市計画や防災シミュレーションにも活用されています。
あなたに
おすすめの記事
2021.10.18
NEW
社会や顧客のニーズに応えるDXによるビジネス変革
DXの本質を理解し変革につなげていくことは、あらゆる組織にとって急務となっています。 しかし、DXは単なるデジタル化と誤解されることも多く、未だ目指すべき方向を見失っているケースも少なくありません。 東京通信大学情報マネジメント学部学部長 前川徹さんに、DXの本質と捉え方を解説いただき、私たちはどうDXと向き合っていくべきか、そして、どうすればより良い変革につなげていけるのか、考え方のヒントをうかがいました。
#DX#IoT#スマートファクトリー#組織・人材・働き方改革#AI
2021.10.18
NEW
生活者の求めるコンテンツを提供するための新しいモデル構築
デジタル化により、生活者とコンテンツとの接点が多様化する中、講談社、CARTA COMMUNICATIONS、トッパンの3社は、株式会社コンテンツデータマーケティング(CDM)を設立。豊富なコンテンツデータや独自のテクノロジーを生かして、企業と生活者とのコミュニケーションを支援します。
#DX#デジタルマーケティング#マーケティング・プロモーション#出版・コンテンツ#SNS#AI
2021.10.18
NEW
顧客体験活動の マネジメントを可能にする「GXスコアリング™」
#DX#デジタルマーケティング#マーケティング・プロモーション#イベント#顧客体験(CX)
2021.10.18
NEW
クラウド業務管理で働き方変革につながるペーパーレス化を実現
株式会社川春様に導入いただいたソリューション「NAVINECT🄬クラウド」のご紹介をいたします。 NAVINECT®クラウドは、幅広いお客さまに導入できるよう汎用化した「クラウド型製造DXサービス」です。5つの製造DXアプリケーションを提供します。
#DX#IoT#スマートファクトリー#BPO・業務効率化#AI
2021.09.01
【後編】スマートワークの社会実装はどうあるべきか
私たちの働き方は、「テレワーク(在宅勤務)」を筆頭に確実に多様化し、場所を問わないワークスタイルや勤務時間に自由度がある働き方が現れています。この他、複業(副業)の導入や雇用形態の選択制の取り組みも徐々に加速。企業にとっては、働き手が望む選択肢を用意できるかどうかが、従業員エンゲージメントや人材獲得競争において、非常に重要になっています。時間と場所を問わないワークスタイル「スマートワーク」は、私たちの働き方のスタンダードになり得るのか? また、この働き方を社会実装するために私たちにできることは何か? 今回、日本型雇用について経済学の視点で研究されている鶴 光太郎さん(慶應義塾大学大学院商学研究科教授)にお話を伺いました。
#組織・人材・働き方改革#非対面・非接触
2021.09.01
【前編】スマートワークの社会実装はどうあるべきか
私たちの働き方は、「テレワーク(在宅勤務)」を筆頭に確実に多様化し、場所を問わないワークスタイルや勤務時間に自由度がある働き方が現れています。この他、複業(副業)の導入や雇用形態の選択制の取り組みも徐々に加速。企業にとっては、働き手が望む選択肢を用意できるかどうかが、従業員エンゲージメントや人材獲得競争において、非常に重要になっています。時間と場所を問わないワークスタイル「スマートワーク」は、私たちの働き方のスタンダードになり得るのか? また、この働き方を社会実装するために私たちにできることは何か? 今回、日本型雇用について経済学の視点で研究されている鶴 光太郎さん(慶應義塾大学大学院商学研究科教授)にお話を伺いました。
#組織・人材・働き方改革#非対面・非接触
2021.09.01
一人ひとりが働きやすいオフィス空間
2021年春、コクヨ株式会社様では、未来につながる価値を探求するための実験の場として「THE CAMPUS(ザ・キャンパス)」をオープン。創造や交流など仕事の目的に合わせてさまざまな空間を設計しており、多機能なオフィス空間が特徴です。その一部をご紹介します。
#組織・人材・働き方改革#空間・モビリティ
2021.06.01
多角的な視点から考えるアーカイブの必要性「熊本城」
アーカイブ構築には、史資料の情報の整理・管理や新たなコンテンツ制作のほかに、災害時の消失に備えるといった目的があります。ここでは文化財のコンテンツ制作を主目的としたアーカイブが、災害時の復旧に貢献した例を紹介します。
#自治体#防災・減災
2021.06.01
アーカイブ活用で企業の歴史を未来への原動力に
企業アーカイブは積み重ねた歴史を裏付ける証拠です。対外的なブランディング活動はもちろん、社員の“誇り”の醸成など、さまざまな価値を秘めています。トッパンでは、これまで培ってきたアーカイブ構築のノウハウを企業での取り組みにも活かし、企業文化や歴史を伝えていく支援をしています。企業アーカイブの基本的な考え方と可能性をビジュアルクリエイティブ部の久保田 敏之がお話しします。
#教育・人材育成#コーポレートコミュニケーション#SDGs#防災・減災
2021.06.01
風景画だけではない北斎の知られざる一面を
葛飾北斎の生誕260年を記念し、2021年夏、特別展「北斎づくし」が開催されます。 本展で、キービジュアルと会場グラフィックを担当しているのは、ブックデザインや展覧会のアートディレクションを数多く手掛けてきた、祖父江 慎さんです。今回のキービジュアルに込めた想いを中心に、北斎について伺いました。
#イベント#印刷・加工

TOP

© 2021 TOPPAN INC.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。