アイデアノートでは、課題解決に役立つ当社の受注事例やソリューションを織り交ぜ、独自の視点で編集した注目コンテンツをピックアップしてまとめています。

2021.06.01

風景画だけではない北斎の知られざる一面を

#イベント#印刷・加工
コズフィッシュ代表 祖父江 慎(そぶえ しん)さん
葛飾北斎の生誕260年を記念し、2021年夏、特別展「北斎づくし」が開催されます。 本展で、キービジュアルと会場グラフィックを担当しているのは、ブックデザインや展覧会のアートディレクションを数多く手掛けてきた、祖父江 慎さんです。今回のキービジュアルに込めた想いを中心に、北斎について伺いました。

『北斎漫画』と『踊独稽古(おどりひとりげいこ)』の絵を使ったキービジュアル

 北斎といえば、“富士山!”と“海ざっぱ~ん!”のイメージが強いですが、あれは実は北斎の中のほんの一部分。それをメインに北斎を捉えるのは、ちょっと違うと僕は思っていました。もっと描き散らした人なんです。本当に何でも描いて、「どんだけ絵が好きなんやねん!」という感じなんですよ。『富嶽百景』の中でも、「画狂老人卍(がきょうろうじんまんじ)」なんて名乗って、70歳を過ぎてもまだまだ描き足らないとアピールしています。だから、今回のキービジュアルでも、そんな“どんどん描き続けてしまう人”という部分を強調しようと考えました。それこそが北斎であり、今回の展覧会のテーマだと思っています。
 
メインの絵は、『北斎漫画』十二編に載っている風を表現した絵の中から選びました。自然現象を絵にするのって難しいのですが、北斎は、風、煙、波、光、雲、火など、何でも描いているんです。中でも、描くことが難しい自然現象の表現がめっちゃすごいので、これに決めました。
 
そもそもこの絵、顔が隠れていて誰だか分からないですよね。描かれているこの人も、「おーい、なんだよ~、今描くなよ~」なんて言ってそう。そんなふうに、この前、後を思い浮かべることができるし、自然と笑いがちょっと起きるところがある。うまいだけじゃなくて、ギャグセンスもある、北斎らしい絵だなと思っています。
 
キービジュアルのバックを埋めている絵は、すべて『踊独稽古』という本から取りました。とにかくゆかいな絵が多くて、一発ギャグが百発ぐらい載っているような本なんです。当時流行した踊りの振付を絵で解説したもので、アニメ的な表現と動きのための効果線がたくさん使われています。静止画の中で動きをどう表現するか、そのアイデアの原点ですね。
「北斎づくし」のキービジュアルと会場グラフィックを手掛けたコズフィッシュの祖父江 慎さん(右)と担当デザイナーの藤井 瑶(ふじい はるか)さん(左)

北斎は、印刷と仲良くしていたアーティストだった

個人的には、北斎作品は、肉筆画より刷り物の方に魅力を感じますね。彫師や摺師など、人の手を借りて、どんどん極まっていく感じが面白いし、すごく現代的じゃないですか。日本の出版の礎になった人と言えるんじゃないでしょうか。
 
「冨嶽三十六景」などは、北斎はもちろんですが、彫師と摺師の力量も相当なものです。「あの北斎さんが描いた」ということで、みんなすっごく頑張って、すっごいものを作ったのでしょう。素晴らしいチームワークだし、北斎には周りを動かしてしまうカリスマ性やパワーもあったのだと思います。
 
また、刷り物は、当時の印刷技術や出版の歴史が見てとれるところも面白いです。初摺りはきれいにエッジが立っていて美しいのですが、増刷を重ねるうちに版木が傷んでくると、それでもいい感じに見せようと、今度は色を足したりとか、印刷上の工夫がいろいろされるようになるんです。最初の方の版では割と微かな薄墨だとか、薄い桃色などで上品に摺っていたのが、版が傷んでくると、パワーで押そうと強い青を入れてみたり。今でも出版界では、増刷する時、中身を変えて「前買った人も、もう1回買ってくださいね」みたいな工夫をします。当時も似たようなことがあったんですね。 

北斎のイメージがガラッと変わる展覧会!?

北斎というと、『北斎漫画』を取り上げて、“漫画の原点”みたいに言われがちですが、あれはもともと絵のお手本集なので、それだけでは、ちょっと足りないんです。でも今回は『踊独稽古』なども展示することで、動きを表現する効果線や、効果音の手描き文字など、現代の漫画に通じる表現もしっかり見ていただけます。また、北斎が一つのものを劇画タッチ・挿絵タッチ・ギャグタッチで描き分けた『三体画譜(さんていがふ)』にも注目ですね。これは、書に「真行草(しんぎょうそう)」(真書・行書・草書)があるように、絵にも「真行草」があると考えた北斎ならではの絵手本で、北斎の物の捉え方や絵に対する考え方がよく分かります。今回、これらがちゃんとフル装備されたことで、ようやく北斎と漫画の関係にぐっと迫ることができそうです。
 
北斎は、最近では偉そうな天才画家みたいに思われがちですが、実際の本人は、たぶん全然そうじゃなかったと思います。例えば『北斎漫画』は、いわば著作権フリーのカット集で、北斎は「みんな、どんどん同じように描いていいよ」って言ってるわけです。そういう刷り物は、実にフレンドリー感にあふれています。ですから、今回の展覧会も、偉い人の作品を見に行くんだ!ではなく、江戸時代の週刊誌を見るような気持ちで来ていただきたいですね。そして、皆さんの中の北斎のイメージが、リアルなものになることを期待しています。 
img.alt
祖父江 慎
コズフィッシュ代表 アートディレクター、ブックデザイナー
1959年愛知県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科入学。工作舎を経て、90年コズフィッシュ設立。すべての印刷されたものに対する並はずれた「うっとり力」をもって、ブックデザインや展覧会のアートディレクション、グラフィックなどを数多く手掛ける。著書にこれまでの仕事をまとめた『祖父江慎+コズフィッシュ』(パイインターナショナル)がある。
あなたに
おすすめの記事
2022.06.27
NEW
グラフィックトライアル 2022|デザイナー小玉文氏特別インタビュー
グラフィックデザインと印刷表現の関係を追求し、新しい表現を探る企画展「グラフィックトライアル」。
2022年の企画展に参加した小玉文さんに、どのような思いでトライしたのか、作品「トライ・アン・ケム」はどのようにして生まれたのか、お話を伺いました。
#イベント#印刷・加工
2022.06.27
NEW
リアルとバーチャルを融合したメタバースショッピングモール
新型コロナウイルス感染症拡大から始まった「新しい生活様式」により、オンライン経由の購買が増加傾向にあります。従来のECサイトでは提供できない、友人・家族と一緒に物を選んだり、店員に商品の詳細を気軽に聞いたりするなど、オンラインで「買い物を楽しむ」機会を、トッパンは提供します。
#DX#デジタルマーケティング#空間・モビリティ#セールス#マーケティング・プロモーション#イベント#非対面・非接触#顧客体験(CX)#店舗#VR・AR
2022.06.27
NEW
よくわかる!顧客体験のはなし|これからのCX
テクノロジーの進化によりタッチポイントが変化しています。また、近年注目されている「カスタマーサクセス」において企業が取り組む際に留意するポイントを青山学院大学経営学部マーケティング学科教授 小野譲司先生に解説いただきます。
#DX#デジタルマーケティング#組織・人材・働き方改革#セールス#マーケティング・プロモーション#イベント#顧客体験(CX)#店舗#SNS
2022.06.27
NEW
よくわかる!顧客体験のはなし|CXマネジメントの注意点
顧客ロイヤルティの向上に向けて重要となるのが、まずはどのように組織をつくるか。その上で、具体的なアクションへの考え方を青山学院大学経営学部マーケティング学科教授 小野譲司先生に解説いただきます。
#DX#デジタルマーケティング#組織・人材・働き方改革#セールス#マーケティング・プロモーション#イベント#顧客体験(CX)#店舗#SNS
2022.06.27
NEW
よくわかる!顧客体験のはなし|ブランドロイヤルティの高め方
CXの向上のためにどのようなデータを収集し、どのように活用することが重要なのでしょうか。また、商品のもつ機能的価値だけではなく、情緒的価値や社会的価値の重要性を青山学院大学経営学部マーケティング学科教授 小野譲司先生に解説いただきます。
#DX#デジタルマーケティング#組織・人材・働き方改革#セールス#マーケティング・プロモーション#イベント#顧客体験(CX)#店舗#SNS
2022.06.27
NEW
よくわかる!顧客体験のはなし|CXとは
そもそもCXとはどのような考え方で生まれ、どのような効果を生むものなのでしょうか。 CXの成り立ちと基本を青山学院大学経営学部マーケティング学科教授 小野譲司先生に解説いただきます。
#DX#デジタルマーケティング#組織・人材・働き方改革#セールス#マーケティング・プロモーション#イベント#顧客体験(CX)#店舗#SNS
2022.04.11
“セルフメディケーション” と “テクノロジー”で命と健康を守る
三大感染症の一つ「マラリア」。世界保健機関(WHO)によると、2020年世界での全死亡者数は約62万7千人に上りました。新型コロナウイルス感染症のパンデミックを機に、さらに人々の命と健康を脅かす地球規模の課題として指摘されています。認定NPO法人AfriMedico(アフリメディコ)は、「医療を通じてアフリカと日本をつなぎ健康と笑顔を届ける」をミッションに、2016年からアフリカ・タンザニアで、日本発祥の「置き薬」をビジネスモデルとして、医療問題の解決に取り組んでいます。代表理事であり、2016年9月、Forbes JAPANの世界で闘う「日本の女性」55に選出された、薬剤師の町井恵理さんに最新の支援状況と今後の医療について伺いました。
#健康・ライフサイエンス#SDGs
2022.04.11
「誰が、いつ、どこで、どのような健康状態にあるか」を見守るIoT可視化サービス「ID-Watchy BIO」
「ID-Watchy® Bio(アイディーウォッチーバイオ)」は、「MEDiTAG®(メディタグ)」と呼ばれる腕時計型生体センサを装着した人のバイタルデータを取得するIoT可視化サービスです。これにより、その人の脈拍や血圧測定、歩数検知、カロリー計算、転倒検知、ストレス度測定など、クラウド上に蓄積されたデータの分析・活用が可能です。健康管理や労務管理など、働き方改革への活用が期待されます。
#DX#IoT#組織・人材・働き方改革#健康・ライフサイエンス#非対面・非接触
2022.04.11
超高齢社会の課題をテクノロジーで解決する
日本の人口は2010年を境に減少を続け、2025年には国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という超高齢社会を迎えます。雇用、税制、医療、福祉など、さまざまな分野に影響を与えることが予想され、なかでも年金や医療費・介護費の増大、それらに伴う現役世代の負担の増大が喫緊の社会課題となっています。トッパンは、AIやICT技術を活用した福祉プラットフォームサービスを提供する株式会社ウェルモ様と2021年11月より本格的に協業を開始しています。今回、戦略投資センター 山﨑英二と小林祐介がウェルモ代表取締役CEO 鹿野佑介さんとともに、ICT活用で描く今後の構想について語り合いました。
#DX#IoT#組織・人材・働き方改革#健康・ライフサイエンス#防災・減災#AI
2022.02.07
【前編】創造性のある一歩進んだサステナビリティを歩もう
2030年の達成に向けて、世界共通の目標として掲げられているSDGs。 サステナブルな社会の実現に向けて、私たちはどのように考え、行動していくべきなのか。 日本文学研究者で、日本の文化にも造詣が深い、ロバート キャンベルさんにお話を伺いました。
#組織・人材・働き方改革#SDGs#非対面・非接触

TOP

© 2021 TOPPAN INC.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。