凸版印刷トッパンソリューション

    •  
    • お問合わせ凸版印刷
    •  

開催のご案内

PromoTech Conference 2019開催のお知らせ

2019年10月17日(木)・18日(金) 14:00~16:00
凸版印刷小石川ビル2階 小石川テラス

凸版印刷は、1900 年に創業して以来、明治、大正、昭和、平成と4つの時代をポスター、チラシ、DM、商品パッケージ、POP、ポイントカード、アプリ、など多岐にわたる領域で、流通様に寄り添って伴走してきた。
明治・大正は、地産地消でご近所の商店がにぎわった。(リテール1.0)
昭和は、需要が供給を大きく上回り、チェーンストアの隆盛時代だった。(リテール2.0)
平成は、供給が需要を上回り、価格や質が同質化し、差別化を図るのが難しくなった。
さらにはインターネットの普及でEC 台頭や思わぬ領域から競合が現れ始めた。(リテール3.0)
時代が変わるといつだって世の中には大きな変化が訪れる。
しかし時代が変わっても流通様の答えは至ってシンプルだ。
流通様がお客様に選ばれる「ごひいき店」を目指して日々精進していることに変わりはない。
令和は、オンラインとオフラインの境目がなくなっていくリテール4.0 時代。
そのような時代の中で、ごひいき店になるためには何が必要なのだろうか。
そのヒントが今、ここにある。 

プログラム

【はじめに】
“令和時代のごひいき店になるために”
~オンラインとオフラインを区別しない時代の到来~

凸版印刷株式会社パーソナルサービス本部 本部長 山岸 祥晃


【基調講演】
“顧客により良い購買体験を提供していくためには”
オムニチャネルやOMOといった議論が盛んであるが、技術論からではなく
「アマゾンほど便利なサービスがありながら、リアル本屋に行くのはなぜか」
という問いから、リアルストアの存在意義、目指すべき方向を捉え、そこから敷衍される
インストア・アウトストアコミュニケーションの原則も同時に考えていきます。

株式会社Preferred Networks 執行役員 最高マーケティング責任者
株式会社イトーヨーカ堂 顧問、株式会社セルム 顧問 富永 朋信氏


【Session1】
“ごひいき店になるためのタッチポイント戦略とは”
消費者とお店の「CX」を再定義し、最適なアウトストアプロモーション戦略を。
Shufoo!の大きな進化をご紹介します。
 
株式会社ONE COMPATH 代表取締役社長CEO 早川 礼


【Session2】
“オンラインとオフラインを支える販促支援システム”
あらゆるタッチポイントに無理なく齟齬なく効果的な販促を!
クライアントに寄り添うTOPPANだからこそ実現できる販促支援をご提案します。
 
凸版印刷株式会社パーソナルサービス本部 デジタル基盤整備部 部長 積田明典

ゲストスピーカー/富永 朋信氏

 株式会社Preferred Networks 執行役員最高マーケティング責任者
株式会社イトーヨーカ堂顧問、株式会社セルム顧問

富永 朋信

1992年大学卒業後、コダック社に入社。以来、日本コカ・コーラ、西友、ドミノ・ピザ ジャパン、イトーヨーカ堂などでマーケティング関連職務を経験。うち、ソラーレホテルズアンドリゾーツ、西友、ドミノ・ピザ ジャパンおよび現職でCMOを経験。座右の銘はいろいろあるが、今のお気に入りは「鏡を信じるな」。社外の仕事として株式会社イトーヨーカ堂顧問、株式会社セルム顧問、厚生労働省年金局広報検討委員、日経クロストレンド アドバイザリーボードなどを拝命。著書に「デジタル時代の商品企画」(翔泳社)

お申込みは締め切りました

TOP

Copyright (c) 2019 TOPPAN PRINTING CO., LTD.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。