凸版印刷トッパンソリューション

    •  
    • お問合わせ凸版印刷
    •  

【人が創るソリューション VOL.2】 デジタルがクリエイティブを拡大・加速させる時代ー造ー

2019.06.06

TOPPAN SOLUTION コラム:デジタルがクリエイティブを拡大させる時代

撮影:小宮広嗣(TICクリエイティブ本部ビジュアルクリエイティブ部)

「創」編では、トッパンの持つ現在最高峰の印刷技術が存分に発揮された受賞作品群を解説してきたが、そこからはいくつかの問いが浮き彫りとなっった。
トッパンのクリエイティブの本質とは何か? 技術としてのデジタルとはなんなのか?
そしてこれからの印刷分野の在り方とは?
本編では「創」編に引き続き大沢秀紀マーケティング本部長と山本剛久課長にご登場頂き、それらの問いを深く掘り下げていこうと思う。

トッパンが目指す『クリエイティブ』の本質とは

デジタル技術には2つの考え方がある

—TOPPAN SOLUTION 編集部(以下編):受賞作品群を見ていると、アナログ感を再現する技法が意識的に使われている作品が多いのが印象的です。つまり“再現する”技術という言い方もできると思うのですが、そういった部分にはやはりデジタル技術は欠かせないのでしょうか。また、そもそも印刷技術におけるデジタル分野とはどういったものなのでしょうか。

受賞作品の解説はこちら
>> 2018年カタログ・カレンダー受賞作品に見る印刷技術進化論

—大沢:“デジタル”と一口に言っても大きく分けて2つの意味合い、考え方があると考えます。まず効率化という意味合いでのデジタル技術が一つ。これは大量生産を効率的に行うための、現代の印刷技術では必須といえるテーマでしょう。大量生産が可能という点は印刷物の存在理由の一つでもあるので、まさにそこを効率化する為に導入されている側面が大きいです。情報を集めて加工し、利用しやすいように格納、掃き出しやすくする。PIM(商品情報管理)やDAM(デジタル資産管理)といったデジタルによる情報管理やオンデマンド印刷への流れなどもその一つと言えますね。

2つめはデジタルが本来持っている潜在能力や進化によって、これまで不可能だった事を可能にする技術のことになります。例えば今までは再現が難しく、コントロールが難しかった高精細で高彩度の表現をデジタルで加工で実現したり、といったことですね。アナログ感を再現する技術、というのはこの部分にカテゴライズされます。

リアルテクスチャ

例えばこのリアルテクスチャ印刷はデジタル技術の要素が反映されたもので、まさに“本物感の再現”に挑戦した印刷商材になります。表面の素材感を複写する工程を、リアルスキャナーでデジタルデータとして取り込むことで、印刷した時に立体的な部分を強調できるようにしたものです。このデジタルスキャナーによる均等で細かく、薄い厚みの中での近距離の立体表現はデジタル技術ならではのものになります。さらに立体的に見える効果に加え、実際のテクスチャの触感を体感できるスクリーン印刷が表面に施されています。

リアルテクスチャ

こういったものは現段階では見本帳のようなものに使われる類のものになりますが、実物、例えば建材などを貼り付けたサンプル帳のようなものの代替品というよりは、より軽く、より便利に使いやすくすることで、実物サンプル帳が今まで使われなかったシーンでも使ってもらえるような機会創出、「コト起こし」を目指しています。
まさに表現や再現にクリエイティブな部分でのデジタル技術が応用されている例ですね。リアルスキャンでの表現にしても、表面のリアルな触感を再現する技術にしても、アナログ的な実在感を可能な限り印刷で再現するということを目指した、我々の考えるクリエイティブノウハウを活かした「コト起こし」のための答えのひとつといえます。

紙印刷媒体の役割が変わるとき

一方の大量生産を効率化するためのデジタル技術については「編集手法」が非常に重要なソリューションとなってきます。
今、紙の印刷物が減ってきている、今後もこの流れは大きくは変わらないと考えられる中で、では紙印刷媒体は今後どういった形で必要とされるのか、を印刷会社としても提示していかなければなりません。
例えば、カタログは今現在も無くなっているわけではない。けれどもそのメーカーの全商品が掲載されている分厚い総合カタログというのは、顧客に配るというよりも各営業所や事業所にあって、来店して見て商談するときのみに使われる、というような非効率な使い方になってしまっています。そういう意味でカタログの必要部数や利用シーンは減ってきているといえます。

凸版印刷 本部長 大沢

私たちはいま、次世代型のカタログの意味が問われていると考えています。

その一つの考え方として、そのカタログを最適なかたちで提供してあげられるシステムがあればよいと思っています。質量も小さくて済むし、顧客の方も自分が探している商品にたどり着きやすくなるわけです。つまり、カタログやマニュアルの情報を新たに資産管理、コントロールするわけですね。これが当社では“ユーザーエディット”、“ソーシャルエデイット”と呼んでいる次世代のカタログの考え方です。それを必要としている人が、必要だと考えているパートを、必要なときにセグメントしてエディットされている状態にする。これからのDTP分野はここを基本の考え方として運用していくことになります。それを運用可能にするのがDTP分野での効率化のためのデジタル技術です。
1冊に全ての情報を詰め込みたいカタログや、これまでのように目録を大量生産していたのではアナログ作業には物理的な限界があります。効率化のためのデジタル技術が発達したおかげでセグメント化するための取捨選択するデータ化、つまり蓄積と適正なアウトプットが可能になったわけです。

アウトプットは紙である必要性はないのですが、データ化することで“ユーザーエディット”する、“ソーシャルエデイット”することが容易になった、という面が重要です。紙なのかデジタルなのか、インターフェースを問わず使えるのもデジタルデータだからできることですし、拡散力という意味でも大きな力になっていると思います。

トッパンが考える「ソーシャルエディット」とは

必要としている人が、必要だと考えているパートを、必要なときにセグメントして編集し、カタログを最適なかたちで提供するシステム。質量も小さく、顧客が自身の探している商品に容易にたどり着きやすい。そのためにカタログやマニュアルの情報を新たに資産管理化し、具現化する。これがトッパンでは“ユーザーエディット”、“ソーシャルエデイット”と呼んでいる次世代のカタログの考え方。

—編:しかしそこには同時にマンパワーとしての編集能力が必ず必要になってきますよね。その関係性はデジタルであろうがアナログであろうがこの先も変わらないのではと思いますが。

—大沢:確かにエディトリアルの「知恵」にあたる点ではそうです。それに印刷にしてもデジタルプリントに移行してきているものはありますが、それでもやはり最終的には人の手が入らないとできない組版やデザイン、表現もあります。そういう中で新しいギミックや効率的な手法が生まれてきている現状もありますから、やはりアイデアや工夫を生み出すところと技術の根幹を成す部分にはマンパワーが必要なのは間違いないです。

今までよりもちょっと幸せになる、“用”を創るクリエイティブ

—山本:これまでの我々の窓口、製品を“提供・納品”する先は「お得意先」がほとんどでした。ですが、これからは「知恵」の部分やデジタルの優位性を活用したうえで、もっと我々もクライアントの先にいるコンシューマーまで意識した製品やサービスを提供していかなければならない。そういう意味では我々にはより高度なクリエイティビティが要求される時代が来ているといえるでしょうね。

—編:個別に対応できるクリエイティビティと効率的な大量生産を両立させるデジタルを含めた先端技術。さらにそこにクオリティの充実とコスト面での両立も今後は必須というわけですね。

凸版印刷 本部長 大沢 課長 山本

—大沢:先端技術によって質を上げ、差別化することが“価値”に繋がりますから。
しかしトッパンというのはクリエイティブのみを追求する会社ではなく、あくまでも商業印刷をサービスの中心としてきた企業ですから、我々が考えるクリエイティブは芸術作品のようなものとは一線を画すものだと考えています。つまり今回のようなカレンダー、カタログのような商材であったり、もっと抽象的に便利になるモノやコトであったり、快適であるとか、今までよりちょっと幸せになるなど、そういった抽象的な側面までも実現させることも我々から見れば創造性の一つだと考えているわけです。技術の部分、つまり道具や仕組みを作るのは基本的にクリエイターの仕事ではないので、我々のような先端技術を持ち開発できる、いわば道具や仕組みを作りコーディネートしていく側が提案することで、クリエイターと一緒に社会に貢献できるような創造性を実現し発信していけるようになる。
それこそがトッパンが目指すクリエイティブなのではないかと思っています。

—編:例えば信楽の器は実際に使う道具として生み出されたが、同時に大変に高い芸術性も内包しているのはご周知の通り。そう考えると便利に、そして快適に用を成すことを目的に考え抜かれて生み出された“道具”に創造性を感じるというのも実は腑に落ちるのだ。つまり“用の美”と表現されるもの、使ってこそクリエイティブが発揮されるモノ、それらを生み出すことこそがトッパンのクリエイティブなのではないだろうか。
そう、いわば“用のクリエイティブ”とでも言おうか。
そして、今回ご紹介した数々の作品や技術、商材はつまり用を成す道具なわけで、実際に見て、触ってみなければその創造性は充分に感じられないはず。実際にトッパンにアプローチしていただいて、その“創造性”を感じて頂くのが一番の近道だとお勧めする。

 

大沢 秀紀(おおさわ ひでき)

凸版印刷株式会社
情報デザイン事業部TICマーケティング本部
本部長

凸版印刷大沢

1990年凸版印刷株式会社入社。 商業デザイン分野を中心に、メーカー、流通、通販など幅広く 広告宣伝や企業広告のデザイン・ディレクション、プロデュース業務に携わる。 印刷博物館はじめ博物館・美術館の図録・ポスター、JAGDA年鑑など担当、 全国カタログ展など入賞。


 

 

山本 剛久(やまもと たけひさ)

凸版印刷株式会社
情報デザイン事業部TICマーケティング本部
プロモーション企画第2部 3チーム
課長

凸版印刷山本

2004年凸版印刷株式会社入社。 入社以来、企業が発行するカレンダーの制作を経験し、その後、企業のプロモーション活動におけるカタログやウェブ、キャンペーンや映像などのディレクションに携わる。全国カレンダー展/経済産業大臣賞、全国カタログ展/経済産業大臣賞、クリオヘルス/ブロンズ、カンヌライオン・ファーマ部門/ブロンズ、スパイクスアジア/シルバー、ONE SHOW/Meritなど受賞。


 

関連サービス

関連記事

TOP

Copyright (c) 2019 TOPPAN PRINTING CO., LTD.

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部による、公式HPです。