IoT向け無線通信規格ZETA

低消費電⼒・広範囲・低コストを特徴とするIoTに適した
次世代のLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークの規格です。

ZETAとは

IoTに適した低消費電⼒広域ネットワーク規格

超狭帯域(UNB:Ultra Narrow Band)による多チャンネルでの通信、マルチポップ・メッシュネットワークによる広域での分散アクセス、双⽅向での低消費電⼒通信が特徴です。
温度、湿度、電圧など低容量のセンサーデバイスに対応するIoTの通信インフラとしては⾮常に適しています。

メリット

低コストで広範なエリアをカバー

メッシュアクセスにより、中継器を⽤いて携帯電話の電波が届かない通信条件の悪い場所でもネットワークの形成が可能です。また、中継器やセンサーなどのデバイスはバッテリーで動作可能なため、電源がない場所でも問題ありません。

  • 低消費電力

  • 双方向通信

  • 低コスト

  • 広範囲通信

  • 01
  • 低消費電⼒・
    双⽅向通信
  • ZETAのデバイスはバッテリーで数年間稼働し、双⽅向でデータのやり取りが可能。常時ネットワークに接続し、データをやり取りするIoTデバイスの通信インフラとして活⽤できます。
  • 02
  • 低コスト
  • 1台のアクセスポイントと複数の中継器を用いたネットワークにより、高範囲で低コストな運用が可能です。中継器やセンサーなどのデバイスも比較的安価で、自前で設置も可能です。
  • 03
  • 広範囲通信
  • 携帯電波の届かない⼭間部やトンネル内などのエリアでも、中継器を⽤いることで、通信エリアを形成することが可能です。僻地などでのIoT活⽤にも利⽤できます。

導⼊イメージ

導⼊イメージ

適した業務

  • 農水産業など、僻地でのセンシング
  • 河川、橋脚、のり面などのインフラ監視
  • スマートシティ
  • 建物・施設内での状況監視

サービス

ZETAネットワーク構築に必要となる、センサーデバイスからZETAサーバーまで幅広くラインナップしています。案件調査・システム提案・構築・運用支援までトータルソリューションを提供します。
要件を確認した上で、機器選定、構築スケジュールを提示します。

採用事例

  • ZETAを使ってヒト、モノ、機器、インフラなどあらゆるものを可視化することで、遠隔や無人で管理するソリューションの提供による省人化、自動化を進めることができます。
  • 採用事例イメージ
  • 病院内施設
  • 養殖施設
  • 01
  • 見守り
  • 病院内施設のトイレやシャワー室・お風呂などの個室における転倒や利用状況などを可視化できる医療施設向け見守りサービスを開発しました。
  • 01
  • 見守り
  • 錦鯉の養殖状況(水位、酸素量、給餌など)を可視化できる見守りサービスを開発しました。