ニューノーマル時代の新たな接客方法トッパン ロボティクス・コミュニケーション

ロボットとさまざまな技術の融合により、仮想テレポーテーションを実現。
非対面でもまるで対面しているかのような感覚で、コミュニケーション可能なニューノーマル時代の接客サービス。

トッパン ロボティクス・コミュニケーションとは

まるで対面のような接客を実現するコミュニケーションロボット

コミュニケーションロボットと、スマートフォン、タブレット、ウェアラブルデバイスなどの各種IoTデバイスを連携。さらに、AI、自然対話、音声・表情認識などの自動認識技術を掛け合わせることにより、さまざまな分野におけるコミュニケーションをサポートします。
ロボットは、人による遠隔操作も可能。まるでそこにスタッフがいるような接客を実現します。

メリット

窓口業務のソーシャルディスタンス・効率化・コンパクト化の実現

トッパンロボティクスコミュニケーションにより、ニューノーマル時代における金融機関さまの窓口業務を変革します。

  • ソーシャル
    ディスタンス

  • 業務効率化

  • 無人化・省人化

  • 01
  • 遠隔操作による
    ソーシャルディスタンス
  • コミュニケーションロボットを通じたお客さまとのやり取りにより、人と人とのコンタクトレスな窓口業務が可能です。
    場所や時間にとらわれない窓口運営ができるため、感染拡大防止の観点に加え、働き方改革にもつながります。
  • 02
  • 好事例データの共有
    で窓口業務の効率化
  • お客さまとのやり取りを記録・蓄積することによって、好事例の共有・即時実行が可能です。カスタマーサービスの向上と業務効率化が見込めます。
  • 03
  • 無人・省人店舗による
    窓口のコンパクト化
  • コミュニケーションロボットを設置するスペースのみで窓口業務が運用可能。店舗の無人化・省人化を実現します。
    顧客データをアプリで連動させることによって、対面と同等のパーソナルな接客が可能です。

導入イメージ

導入イメージ

業務における活用

  • 重要事項説明の確実な説明とエビデンスの取得(銀行・証券・カード・保険)
  • 支店から本店への照会業務の効率化(銀行・証券・カード・保険)
  • 企業代理店におけるミニ代理店(保険)

その他の領域での活用

  • 心拍数や音声などを自動測定する技術を用いたヘルスケア領域
    ※声で元気度を計測する技術を実装中
  • 表情認識技術による接客スキル向上など、社員の教育・研修領域

サービス

サービス概要

デジタル化・効率化支援で蓄積された業務効率化のノウハウ、デジタルメディア制作で養った優れたUI/UXの知見、媒体やデバイスを問わない柔軟性、顔認識や表情認識など最先端の自動認識技術、この4つがロボットと組み合わさり、お客さまとのコミュニケーション活性化と業務効率化を実現する「トッパンロボティクスコミュニケーション」が誕生しました。

サービス概要

サービスイメージ

コミュニケーションロボットを起点に、スマホ、タブレット、ウェアラブルデバイスなどの各種IoTデバイスと連携。さらに、AI、自然対話、音声・表情認識などの自動認識技術を掛け合わせることにより、お客さま応対向上、ヘルスケア、マーケティングなど、さまざまな分野におけるコミュニケーションをサポートします。

サービスイメージ

採用事例

  • 受付某不動産会社様
  • 音声による瞑想ポッドの利用案内、ポッド利用者の受付を担当。背中のNFCリーダで社員証を読み取ることで利用者を特定。
  • 通訳某航空会社様
  • 空港の窓口において外国人搭乗者の通訳を担当。
    ロボット頭部のカメラを利用し、QRコード決済による超過荷物の支払いにも対応。
  • 決済社内コワーキングスペース
  • オフィスコンビニのセルフレジ。
    NFCリーダを使った社員証決済の他、QRコード、顔パス決済にも対応。