自治体向け住民見守りサービスあんしんライトサービス

緊急時の避難情報と平常時の行政サービス情報を戸別に
送受信できるシステムで、自治体と住民双方の
コミュニケーションを支援します。

あんしんライトサービスとは

戸別送受信機で双方向の情報発信が可能

あんしんライトサービスは、LTE通信を利用することで緊急情報や避難情報などを直接送信できるため、スマートフォンを持たない高齢者にも確実に情報を届けることができます。また、利用者の操作情報を発信することも可能なため、自治体が住民の受信状況を把握することが可能です。

  • MOVIE
    紹介動画

メリット

伝達状況の把握が可能

従来の製品では発信した情報が確実に住民に伝わっているかを把握することが困難でしたが、あんしんライトは、利用者が本体の確認ボタンを押すことで、自治体は住民の発信情報を受信することが可能です。

  • 設置の簡便性

  • 情報伝達の
    迅速化

  • 双方向型
    通信機能

  • 平常時の活用

  • IoTで機能拡張

  • 01
  • 設置の簡便性
  • あんしんライトは、電源を入れるだけで利用可能。室内工事は不要です。また基地局などの専用設備も必要ないため、これまで顕在化しなかった運用コストも軽減されます。
  • 02
  • 情報伝達の迅速化
    (視聴覚障がい者対応)
  • 各種情報の受信時は「LEDの発光(赤・青)」「サイレン音・チャイム音」「ディスプレイ上の文字表示」「文字の音読」の4種類でお知らせできるため、視聴覚障がい者を含め多くの方に素早い行動を促すことができます。
  • 03
  • 双方向型通信機能
  • 双方向型通信機能を有しているため、災害時の安否や訓練などの情報伝達の可否を確認できます。
  • 04
  • 平常時の活用
  • 双方向型の通信機能を活用してスマホアプリとの連携が可能。
    家族間の見守りが実現できます。
  • 05
  • IoTで機能拡張
  • 今後はBluetoothやLoRa通信の搭載も予定しており、IoT機器と連携させることで、各種機器のセンシング情報を活用したさまざまなサービスの提供が可能です。

導入イメージ

導入した導入イメージイメージ

適した業務

  • 緊急情報発信(災害時)
  • 避難情報発信(災害時)
  • イベント情報の発信(平常時)
  • 歳時情報発信(平常時)
  • 熱中症や振り込め詐欺など、日常生活での注意喚起(平常時)

サービス

サービスメニュー

あんしんライト緊急通報見守りサービス

緊急通報装置としての活用により、互助のネットワークを構築します。