MEMBER

企業のビジネスに
新たな価値をもたらす
トッパンのデジタルマーケティング

2017年入社 / 文系

情報コミュニケーション事業本部
トッパンアイデアセンター
コミュニケーションデザイン本部 / 企画

荻野 泰成

企業のビジネスに
新たな価値をもたらす
トッパンのデジタルマーケティング

*所属部署、掲載内容は取材当時のものです

いま、「デジタル」が企業のビジネスのあり方を大きく変えようとしている。その企画に携わっているのが、コミュニケーションデザイン本部に所属する荻野だ。彼がいま実感する、トッパンだからこそ挑戦出来るデジタルマーケティングとは?

2017年入社 / 文系

情報コミュニケーション事業本部
トッパンアイデアセンター
コミュニケーションデザイン本部 / 企画

荻野 泰成

いま、「デジタル」が企業のビジネスのあり方を大きく変えようとしている。その企画に携わっているのが、コミュニケーションデザイン本部に所属する荻野だ。彼がいま実感する、トッパンだからこそ挑戦出来るデジタルマーケティングとは?

トッパンなら、マーケティングを究められると思った

私は学生時代にマーケティングを専攻し、企業が開催するビジネスコンテストなどにもたびたび参加していました。例えば「自社のサービスをもっと若者に利用してもらうためにはどうすればいいか?」などというお題が与えられ、チームで企画を考えてプレゼンするのですが、それがとても面白くて、マーケティングの仕事を志すようになりました。

なかでもトッパンに注目したのは、「デジタル」と「リアル」の両輪でマーケティングに携われることに魅力を感じたからです。当時から、データを分析して色々な施策を考え、ITを駆使して消費者とコミュニケーションするデジタルマーケティングに興味を持っていましたが、とはいえ店頭などでのリアルなマーケティングが世の中からなくなるわけではありません。トッパンはその両方を手がけている企業であり、それはWebマーケティングの専門企業やIT系のコンサルティング会社にはない強みだと感じたのです。

また、トッパンは採用の段階から営業職、企画職、技術職と窓口が異なっていたところにも惹かれました。大手の広告代理店なども検討していたのですが、ほとんどが総合職採用で、どこに配属されるかは入社してみないとわかりません。その点、トッパンに企画職で入れば最初から自分のやりたい仕事が出来そうだと思ったことも、当社を選んだ大きな理由でした。そして入社後は希望通り、デジタル関連の企画を担う部署に配属され、クライアントのデジタルを活用したマーケティングを支援する仕事に日々奮闘しています。

「データ分析」×「顧客視点」での施策が、見事にヒット

「デジタル」とひとことで言っても、Webサイトの構築やアプリの開発はもとより、さらにはお客さまのデータを分析したCRM(カスタマーリレーションマネジメント)戦略の立案実行など、マーケティングを支援する方法は多岐に渡ります。そのなかで、クライアントと直に接して実現したいことを把握し、最適な方法を企画提案して、デザイナーやエンジニアと協力しながらそれを実行していくことが、いまの私のミッションです。

入社後は「ブラザー・シスター制度」(新入社員教育制度)のもと、指導役の先輩の下で企画業務を学び、徐々に先輩が担当するクライアントの案件の一部を任されるようになっていきます。例えばいま手がけているのは、損害保険会社のクライアントのマーケティング支援。保険を契約いただいているお客さまと直接コミュニケーションをとり、自社へのロイヤリティをもっと向上させたいという要望をお持ちでした。そこでお客さまにメール配信を行い、興味関心を喚起する施策を提案・実行し、どんな内容のメールなら開封してくれるのか。お客さまの行動データだけでなく、それぞれの場面でのユーザー心理を分析してカスタマージャーニーを設計、「データ分析」×「顧客視点」を軸に、徹底したマーケティングを実施しました。そこから、普段の生活に役立つ情報なら注目される傾向があることを導き出し、雪が降った日に注意すべきことをお知らせする内容を配信したところ、メールの開封率が通常の3倍以上に跳ね上がりました。このように、自分が考えた施策がヒットした時はとてもテンションが上がりますね。

デジタル領域のマーケティングは、成果が数字となってダイレクトに返ってきます。そしてトッパンはデジタル領域でも、Webサイトやアプリ、そしてメールのメッセージなどの「ものづくり」まで担えるため、実際に自分の企画したものが世に出るのをリアルに感じられるところにも仕事のやりがいを感じています。

デジタルの世界で活躍するのに、年齢は関係ない

日々、新しい手法やツールが登場するデジタルの領域においては、その人の発想次第で可能性はいくらでも広がっていきます。そのため、自由に企画し、クライアントに提案することが出来るのも醍醐味の一つです。クライアントに本当に貢献出来る企画を生み出すためには、自分の中にもっと「引き出し」を増やしていかなければならないと考えています。

最近では、お客さまとの接点強化などのマーケティング活動を可視化・自動化するMA(マーケティングオートメーション)ツールなどが注目されていますが、それが世間で流行してから使い始めるようでは競合他社と差別化することは出来ません。常に業界をリサーチして新しいツールを発見し、いち早く自分で試してみて、有効だと思ったら積極的にクラアントに提案します。上司も私が「こんなことにチャレンジしたい」と手を挙げると後押ししてくれます。デジタル領域は、新しい思考や発想次第で先進的なマーケティングが次々と可能になるため、私のような若手でも新しいことを発信出来ます。こうして「引き出し」を増やし、クライアントのどんな課題に対しても、デジタルでの解決策をプロデュース出来るようになることがいまの目標です。

トッパンは、印刷物をはじめとするリアルな情報コミュニケーションの分野で培ってきたバックボーンがあります。それを武器に、デジタル領域でも各業界のクライアントに自分の企画をどんどん仕掛けることが出来ます。デジタルを究めて、社会に影響を与えるような仕事がしたいと考える方には絶好のフィールドだと思いますね。

PRIVATE PHOTO

先日、2泊6日の強行ツアーでコロンビアに行ってきました。学生時代に留学先で知り合った、コロンビアの友人の結婚式に出席するためです。奥様がとても美人で羨ましかったです(笑)。コロンビアの披露宴は夜通しサルサを踊り明かすのが習わしで、とても楽しいひと時でした。

高校時代のサッカー部の旧友たちと、いまでも時々集まってフットサルを楽しんでいます。当時の私のポジションはサイドバック。試合中ずっと走り回っていました(笑)。イングランドのプレミアリーグのアーセナルのファンで、そのうち休暇を取って現地に観戦に行こうと思っています。