採用事例 Works

スターゼン株式会社様

精肉用スキンパック包装 グリーンフラット®

精肉用スキンパック包装 グリーンフラット

バリア性を付与した
紙製トレーで、
精肉の賞味期限延長へ

フードロス削減に貢献する、紙と“GL BARRIER”でできたスキンパック用トレー

スターゼン株式会社様はSDGsの取り組みの一つとして、精肉の賞味期限延長によるフードロス削減への貢献を目指されています。そのような中、海外において主流となりつつあるスキンパック包装の導入を検討されていました。スキンパック用のフィルムとトッパンの透明バリアフィルム“GL BARRIER”によってバリア性を付与した紙製トレーを組み合わせた「グリーンフラット」をご提案し、「デザイン印刷による差別化」と「プラスチック使用量削減」の目的に合致したことで、ご採用いただきました。

「グリーンフラット」は、完全密封されることによるドリップ抑制と、“GL BARRIER”による酸素・水分からの内容物保護により、食品の鮮度保持・賞味期限延長を可能にします。スターゼン株式会社様の精肉製品では、一般的な包装時の賞味期限が「4日」であったのに対し、「グリーンフラット」の採用により、「11日以上」という大幅な賞味期限延長を実現しました。これにより、消費者による「精肉の買い置き」が可能となり、フードロス削減への貢献を実現しています。

なお、当製品は「第60回2021年ジャパンパッケージングコンペティション(JPC)」にて「一般社団法人日本印刷産業連合会会長賞」を受賞しました。

「店頭訴求」と「環境配慮」の魅力をあわせもつ、新しいパッケージ

スキンパック包装は内容物を完全に密封・真空パックできるためドリップ漏れの心配がなく、店頭で「吊り下げ陳列」が可能となり、陳列時の坪効率を高めることができます。紙製トレーへのデザイン印刷を組み合わせることで店頭訴求力をアップさせることも可能です。

また、紙製トレーを利用していることから、一般的なプラスチックトレーと比較してプラスチック使用量を約15%削減することも可能です。「グリーンフラット」は、「店頭訴求」と「環境配慮」の両方の魅力をあわせもつ、新しいパッケージの形の実現に貢献します。

お客さまの声

スターゼン株式会社 営業本部 営業統括部 商品開発部 杉江 仁史様

酸素を遮断する事で精肉の賞味期限を延長し、同時にプラスチック使用量を削減する取組で、食品ロスと環境問題の2つの貢献目標を実現することが出来ました。これからも新しい包装技術や食肉加工の研究に努め、SDGsを推進して参ります。

トッパンはパッケージに関する、
さまざまな課題にお応えします。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
関連事業
関連会社
トップ戻る