採用事例 Works

日本コカ・コーラ株式会社様

フリーズドライ飲料「1,2,CUBE」紙素材チャック付きスタンディングパウチ

フリーズドライ飲料「1,2,CUBE」紙素材チャック付きスタンディングパウチ

トッパンの
「紙素材パウチ」で、
環境配慮と
品質保持の両立を

お客さまの「ビジョン」に応える環境配慮製品をご提案

日本コカ・コーラ株式会社様では2018年より、2030年までにすべてのPETボトルを100%サステナブル素材に切り替えることなどを骨子とした「容器の2030年ビジョン」を策定し、サステナブルな容器の設計と開発に取り組まれています。

この度、新製品であるフリーズドライ飲料「1,2,CUBE」の商品開発に際し、パッケージにおいてサステナブルの訴求を行いたいとのご要望をいただき、凸版印刷が開発した「紙素材チャック付きスタンディングパウチ」をご提案しました。商品を手に取る人に与える「質感・風合いの良さ」も製品イメージとマッチしており、採用いただきました。

環境配慮とユーザビリティの両立を実現したパッケージ

今回、ベースに紙素材を採用したことで、従来のスタンディングパウチと比較して、プラスチック樹脂の使用量を約13%、CO2排出量を約18%削減し、環境に配慮した容器の開発を実現しました。

内容物がフリーズドライ製品であり、防湿性が必要であるという問題は、トッパンの透明バリアフィルム“GL BARRIER”が持つ「バリア性」により解決。また、チャックを付与することで、「利便性」も向上させることができました。環境配慮とユーザビリティの両立を実現していることから、高い評価をいただくことができました。

お客さまの声

日本コカ・コーラ株式会社 マーケティング本部 三瀬浩之様

「1,2,CUBE」はフリーズドライ製法で製造するため、採用する容器にはバリア性とリシール性を必須の条件としていました。当初はプラスチック製容器も検討していましたが、紙素材のチャック付きスタンディングパウチを採用したことにより、製品としての品質を担保しながら、ブランドの世界観をより体現できたと思います。

トッパンはパッケージに関する、
さまざまな課題にお応えします。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
関連事業
関連会社
トップ戻る