経営の基本方針

当社は、「常にお客さまの信頼にこたえ、彩りの知と技をもとにこころをこめた作品を創りだし、情報・文化の担い手としてふれあい豊かなくらしに貢献する」ことを企業理念として掲げ、お客さまや社会とともに発展していくことを経営の基本方針としております。

21世紀の企業像と事業領域を定めた「TOPPAN VISION 21」に基づき、全社員が目的意識と価値観を共有し、新しい技術や事業の確立に挑戦するとともに、社会との関わりのなかで企業倫理を遵守し環境と安全に配慮した企業活動を推進してまいります。

「TOPPAN VISION 21」の実現を通して事業領域の拡大と新たな利益の創出を図り、トッパングループの永続的な発展と、株主の皆さまやお客さまはもちろん、広く社会や生活者から評価され信頼される企業を目指してまいります。

中期経営計画(2021年5月14日公表)

当社は、2021年度を初年度とする中期経営計画(2021年4月~2023年3月)を策定いたしました。本中期経営計画を将来のさらなる成長に向けた「1st Phase」と位置づけ、事業の変革をはかるとともに経営基盤の強化に注力してまいります。

さらに、“Digital & Sustainable Transformation”をキーコンセプトに、各施策を展開することにより、2025年度にはROE5%の達成をめざしてまいります。トッパンは、「DX(Digital Transformation)」と「SX(Sustainable Transformation)」によってワールドワイドで社会課題を解決するリーディングカンパニーとして、持続可能な社会の実現と企業価値の向上をはかってまいります。

Digital & Sustainable Transformation


「DX」と「SX」によってワールドワイドで社会課題を解決するリーディングカンパニーに

中期経営計画

<中長期の重点施策>

中長期の重点施策

<財務方針・資本政策>

財務方針・資本政策