vol. 2 湯地選手インタビュー vol. 2 湯地選手インタビュー
vol. 2
湯地選手インタビュー

2019年8月、ロシア・カザンで開催される、「第45回技能五輪国際大会」。同大会の「印刷職種」に日本代表として出場する、トッパンコミュニケーションプロダクツ川口工場の湯地 龍也(ゆじ りゅうや)選手に、意気込みを聞きました。

モノつくりが好きで、印刷の仕事を選ぶ
モノつくりが好きで、
印刷の仕事を選ぶ

まずは自己紹介と、トッパンコミュニケーションプロダクツに入社した経緯を教えてください。

湯地
湯地
平成11(1999)年生まれの二十歳で、宮崎生まれの宮崎育ちです。学生時代は工業高校で、デザインと木工をやっていました。CADやイラストレーターを使ってデザインしたり、家づくりの基本を勉強したり……主にインテリア関係ですね。もともとモノつくりが好きだったので、九州で開催された「高校生ものづくりコンテスト」に出たこともありました。それを機に、「仕事でもモノつくりに携わりたい」と思って求人票を見ていくうちに、今の会社が気になって、福岡工場へ見学に行ったんです。印刷の現場を見て、「子どもの頃から好きだった漫画や写真集をつくるこの仕事をやってみたい」と思い、平成29(2017)年に入社しました。
湯地選手の高校時代の写真
湯地選手の高校時代の写真

実際にやってみて知った、印刷の難しさ
実際にやってみて知った、
印刷の難しさ

作業風景 作業風景

実際にこの仕事に就いて、感じたことは?

湯地
湯地
「印刷」は想像よりもずっと難しくて複雑、ということですね。その日の温度・湿度・水温・水の成分などのわずかな違いで、これほど品質に影響が出るのかと驚きました。室内の温度が変わると、機械の温まり方が変わる。それによって、インキの粘度が変わり、その乗り具合が変わる。また、温度が高いと紙の質も変わり、印刷していくうちに水を含んで広がってしまう……。常に同じ品質で印刷することがこれほど難しいとは、まったく知りませんでした。

どんな時に、この仕事のやりがいを感じますか。

湯地
湯地
やはり、写真集など、自分が刷ったものが店頭に並んでいるのを見た時ですね。思わず、友達に自慢したくなります(笑)。その商品が売れて評判になると、なおさらうれしいです。

代表選手としての責任の重さを感じて

第45回技能五輪国際大会の代表選手に選出された時の心境を聞かせてください。

湯地
湯地
最初はピンとこなかったのですが、訓練が始まって、海外遠征でドイツにも行かせていただき、だんだんと責任の大きさに気付きました。職場の皆さんにも「現場のことは気にしなくていいから」と背中を押してもらい、本当にありがたく感じています。正直、プレッシャーもありますが、今は「負けられない」という思いが強いですね。ですから、大会での目標は、もちろん金メダルです。国内選考会の時も、思い切って「日本代表になるつもりです」と事前に宣言したことで、自分を追い込みました。だから今回も、逃げられないように、ここに宣言しておきます。
海外遠征先のドイツ、ハイデルベルグ社の前で 海外遠征先のドイツ、ハイデルベルグ社の前で
海外遠征先のドイツ、ハイデルベルグ社の前で

本番まで、判断力の強化を目指す

湯地選手インタビュー風景 湯地選手インタビュー風景

毎日トレーニングを続けていて、感じていることを教えてください。

湯地
湯地
印刷の原理原則や物理的な知識が、圧倒的に増えました。海外のトレーニングでは、日本の職場と違って温度も湿度も管理されていない環境での作業でした。貴重な経験をさせていただきましたので、職場でもそれらをぜひ生かしたいと思っています。とはいえ、毎日、インキや紙の大きさ、紙の質などを変えていろいろと試しているのですが、問題が起きた時、頭の中で対処法が分かっていても、実際にやってみると思うように調整できないことがまだあるんです。状況に応じて基礎知識をどう応用していくのか、そのあたりの判断力の強化が、今後の課題だと感じています。

最後に、国際大会に向けて、意気込みを聞かせてください。

湯地
湯地
国際大会まで、様々な環境でトレーニングを重ね、何があっても対応できるようにしておきたいですね。本番では、あまり細かいことは気にせず、臨機応変な対応を心掛けて、少しでも得点が取れるように頑張ります。

Column
「ゆじ りゅうやに
聞きたい10のコト」

1)小さい頃の夢は?

「〇〇になりたい」という、はっきりした夢はなかったですね。ただ、成人したら両親を居酒屋に連れて行って、一緒に飲みたいとずっと思っていました。両親はお酒が大好きなので(笑)。もう成人したのですが、タイミングが合わずまだ行けていないので、今度行こうと思います。

2)どんな子どもでしたか?

基本的に人見知りで、物静かなタイプだったと思います。その反面、いたずら好きな面もありました。学校で先生に冗談を言って、怒られたこともあります(笑)。

3)好きな芸能人を教えてください

最近特に好きなのは「乃木坂46」。以前からずっと好きなのは、「UVERworld」です。

4)最近はまっていることは?

スノーボード時の写真

4)最近はまっていることは?

去年、初めてやったスノーボードですね。
技能五輪が終わってシーズンになったら、また行きたいと思っています。

5)よく行く街はありますか?

休みに友人と出かける湯地選手

5)よく行く街はありますか?

まだ上京してそんなに経っていないので、
埼玉、東京、神奈川と、いろんな場所に行っています。
和の感じが好きなので、浅草がお気に入りです。
浅草寺はもちろん、水上バスから見た橋の夜景などもすてきでした。冬はお雑煮を食べたり、食べ歩きをしたり、楽しい街だと思います。

6)趣味や休日の過ごし方を教えてください

よく、音楽を聴いています。高校の時はバンドでベースを弾いていました。「UVERworld」や「ONE OK ROCK」、「DOES」など、邦楽ロックバンドのコピーをやっていたんです。今も、そのあたりのバンドが好きで、よく聴いています。

7)ご自身の性格はどんなタイプだと思いますか?

高校の時は、「腹黒い」と言われたことがあります。「ゲスの極み乙女。」がはやっていた頃は「ゲス」とも(笑)。たぶん、何を考えているのかよく分からないタイプに見えるのだと思います。

8)チャームポイントは?

うーん、難しいですね。あまり特徴がないので(笑)。おかしくても、悲しくても、あまり表情に出さないほうなので、「真顔」ですかね?

9)毎日やっていることはありますか?

体のことを考えて、上京してから毎日、牛乳を1パック(500ml)飲むようにしています。それまではあまり気にしていなかったのですが、小学生の時は毎日飲んでいたことを思い出して、「栄養バランス的に牛乳を飲んでおけば間違いないだろう!」と思い、飲み始めました。今では、ジュースやコーラは甘すぎて飲めなくなりましたね。

10)令和になって挑戦したいことはありますか?

一人旅です。今回、海外トレーニングで初めてドイツに行かせていただいたのですが、とても刺激的でした。次は一人で、自分の力で行ってみたいと思っています。