ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

新商材のご紹介 IoT向け無線通信「LPWA ZETA」

写真

IoTの本格普及に向け、通信容量は小さいが大量接続を要求されるニーズにおいては、広範囲、低消費電力、低コストに対応するLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークが注目を集めています。
ZETAは、ZiFiSenseが開発した、超狭帯域(UNB: Ultra Narrow Band)、メッシュネットワークによる広域での分散アクセス、双方向通信が可能といった特長を持つ、IoTに適したLPWA規格です。

ZETA LPWAネットワーク

写真

写真

ZETA ハイパフォーマンス通信モジュール

トッパンでは、ZiFiSense、テクサーとのZETAを活用したIoT事業での協業により、ZETAプロトコルが組み込まれた通信モジュールの製造及び販売についてのライセンス契約を締結しました。トッパンが保有するLSI/モジュール設計のノウハウを活かして、小型化省電力化セキュリティー性向上を目指した開発を行っています。ZETA ハイパフォーマンス通信モジュールは、2019年4月量産開始予定です。

  • ローパワー双方向通信
  • アドホックネットワーク:
    給電後、自動的にネットワークに接続
  • セルフヒーリングネットワーク:
    接続が切れた後に、ネットワークの再接続を試み、データ通信の信頼性を確保
  • ルーティング機能:
    最適なトポロジーおよび通信スケジュールポリシーを選択し、効率的な通信を実現
  • UARTでATコマンド送信:
    UART通信インターフェースにより、一般的なセンサー類と接続でき、シンプルな製品開発が可能
  • リッチなATコマンド:
    モジュールの信号品質、状態、時間、設置モードなどの情報取得が可能
  • 低消費電力:
    待機電流5µA(端末)、~465µA(中継器)
  • 高感度:
    600bps伝送で最大-130dBmの受信感度

写真

フッタエリアはここからです。

PAGE TOP

Copyright © 2019 TOPPAN PRINTING CO., LTD. All Rights Reserved.