銅タッチセンサー

銅タッチセンサー

トッパンはエレクトロニクス製品で培った微細加工技術を応用展開し、静電容量型タッチパネル用の銅センサーフィルムを開発。
銅を電極材として使用することで、抵抗値を大幅に低減、操作性の向上と大型化・軽量化を可能としました。
タッチセンサーの企画・設計から生産まで、お客さまのさまざまなニーズにお応えします。

特長

銅タッチパネルモジュール

タブレット端末・PCや大型ディスプレイ、デジタルサイネージ向けに独自の銅薄膜を形成したフィルムを開発。高度なエッチング技術で、高精細な電極をパターンニングしています。さらに、銅(電極)を独自の黒化処理加工を施し、視認性とコントラストを向上させています。

  • 低抵抗

→ 大型化、ノイズ耐性、 高速動作、狭額縁

  • 高透過率

→ 高い視認性

  • 銅黒化処理

→ コントラストの向上

  • 電極・引き出し配線を一括形成

→ 狭額縁、品質安定、工程削減(低コスト)

  • 銅タッチパネルモジュール

  • 銅タッチパネルモジュール

仕様

基材

: PET(50μm,100μm)

パターン 最小線幅

: センサー部分 3μm

最小線幅

: 配線部分 15μm

最小間隙

: 配線部分 20μm

性能 抵抗値 : メッシュ状態 5Ω
透過率 : タッチパネル状態 88%
ヘイズ : タッチパネル状態 1.5%
黒化処理 : 4面黒化可能
最大サイズ : ~60インチ (最大幅800mm)