各種ディスプレイ向け
カラーフィルタ

【ディスプレイ用カラーフィルタ】

カラーディスプレイの画質を左右する重要な部材がカラーフィルタです。トッパンは、印刷の製版技術をベースとする超微細加工技術を応用し、1971年にビデオカメラ向け撮像管用カラーストライプフィルタを開発しました。以来、カラーフィルタのトップメーカーとして、大型液晶テレビやタブレット端末、スマートフォンなど、様々な用途向けにカラーフィルタを提供しています。

カラーLCDパネルの構造

光がカラーフィルタを通ることでカラー画像が生み出されます。

ディスプレイ市場とカラーフィルタへの要求

市場にはさまざまな用途、サイズのディスプレイがあり、カラーフィルタに求められる特性も多種多様です。
トッパンでは、市場のニーズに対応した最適なカラーフィルタを提供するため、日々研究・開発を進めています。