カラーフィルタは、ディスプレイやイメージセンサーなどの画像入出力デバイスの画質を左右する重要な部材です。印刷の製版技術をベースとする超微細加工技術を応用し、ガラスやシリコンウエハなどの上にカラーフィルターやマイクロレンズや電極などのパターンを形成しています。

マイクロコーターやスパッタなどによる精密塗工技術やラミネート技術、材料開発技術を駆使して、フィルム上に超微細な配線をパターニングした銅タッチセンサー、フラットディスプレイパネル用の反射防止フィルム、電気のオンオフで透明・不透明を瞬時に切替え可能な液晶調光フィルムを開発・製造しています。

フォトマスクは、ガラス基板の遮光膜に非常に微細な回路パターンを形成したもので、複雑な半導体の回路をシリコンウェハに焼き付けるときの原版です。半導体用フォトマスクのほか、各種研究・開発用ガラスマスクや、シリコンステンシルマスク、ナノインプリント用モールドなどを開発・製造しています。

高度なフォトリソグラフィー技術やビルドアップ配線技術を駆使して、LSIの高性能化・小型化などのニーズに応えるFC-BGAサブストレートや各種リードフレームを開発・生産しています。

フォトエッチング技術を応用展開して、エレクトロニクス製品をはじめとしたさまざまな機器に使用される内装部品・外装部品や治具など、幅広い分野の製品を製造・販売しています。

半導体回路の設計から試作・量産化までのターンキーサービス、TFT液晶ディスプレイや各種センサーなどのモジュール、各種の機器類など、トッパンの持つさまざまな要素技術を融して、さまざまなデバイスの設計・開発を行なっています。

トッパンは、エレクトロニクス関連部材や各種デバイスの開発だけでなく、創業以来培ってきた印刷テクノロジーと、AIやIoTなどのテクノロジーを融合させたソリューションサービスを提供しています。