電子ペーパーソリューション
電子ペーパーソリューション
トッパンでは、業界標準のE Ink方式電子ペーパーを採用しています。ここでは電子ペーパーの表示原理を、白黒表示と白黒赤表示に分けて説明します。

白黒表示


マイクロカプセル内の白と黒の帯電顔料に電圧を加え、電気泳動により白黒の画面を表示させることができます。
アメリカMITのメディアラボで生まれ、その後E Ink社で商用化され、黎明期から電子ペーパー業界を牽引してきた技術であり、現在、多くの電子書籍や産業用途で採用されています。

白黒赤表示


マイクロカップ内の白黒赤3色の帯電顔料に電圧を加え、電気泳動により、白黒そして赤を分けて、白黒赤の画面を表示することができます。この技術は主として電子棚札(ESL)で採用されています。

表示部材である前面板と駆動用の背面板を組み合せて電子ペーパーパネルは作られます。

記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。