「人間尊重」の考え方を基本的な精神として、
トッパンとサプライチェーンの全体で
人権に配慮した事業活動を行うための取り組みを進めています。

基本的人権の尊重

トッパンは「人間尊重」の考え方を基本的な精神として事業活動を行っています。これを確実なものとするため「行動指針」の中で、基本的人権を尊重することを定めています(人格と個性の尊重、差別行為やハラスメント行為の禁止、児童労働・強制労働の禁止、法令の遵守)。また、基本的人権やハラスメント行為に関する教育を階層別研修の中で行うことで、問題発生の予防に努めています。

さらに、これをサプライチェーン全体に浸透させるため、トッパングループ「CSR調達ガイドライン」の中でも基本的人権に関する事項を定め、取引先にも要請をしています。