社会的価値創造企業を目指して

トッパンでは、持続的な社会の実現のために社会的価値創造企業となることを目指し、「企業理念」と「事業領域」からなる「TOPPAN VISION 21」を定め、社会や地球環境と調和しながら成長を続けるための基本的な考え方や活動の方向性を示しています。

企業像は「企業理念」、「経営信条」、「行動指針」の3つから成り立っています。「企業理念」は、トッパンが最も大切にすべき価値観や考え方、目指すべき姿を表しています。「経営信条」は、実際に企業活動を行う際の規範を示しています。「行動指針」は、企業人として社会人としての基本的な考え方や行動のあり方を定めています。

事業領域は、リソースごとに分類された5つの事業系で培ってきた「技術・ノウハウ」と「市場・顧客」から成り立っています。この「市場・顧客」では、今後重点的に取り組むべき成長領域を「健康・ライフサイエンス」、「教育・文化交流」、「都市空間・モビリティ」、「エネルギー・食料資源」としています。これらの4つの成長領域と5つのリソースからなる事業領域をベースとし、さらにそれぞれのステークホルダーとのかかわりの中から、あらゆるサービス・製品・ソリューションの提供を通じ、社会的価値の創造を目指しています。

トッパンの事業領域

トッパンのサステナビリティ活動

トッパンは、「国連グローバル・コンパクト」を活動の原則に、また組織の社会的責任に関する国際規格「ISO26000」を活動の指針として、さらには「SDGs」を活動の目標として取り入れてサステナビリティにかかわる活動を展開しています。トッパンは、社会的価値創造企業として永続的に発展するためにSDGsが示す課題に積極的に取り組んでいきます。

2015年9月の国連総会において、世界共通の開発目標である「持続可能な開発目標( SDGs:Sustainable Development Goals)」が、日本を含む世界193カ国で採択されました。SDGsは、2030年までに国際社会が解決すべき社会的課題として17の目標と169のターゲットが体系化されており、課題解決には企業の積極的参加が期待されています。

1900年の創業以来、トッパンは、時代とともに変化する市場・顧客のニーズを把握し、「印刷」をルーツとするあらゆる技術・ノウハウを通じて、様々なお客さま企業の課題解決を支援する事業活動を行ってきました。1世紀以上にわたって培った「印刷テクノロジー」をあらゆる分野に応用し、現在取り組んでいる事業領域が形成されています。

BtoBを主たるビジネスモデルとしているトッパンは、お客さま企業のパートナーとして、ともにその課題に取り組むことにより、社会が抱えるグローバルな社会的課題の解決に寄与するという特徴を備えています。SDGsが示している社会的課題は、まさにトッパンが取り組むべきものであり、機会とリスクの両面からこれを捉え、経営に統合しながら、その解決に向けたサステナビリティの取り組みを推進していきます。

今後、トッパンの企業活動および「事業領域」とSDGsとの関連性を分析し、SDGsの17の目標と169のターゲットの中からトッパンが取り組むべき重要なテーマ(マテリアリティ)を抽出し、その達成に向けたロードマップを策定していきます。

ステークホルダーとの対話