消費者に対する責任として、製品の安全性確保や
個人情報保護など、
安全・安心への取り組みを行っています。
また、より使いやすく魅力的な製品・サービスの開発に
取り組んでいます。

製品の安全と品質保証

事業所の監査
内部監査員養成研修

「製品の安全管理についての基本理念」と「製品の安全管理についての基本方針」を制定し、全事業所で品質マネジメントシステム(ISO9001)認証を取得・維持し、継続的な品質改善に取り組んでいます。このため、安全管理を支える人財育成として、内部監査員の養成も積極的に行っています。
とくに安全衛生面で高い品質保証が求められる食品関連事業では、独自のガイドラインに基づく監査を実施し、監査結果から評価・ランクづけして製造を許可する認定許可制度を採用しています。
製品に含有される化学物質管理については、原材料調達から製品出荷まで、全工程にわたる各種禁止・規制化学物質に対する管理を行い、製品安全管理のより一層の推進を図っています。

ユニバーサルデザイン(UD)の取り組み

ユニバーサルデザイン(UD)の取り組み

生活者の社会的倫理観の向上、「心地よい」など感性価値を重視する消費スタイルの広がり、少子高齢化などにより、近年UDの役割が大きくなっています。
トッパンでは、「トッパンユニバーサルデザイン宣言」と「トッパンユニバーサルデザイン原則」を制定しており、わかりやすさ・使いやすさなどの機能性への配慮に加え、カスタマイズの思想や感性への配慮も重視した活動を行っています。

個人情報保護の取り組み

トッパンでは、ダイレクトメールの処理・発送、カード発行・加工、キャンペーン事務局業務、Web関連業務などにおいて、多くの個人情報をお預かりしています。お客さまの安心・安全のご要望に応えるため、またサービスの付加価値向上を確かなものとするため、より一層の安全管理に努めています。

持続可能な消費への貢献

CSRレポート冊子

トッパンでは、持続可能な消費に貢献する製品・サービスを多数開発、販売しています。
また、製品・サービスによるCO2排出量を数値で表し、消費者にわかりやすく伝達する仕組みである「カーボンフットプリント」にも積極的に取り組んでいます。これらを通じて、消費者一人ひとりの購買行動などが環境に配慮したものに変化していくために、企業が果たすべき責任に取り組んでいます。