「安全道場」で、災害ゼロを目指す
安全作業の重要性を改めて教育

トッパンは2010年9月、グループの従業員一人ひとりの危険に対する感受性を養うことを目的として、
埼玉県川口市のトッパン研修センターに、体感教育ができる施設「安全道場」を開場しました。
ここで学んだことを、受講者がそれぞれの職場の改善に活かせるよう教育を行っています。
そこには「災害ゼロを達成できる職場を目指す」という経営の強い思いがあります。

安全道場とは

「見て・触って・学んで・考えて」
改善活動につなげることが出来る道場

開設の背景

製造業の中でも印刷業は、労働災害の発生割合を示す度数率、強度率という数字から見て、災害はさほど多くはないのですが、ゼロというわけではありません。そうした中、労使一体で幾度となく話し合いの場を設け、その結果、誰もが安全で安心して働ける、災害のない職場づくりに向け、全社を挙げて改めて安全活動の推進・強化に取り組んでいくことにしました。

「安全道場」の内部
「安全道場」の内部
体感教室の様子
体感教室の様子

安全衛生基本方針

トッパングループでは、2010年6月に「安全衛生基本方針」を策定し、災害ゼロに向け全事業所が取り組む活動内容を明確にするとともに、「事業活動を行うにあたり最優先すべきは安全である」と、強く宣言しました。

安全衛生基本方針はこちら

体験学習とは

何が危険かを知ること
(不安全状態)
危険とは何かを知ること
(不安全行動)
安全・安心を確保する

ご利用案内

安全道場では、「挟まれ・巻き込まれ体感機」「発火・帯電体感機」などの危険体感機の設置および「安全装置」「保護具」「防火・防災関連用品」などの紹介を行い、従業員一人ひとりの危険に対する感受性向上を図ると同時に、安全道場で学んだことが自職場の改善に活かせる教育を行っています。
さらに、この安全道場を見学・研修の場「体験学習」として社外にも広くご利用いただくことによって、社会貢献とCSR向上に取り組んでいきたいと考えております。見学・研修をご希望の一般見学者の方は、下記の受講項目を参考にお問い合わせください。

安全道場 体感受講項目

安全体感

災害発生のメカニズムとして、「人」「設備」「管理」「作業環境」の4つの視点から見直し、「不安全状態」「不安全行動」とはどういう時に発生するのか、体感機を通して学ぶことができます。

受講者体感 実演説明 講師説明
体感名 体感形態
1 ローラー巻き込まれ・プレス挟まれ体感 15 受講者体感
2 Vベルト・チェーン巻き込まれ体感 15 受講者体感
3 ボール盤巻き込まれ体感 5 実演説明
4 残圧挟まれ体感 5 実演説明
5 チャッキング挟まれ体感 5 受講者体感
6 インターロック 15 実演説明
7 センサー体感機 15 実演説明
8 階段転倒体感 15 受講者体感
9 転びの予防体感 45 受講者体感
10 ヒューマンエラー体感 10 受講者体感
11 切れ・こすれ 10 実演説明
12 落下・衝撃 5 実演説明
13 保護具関連 15 講師説明
14 基本的な工具の正しい使い方 15 受講者体感
15 Vベルト適正張力の見える化 5 実演説明

No1. ローラー巻き込まれ体感・プレス挟まれ体感

回転している2つのローラーに引きずり込まれるように手が巻き込まれることを体感します。
プレス機械に手がつぶされる怖さを体感します。

No2. Vベルト・チェーン巻き込まれ体感

Vベルトやチェーンとプーリー(回転体)の間に割箸を差し込み、巻き込まれた際の衝撃を体感します。

No3. ボール盤巻き込まれ体感

軍手をはめた擬似手をボール盤のドリルに接触させ、軍手や袖の長い衣類を着用することが巻き込まれを引き起こすことを体感します。

No4. 残圧挟まれ体感

エアー残圧で挟まれた際の威力を体感します。

No5. チャッキング挟まれ体感

機械のチャッキング部分に割箸を差し込み、挟まれた際の衝撃を体感します。

No6. インターロック

正常な動作・運転を逸脱した場合にも安全を確保する安全機構を学習します。1台で8種類の安全装置を紹介します。

No7. センサー体感機

各種光電センサーの紹介と正しい取り付け方やセンサーから危険源までの適正な距離などを学習します。

No8. 階段転倒体感
No9. 転びの予防体感

「安全対策を施した模擬階段」と「危険要素を持つ模擬階段」を昇降し、転倒災害発生のメカニズムを学習します。

No10. ヒューマンエラー体感

簡単なゲームにより、指差呼称の効果と重要性を体感します。

No11. 切れ・こすれ

カッターなどによる「切れ・こすれ」災害を防止するために、どのような対策が有効か学習します。

No13. 保護具関連

ヘルメットなどの保護具や腰痛防止スーツについて学習します。

No12. 落下・衝撃

普通の靴、安全靴それぞれに重量物を落下させ、靴の中の缶のつぶれ方の違いにより安全靴の有効性を体感します。
普通の靴の中の缶はつぶれる。(左)
安全靴の中の缶はつぶれない。(右)

No14. 基本的な工具の正しい使い方

工具類の正しい使い方について実習を通して学習します。

No15. Vベルト適正張力の見える化

Vベルトの緩みを見える化する「からくり改善」を用いて事故につながる危険性があることを学びます。

衛生体感

日常業務の中では、衛生状態を維持することによって病気や体調異変を防ぐことが大切です。その為に有効な健康・衛生グッズやAEDを用いて除細動を行なう為のトレーニングキットなどを紹介しています。

受講者体感 実演説明 講師説明
体感名 体感形態
16 心肺蘇生・AED体感 60 受講者体感
17 腰痛防止体感 15 受講者体感
18 耳栓チェッカー体感 10/人 受講者体感
19 マスクフィットテスター体感(防塵マスク) 10/人 受講者体感
20 臭気体感 10/人 受講者体感
21 手洗い評価体感 10 受講者体感
22 熱中症対策 5 講師説明

No16. 心肺蘇生・AED体感

突然遭遇するかもしれない心停止状況の場面。その時落ち着いて胸骨圧迫やAEDの操作ができれば、救命率向上の手助けになります。AEDが到着するまでは胸骨圧迫が必要です。胸骨圧迫の実技を通じてAEDの使用方法、操作を理解します。

No17. 腰痛防止体感

腰痛を防止するために重量物の正しい持ち方などを学習します。

No18. 耳栓チェッカー体感
No19. マスクフィットテスター体感(防塵マスク)

チェック機を用いて耳栓や防塵マスクの正しい装着方法を学習します。

No20. 臭気体感

防毒マスクの着用による臭気の変化を通じて呼吸缶の効能を体感します

No21. 手洗い評価体感

日常の手洗い習慣が適切に行なえているかキットを用いて評価します。
ブルーライトで手に残った汚れを可視化します。

No22. 熱中症対策

熱中症対策の各種アイテムについて学習します。

防火・防災体感

火災発生には大きく分けて、静電気火災と電気火災があります。有機溶剤引火をまねく静電気の放電や定格容量オーバーによる電気火災などの危険を防ぐ為にも正しい知識を身につけ、ルールを守ることが大切です。

受講者体感 実演説明 講師説明
体感名 体感形態
23 静電気帯電体感 15 受講者体感
24 静電気対策・装置 5 実演説明
25 剥離帯電体感 10 実演説明
26 流動帯電体感 10 実演説明
27 アース体感 5 実演説明
28 引火体感 10 実演説明
29 タコ足配線・トラッキング 15 実演説明
30 摩擦発熱体感 10 受講者体感

No23. 静電気帯電体感

静電気発生のメカニズムと静電気の危険性と対策を学習します。

No24. 静電気対策・装置

静電気による放電状態。

No25. 剥離帯電体感

ローラーとフィルムなどの基材が剥離する際の帯電現象と対策を学習します。
除電紐(画像内、黄色の紐)による除電効果を確認します。

No26. 流動帯電体感

細いチューブに高速で有機溶剤に見立てた液体を送った際の帯電現象と対策を体感します。

No27. アース体感

絶縁状態とアースの正しい設置の仕方を学習します。

No28. 引火体感

溶剤およびガスの静電気火災とガス爆発を体感します。

No29. タコ足配線・トラッキング

蛸足配線による電気火災の怖さと定格容量の遵守および電気火災の防止策を学習します。
電源プラグを長期間差し込んでいたことによるトラッキング発火の原理とその予防策を学習します。

No30. 摩擦発熱体感

回転体における軸部分で、潤滑油が不足したことなどによる摩擦発熱を体感します。

教育体感

労働災害や職業性疾病を防止するためには、機械や設備を安全な状態で使用するだけでなく、これを使用する労働者に対して適切な作業・操作手順などの教育を実施する必要があります。
トッパングループ安全道場では、社内で展開している、職長教育や安全管理者選任時研修、KYT(危険予知訓練)の実演指導などの安全教育を社外向けにも行うことができます。
※職長教育:720分(12時間)、安全管理者選任時研修:540分(9時間)は複数日程で開催可能

受講者体感 実演説明 講師説明
体感名 体感形態
31 安全管理者選任時研修(安衛法第11条) 540~ 実演説明
32 職長教育(安衛法第60条) 720~ 実演説明
33 KYT導入教育 90~ 講師説明

その他

災害発生時に有用な各種アイテムや通電火災の防止策事例を紹介します。

受講者体感 実演説明 講師説明
体感名 体感形態
34 災害発生時グッズ 10 実演説明
35 家具転倒防止グッズ 5 実演説明
36 通電火災防止 5 実演説明
37 ミラー関連 5 実演説明
38 簡易担架の作成体感 10 実演説明
39 高輝度蓄光標識 5 受講者体感

No34. 災害発生時グッズ
No35. 家具転倒防止グッズ
No36. 通電火災防止

事業所での災害防止や地震などの自然災害が発生した際に有用な各種アイテムを紹介します。

No37. ミラー関連
No38. 簡易担架の作成体感
No39. 高輝度蓄光標識

事業所での災害防止や地震などの自然災害が発生した際に有用な各種アイテムを紹介します。

トッパングループ安全道場体感受講申込書

お申込・お問い合わせ先

トッパングループ安全道場
TEL: 048-225-5364

お申込は申込書をダウンロードし、ご記入のうえご返信下さい。
返信先は申込書に記載しています。

申込書(Excel) もしくは申込書(PDF)
のいずれかをご利用下さい。

地図・アクセス

お問い合わせ先

トッパングループ安全道場師範
TEL: 048-225-5364
住所: 埼玉県川口市弥平4-3-1 トッパングループ研究センター内