2020年夏、東京。42.195km。

2020年夏、東京。42.195km。
2017年10月27日 新聞掲載

2020年夏、東京。42.195km。

想像してください。その日完成したばかりのビルやショップが立ち並ぶ通りは、旗を振る人で埋め尽くされている。ビジネスマンが行き交う交差点を、選ばれしランナーたちが駆け抜けていく。数々のドラマを生んできたマラソン。その日、私たちは何を目撃し語り継いでいくのか。2017年、今この瞬間にも世界のどこかに、その日のために走っている誰かがいる。そして、この東京の街のどこかにも1000日後に迫った祭典の備えを進めている人がいる。東京2020が世界の記憶に残る大会になるために…。トッパンも、印刷テクノロジーで走り始めています。