ニュース・トピックス

最新情報をご覧になれます。

ニュースリリース

2020/11/16

古代出雲大社の高層神殿をARとVRで再現

高さ約48mと伝えられる古代出雲大社の高層神殿を ARやVRで楽しむことができる多言語コンテンツを制作 出雲大社の歴史理解の促進や、地域観光の活性化に貢献

ニュースリリース

2020/11/13

凸版印刷、オンライン×フィールドワークを一体化した 新たな学びのプログラムを開発

「教育×観光」の循環を目指す「宝島キッズラーニングプロジェクト」が環境省の実施する 「国立・国定公園への誘客の推進事業」に採択。子どものアクティブラーニングと地域活性化を支援

ニュースリリース

2020/11/10

宇宙でのアバター技術活用に向けた第一歩として
宇宙を身近に感じる 宇宙-地上間の技術実証を実施

〜「AVATAR X space avatar 宇宙を身近に感じよう」〜
世界初、国際宇宙ステーションの宇宙アバター「space avatar」を操作
JAXA展示施設をアバター技術で自宅等から遠隔見学

ニュースリリース

2020/11/06

凸版印刷、5G×分身ロボで高尾山の絶景を鑑賞

東京都主催「あたらしい生活様式 なるほど博」にて 高尾山と会場を5Gでつなぎ、山頂に設置した分身ロボットを自由に操作しながら 景色を鑑賞する実証実験を実施

ニュースリリース

2020/10/20

凸版印刷、教育機関で「VoiceBiz®」の実証実験開始

多言語音声翻訳アプリ「VoiceBiz®」の実証実験を教育機関で実施 教員と在留外国人の児童生徒および保護者とのコミュニケーションを支援

ニュースリリース

2020/10/12

凸版印刷、デジタル技術を活用した文化・芸術支援事業を開始

文化庁「文化芸術収益力強化事業」において、コンテンツの制作・配信など デジタルの側面から文化芸術団体を支援。10月12日(月)より団体募集を開始

ニュースリリース

2020/10/09

凸版印刷、教育機関向け「多言語WEB連絡帳システム」を開発

教員と保護者が言語を意識することなくWeb上で定型文を選択し 連絡内容を多言語で通知する「多言語WEB連絡帳システム」の実証実験を開始

ニュースリリース

2020/10/09

川島町と凸版印刷、着地型観光プログラムで地域活性化を推進

地域包括連携協定を結ぶ川島町の地域活性化に向けた取り組みとして ニューノーマルに配慮した着地型観光プログラムの実証実験開始

ソリューション・サービス

2020/10/07

【NEW】【自治体様向け】移住マッチングWEBサービス

画像診断アルゴリズムにより、移住希望者の理想の暮らしを言語化、効果的にPRできる移住支援ウェブサイトを2020年秋にサービスを開始します。

ニュースリリース

2020/09/15

凸版印刷、「地域Pay®」が長野県岡谷商工会議所の「Okaya Pay」で採用

地域のキャッシュレス化を実現する決済プラットフォーム「地域Pay®」で 岡谷市の消費活性化や観光客誘致を支援、マイナポイントにも対応

ニュースリリース

2020/09/10

凸版印刷、「日本の伝統文化を体感する」オンラインツアーを販売開始

最先端VR映像や文化の継承者との交流を組み合わせた、臨場感あふれるオンラインツアー「Profound Tourism オンライン」を販売開始。 企業研修などでの活用を目指し、コロナ禍における新しい体験価値を提供

トピックス

2020/09/02

【NEW!】ソーシャルイノベーションニュースを更新しました

8号 ゲノム編集とデジタル技術が拓く未来
~最先端バイオテクノロジーの社会実装を加速する~
SOCIAL INNOVATION NEWSは、さまざまな社会課題をビジネスの手法で解決をしていく、その先進的なトピックや事例、またトッパンの取り組みを紹介する媒体として創刊しました。

ソリューション・サービス

2020/08/29

~あなたの地域の魅力を発信~
地域のオリジナル 観光アプリを開発

地域独自のアプリをカスタマイズ制作 「旅道®OEM」とは、全国版「TABIDO」の仕組みを用いたアプリ開発サービスです。 充実の基本機能・コンテンツにオプション機能(有償)を選ぶだけ。 旅行中のガイドから、旅行前後の情報配信まで、ワンストップで行えます。

ニュースリリース

2020/08/28

自動『同時通訳』技術の研究開発コンソーシアムを設立

~官民の総力を挙げて『同時通訳』の自動化を実現~

ニュースリリース

2020/08/28

AI画像解析を使用したガードレール支柱腐食点検システムを開発

凸版印刷、イクシス、ケー・エフ・シーの3社でAI画像解析を活用したシステムを共同開発 目視で行っていたガードレール支柱の腐食を自動で検出し、点検作業の負荷を低減   一般道路・鉄道・公共建物などの点検システムへ用途の展開が可能

ニュースリリース

2020/08/19

凸版印刷、多様な学習体験を統合した新ICT学習サービス「navima」を開発

子ども一人ひとりが自分に合った学びを見つけ、自分のペースで学びを進める、 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォームで個別最適化学習を支援

ニュースリリース

2020/07/16

凸版印刷とグラファー、住民・自治体双方における行政手続きのDXを支援

凸版印刷の窓口申請業務電子化サービスやBPOソリューションと グラファー社の非対面型行政手続きオンライン化サービス提供ノウハウを融合、 庁内外のシームレスな行政手続きのデジタル化を目指し資本業務提携を締結

ニュースリリース

2020/07/16

凸版印刷、祇園祭山鉾巡行をデジタルで支援

Web上で閲覧できる「リモート山鉾巡行」を制作 新型コロナウイルスの影響で中止となった祇園祭山鉾巡行をオンラインで体感

ニュースリリース

2020/07/07

凸版印刷、経済産業省『「未来の教室」実証事業』の成果公開

タブレットを活用した学習サービスの有効性を実証、 低学力層の習熟度向上や基礎学習における授業時間の削減に寄与

ニュースリリース

2020/06/17

凸版印刷、音声翻訳サービスを医療機関に初導入

筑波大学附属病院で外国人患者とのコミュニケーションに 音声翻訳サービス「VoiceBiz®(ボイスビズ)」が採用

ニュースリリース

2020/06/08

凸版印刷、全国展開される統一QR普及事業に参画

総務省が推進する「統一QR『JPQR』普及事業」の請負事業者として 統一QRの全国普及による、キャッシュレス社会の実現を支援

ソリューション・サービス

2020/05/28

混雑状況可視化サービス「nomachi」(ノマチ)

『nomachi』は空席情報や混雑情報をセンシングし、リアルタイムに表⽰できるサービスです。 店舗の混雑・空席情報を可視化することはもちろん、飲⾷テナントビルの空席情報を1階エントランスサイネージで表⽰したり、 レストランや共有エリアの混雑状況をデバイスでご案内できます。

ソリューション・サービス

2020/04/01

【遠隔体験サービス】IoA仮想テレポーテーション®

遠隔地にあるテレポートデバイスの視点でモノを見る・人に会うなど、距離・時間を超えて自分がそこにいるかのような感覚で遠隔体験ができるサービスです。

ソリューション・サービス

2020/01/29

自治体向け避難所開設キットを販売開始

災害が起きた際、住民が容易に避難所を開設・運営できるキットです。
避難所開設に必要なタスクごとに、手順やツールを分けてケースに収納しているので、効率的な避難所開設が可能です。

イベント・セミナー

2020/01/14

「ワーケーション実証」についてご紹介しました

2019年12月9日に開催されたシンポジウム
「ワーケーション・サミット2019 ~働く/休む進化するカタチ~」にて、大分県別府市で実施した「イノベーション創出型ワ—ケーション実証」についてご紹介しました。

ソリューション・サービス

2019/12/24

遠隔コミュニケーション支援サービス TeleAttend(テレアテンド)

「TeleAttend™」(テレアテンド)は、XR技術(AR/VR)を活用して、物理的には遠く離れた自分と別の場所にいる相手が、あたかも同じ空間内に存在しているかのような状況を作り出し、遠隔でのコミュニケーションを可能にする「遠隔コミュニケーション支援サービス」です。

イベント・セミナー

2019/11/21

NIPPON GALLERY TABIDO MARUNOUCHI SDGsセミナーレポートを更新しました。

SDGs サステナビリティを追求する先端企業の挑戦 これまで企業によるSDGsでは、SDGs目標12「つくる責任、つかう責任」の”つくる責任”が中心でした。ところが、海洋プラスチックごみ問題等への関心の高まりから”つかう責任”への挑戦が活発になり始めました。 ”つかう責任 “にもフォーカスした企業におけるイノベーションについてお話しをいただきました。

イベント・セミナー

2019/08/08

ソーシャルイノベーションセミナーのレポートを更新しました

6月18日(火)NIPPON GALLERYにて開催したソーシャルイノベーションセミナーのレポートを更新しました。
SDGsへと向かうイノベーション
ー自治体と企業がパートナーで進める地域経済の質の変え方ー
「持続可能な社会構築に貢献する企業」にシフトすることが「持続可能な企業経営に有益である」という考えをベースとした京都市の産業振興を事例としながら、自治体と企業が互いにパートナーシップを発揮して、好循環を起こすためのヒントや失敗談、苦労した点などを交えてご紹介しました。

イベント・セミナー

2019/08/02

自治体総合フェア2019展示会レポートを更新しました

地域の魅力をデザインする
~トッパンの地域活性化ソリューション~

●展示会レポート内容
・観光情報の発信支援
VRを活用した地域の観光資源開発・発信や自治体向け観光アプリ
・地域インフラ整備支援
多言語環境整備や地域マネー・ポイントの電子化、窓口業務の効率化
・防災力向上支援
平常時の防災意識の向上、緊急時の情報収集・発信・伝達等

●セミナーレポート
・増加する外国人に対応した多言語環境整備
・文化財のデジタル化と地域振興・産業振興について

取り組みに関する
お問い合わせはこちら

CONTACT