地域スーパーを核とした
地域包括ケアシステムの構築を促進する

ホクノー健康ステーション

ホクノー(経済産業省)

毎日訪れるスーパーを起点に住民の
「健康づくり」「居場所づくり」「役割づくり」
の支援や新たな互助の仕組みを構築

ホクノー健康ステーション

事業概要・施策

[課題背景]

札幌市厚別区もみじ台地区は、1985年の人口約26,000人をピークに現在約15,000人まで減少、高齢者率は46%と札幌市で最も高い割合になっています。高齢者の一人暮らし、生活保護や年金生活世帯が多いこともあり、健康面まで十分配慮できていないケースが多く、運動不足や買物難民化など、さまざまな課題を抱えています。

[事業概要]

地域の中核的なスーパーであるホクノーの店舗内に「健康ステーション」を配置しました。 日常生活圏域内の地域スーパー内に設置することで、おもにシニア層を対象に、身体的・精神的・社会的な健康づくりに寄与するサービスを総合的に提供する仕組みを構築しました。

[具体的な取り組み]

  • ヘルスケア関連の講座・教室(運動・食事・社会参加)
  • 健康管理サービス(ICT)
  • アクティブシニアを活用した生活支援サービス
  • 健康ポイントサービス
  • 健康関連商品・サービスの紹介・検証
  • 健康相談サービス
  • 地域包括ケアシステムにかかるサービスの相談対応および情報発信
  • 健康ポイントサービスの来店ポイント端末

    健康ポイントサービスの来店ポイント端末

  • インストラクターの指導による運動講座

    インストラクターの指導による運動講座

  • 健康管理サービスのバイタル測定の様子

    健康管理サービスのバイタル測定の様子

  • 住民の健康に寄与する講座開催や商品展示などを実施

    住民の健康に寄与する講座開催や商品展示などを実施

トッパンの
ソリューションポイント

健康をきっかけに新たなコミュニティを創出することができる「健康ステーション」

公民館や保健所などのスペースを活用。各種測定機器による計測データを健康WEB管理システムで管理し、日々の健康状態を可視化します。
健康だけでなく、多世代の住民が気軽に集まれるコミュニティスペースを構築することができます。

健康ポイントサービスの構築

ポイントカードを活用し、健康ステーションへの来店によりポイントを付与。買い物に活用できる仕組みを構築しました。

多職種連携による事業運営

エリアの住民組織、自治体、公的機関、医療機関、大学、民間事業者などが一体となって事業を運営しました。

事例の詳細や取り組みに関する
お問い合わせはこちら

CONTACT