知財・アーカイブ

最先端の技術を駆使したデジタルアーカイブ、
各種知財・コンテンツの利活用を提案します。

知財・アーカイブ

[背景]

文化財は、今日まで守り伝えられてきた貴重な国民的財産です。このため国は、文化財の保存・修理、公開施設の整備や鑑賞機会の拡大を図るなど、利活用のための取り組みも推進しています。
また、近年発生している大きな災害の教訓を後世に伝える災害記録のデジタルアーカイブ化が被災自治体などを中心に始まっています。

[具体的な取り組み]

トッパンでは、人類のかけがえのない資産である文化財や貴重な史資料を後世へ継承するためのデジタルアーカイブ事業に取り組んでいます。
文化財をはじめ、知的資源や情報のデジタル化、アーカイブ化、コンテンツ化、およびその全体のプランニングをワンストップで提供することで、新たな価値創出に貢献しています。
また、デジタル化された文化財アーカイブを圧倒的な臨場感と没入感のある仮想体験として、インタラクティブに鑑賞することができるVR (バーチャル・リアリティ) シアターなど、デジタル文化財の新たな価値創造や利活用にも力を入れています。

トッパンが取り組む知財・アーカイブの領域 トッパンが取り組む知財・アーカイブの領域

私たちの強み

POINT1

知財管理・アーカイブ化から利活用までをワンストップでサポート

知財管理・アーカイブ化から
利活用までをワンストップで
サポート

「情報資産」の保全・管理・活用に関わる、あらゆる課題解決をワンストップでサポートします。 高セキュリティ環境でのデジタル化作業や管理により情報資産を守るだけでなく、その価値をより魅力的なかたちで発信するさまざまな利活用手法を提案します。

POINT2

貴重な情報資産を遺す高精細デジタル技術

貴重な情報資産を遺す
高精細デジタル技術

高精細で高品質な4K映像データは、4K動画としての臨場感の訴求力はもちろん、データコンバートによりWEBや各種の配信、また印刷物の画像データとしても活用可能。VRでは、コンピュータ上で超高精細にCGを描画することを可能とする、当社独自のリアルタイム・レンダリング・エンジンを使用しています。

POINT3

専門スタッフと有識者の監修による忠実な再現性

専門スタッフと有識者の
監修による忠実な再現性

トッパンでは、文書情報管理士、国宝・重文撮影カメラマン、年史編纂ディレクターなど専門の社内スタッフが業務を担当しています。同時に、文化財所蔵者や専門家などによる学術的監修を受けることで、実物の色や形を忠実に再現し、文化財を後世に継承していくことに貢献します。

  • デジタルアーカイブソリューション

    アーカイブの構築から利活用までトータルでサポートする「デジタルアーカイブソリューション」

    史資料は貴重な「情報資産」であり、災害対策や事業継承の側面からも散逸や劣化による消失から守る必要があります。 トッパンでは、情報資産を守るだけではなく、その活用までもトータルでサポートし、お客さまの資産の価値を高めます。

    詳細を見る
  • トッパンVR・デジタルアーカイブ

    圧倒的な臨場感と没入感で文化財を後世に継承する「トッパンVR・デジタルアーカイブ」

    印刷技術を通して長年培った高精細デジタル化技術、カラーマネジメント技術などをもとにした「トッパンVR」技術により、貴重な文化財をデジタル・アーカイブデータとして保存します。

    詳細を見る
  • くずし字OCR

    江戸時代の「くずし字」をOCR技術の応用により手軽にテキストデータ化「くずし字OCR」

    トッパンの「くずし字OCR」は、現代人には難読になってしまった江戸時代の「くずし字」を、最新のOCR技術を応用することで、手軽に読み解き利活用することを目的とした取り組みです。現在、大学・研究機関などとの実証実験を重ねています。

    詳細を見る

取り組みに関する
お問い合わせはこちら

CONTACT