GRAPHIC TRIAL 2019 -EXCITING-
GRAPHIC TRIAL 2019 -EXCITING-
2019年4月13日(土)~7月15日(月) 印刷博物館P&Pギャラリー

ごあいさつ/Greeting

グラフィックトライアルとは、グラフィックデザインと印刷表現の関係を深く追求し、新しい表現を模索獲得するための試みであり、第一線で活躍するクリエイターがさまざまな印刷表現に挑戦する実験(トライアル)企画です。
平成最後を飾る、今回のテーマは「Exciting」。新しい何かが始まろうとする時、未知の世界に向き合う時、人は大きな期待と小さな不安を抱きつつも、抑えがたい高揚感に心を躍らせるものです。世代も作風もバラエティに富んだ4人のクリエイターが、自身の内なる「Excite」の源に向き合いながら、刺激的かつ魅力的な表現を目指します。紙と印刷が持つ豊かな表現の可能性をご覧ください。

Graphic Trial is a high quality printed poster exhibition sponsored by Toppan, Japan. Toppan and top creators came together to explore ways of creating a new collaborative approach to printing.
This year's theme is "Exciting". When something new is about to start, when facing an unknown world, people embrace their sense of euphoria while holding great expectations and small uneasiness. Four creators of generations and styles that are rich in variety will pursuit exciting and attractive expressions, facing the source of their own “Excitement ".

参加クリエイター/Creators

  • 葛西 薫 Kaoru Kasai アートディレクター / 株式会社サン・アド Art Director / Sun-ad Company Limited

    「興奮」

  • 印刷物には、まずは伝えたいものがある。その裏側にしっかりテクニックがあるからこそ、ちゃんと伝えることもできるように思う。この作品で伝えたいのは、僕の思い出である。エキサイトしたあの瞬間は皆さんに伝わるだろうか。

    Excitement

    First of all, printed matter has something to express. I believe that my message can be transmitted exactly by the solid technical background behind it. What I want to express in my work is my memory. I wonder if that exciting moment will be conveyed to all of you.

1949年札幌市生まれ。文華印刷、大谷デザイン研究所を経て、1973年株式会社サン・アド入社。主な仕事に、サントリーウーロン茶、ユナイテッドアローズ、虎屋の広告制作およびアートディレクションのほか、サントリーのCI、六本木商店街ネオンサイン、映画・演劇の宣伝制作、装丁など活動は多岐にわたる。東京ADCグランプリ、毎日デザイン賞、講談社出版文化賞ブックデザイン賞など受賞。近作に「TORAYA CAFÉ・AN STAND」のCI・パッケージデザイン、『クレーの日記』の装丁など。著書に『図録葛西薫1968』がある。

プリンティングディレクター : 田中一也  Printing Director : Kazuya Tanaka

  • テセウス・チャン Theseus Chan アートディレクター / WORK Art Director / WORK Pte. Ltd.

    「Colour Noise」

  • 私にとってデジタルグラフィックデータは有機物のようなものです。ミキサーに有機物が放り込まれ、その中で動きをとめた無限の深みの中へと崩れ、崩壊してゆく、そんなカラフルな抽象映像が生まれるさまを想像しました。

    Colour Noise

    Digital Graphic data to me are like organic matters. I imagined them being put into a blender and creating a colourful visual abstraction that collapses into an infinite density suspended in motion.

1961年シンガポール生まれ。ヴィジュアル・アートと印刷媒体を中心に活動。自身が発行する雑誌 『WERK(ヴェルク)』 は、既存のブックデザインへの破壊的挑戦として知られている。作品は香港のM+、ニューヨークのクーパー・ヒューイット国立デザイン博物館などに所蔵され、コム・デ・ギャルソンやシュタイデル、田名網敬一など多数とコラボレーションを行っている。2006年シンガポールで最も栄誉あるデザイン賞、プレジデンツ・デザイン・アワードにてデザイナー・オブ・ザ・イヤー受賞。D&AD yellow pencil、NYADC、東京TDC賞。AGIメンバー。

プリンティングディレクター : 尾河由樹 Printing Director : Yuki Ogawa

  • 髙田 唯 Yui Takada グラフィックデザイナー / Allright Graphic Designer / Allright Inc.

    「見えない印刷」

  • 光の青色を追いかけて行き着いた“光のインキ”です。インキではどうしても表現できなかった色を、光の力を借りて実現しました。紙がモニターになったような不思議な感覚にドキドキしながら、ポスターに隠れている言葉と色を探してください。
    詩:ウチダゴウ

    Invisible printing

    It is "glowing ink" that my trial pursuits of the blue color of light led me to. I created a color that I could not express with ink alone, by using the power of light. Try searching for the words and colors hidden within the posters, while being excited by the mysterious feeling, as if the paper has been turned into a display monitor.
    Poem: Go UCHIDA

1980年東京都生まれ。桑沢デザイン研究所卒業後、2006年にデザイン事務所Allright Graphics、翌年に活版印刷工房 Allright Printingを設立。活版印刷工房を営みながら、デザインの仕事を手がけ、作品はロゴマークやサイン、広告、装丁、パッケージデザインなど多岐にわたる。2017年に音楽レーベルAllright Musicを設立。2017年、個展『遊泳グラフィック』を銀座で開催後、台中(台湾)と上海でも個展を開催。2011年 JAGDA新人賞、2015年日本パッケージデザイン大賞金賞、桑沢賞。東京造形大学准教授。

プリンティングディレクター : 冨永志津 Printing Director : Shizu Tominaga

  • 山本 暁 Satoru Yamamoto アートディレクター / 凸版印刷株式会社 Art Director / Toppan Printing Co., Ltd.

    「オフセット印刷の不良」

  • 印刷は版や紙、インキに左右され想定外な現象を引き起こすこともありますが、不良とされることもコントロールできれば魅力的な手法になると考えました。ネガティブな事象をポジティブな表現へとひっくり返す、エキサイティングなトライアルを試みます。

    Defects of offset printing

    Printing is influenced by the plates, paper, and inks, which may sometimes cause unexpected phenomena. However, if we could control what is regarded as defect, it can become an attractive method. I conducted exciting trial experiments that turn negative events into positive expressions.

1987年神奈川県生まれ。多摩美術大学美術学部卒業後、凸版印刷株式会社入社。トッパンアイデアセンタークリエイティブ本部在籍。入社後、カタログ・WEBなどの企業の販売促進、コミュニケーションツールの制作に携わる。現在は企業が発行するカレンダーのアートディレクションを中心に企画・制作を行っている。NY TDC入選、全国カタログ展・全国カレンダー展受賞。「ププププレゼン力」ブックコンペティション最優秀賞、森岡書店にて「ププププレゼン力展」を成田久氏と開催。

プリンティングディレクター : 高本晃宏 Printing Director : Akihiro Takamoto

展覧会情報/Exhibition Guide

会期
2019年4月13日(土)7月15日(月・祝)
参加クリエイター
葛西 薫 / テセウス・チャン / 髙田 唯 / 山本 暁
会場
印刷博物館P&Pギャラリー
(東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル)
開館時間
10:00~18:00
休館日
毎週月曜日(ただし4月29日、5月6日、7月15日は開館)、4月30日(火・祝)、5月7日(火)
入場料
無料(印刷博物館本展示場へご入場の際は入場料が必要となります)
主催
凸版印刷株式会社 印刷博物館
企画
凸版印刷株式会社 トッパンアイデアセンター
後援
公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
公式SNS
お問い合わせ先

印刷博物館

〒112-8531東京都文京区水道1丁目3番3号トッパン小石川ビル

Tel. 03-5840-2300(代表)Fax. 03-5840-1567

Dates
Saturday, April 13 – Monday, Public holiday, July 15, 2019
Creators
Kaoru Kasai / Theseus Chan / Yui Takada / Satoru Yamamoto
Venue
P&P Gallery, Printing Museum, Tokyo
Opening Hours
10:00~18:00
Closed every Monday (Except April 29, May 6, July 15) and on Tuesday, April 30, May 7
Admission
Free (Admission fee required for entry to the Printing Museum’s main exhibition area.)
Organization
Printing Museum, Tokyo / Toppan Printing Co., Ltd.
Planning
Toppan Idea Center / Toppan Printing Co., Ltd.
Endorsement
JAGDA (Japan Graphic Designers Association Inc.)

アクセス

  • 交通のご案内

    • 江戸川橋駅=東京メトロ有楽町線(4番出口)より右へ徒歩約8分
    • 飯田橋駅=JR総武線(東口)、東京メトロ有楽町線、東京メトロ東西線、東京メトロ南北線、都営地下鉄大江戸線(B1出口)より徒歩約13分
    • 後楽園駅=東京メトロ丸ノ内線、東京メトロ南北線(1番出口)より徒歩約10分
    • 都営バス[飯64]=九段下~飯田橋駅前~小滝橋車庫/[大曲][東五軒町]下車徒歩約3分
    • 都営バス[上69]=上野公園~春日駅前~小滝橋車庫/[大曲][東五軒町]下車徒歩約3分

    ※駐車場がご利用いただけます。30分まで無料。以降30分おきに200円。駐車券を印刷博物館受付までお持ちください。

    印刷博物館 P&P Gallery

    ENGLISH

イベント情報

巡回展

グラフィックトライアル2019 in 金沢
2019年10月2日(水)~10月4日(金)

金沢美術工芸大学 地図

金沢美術工芸大学

〒920-8656 石川県金沢市小立野5-11-1

交通のご案内

【電車】

  • 金沢駅下車

【バス】

  • 金沢駅東口(兼六園口)バスターミナル、7番のりば
    • ⑪東部車庫行、⑪金沢学院大学行、⑫湯涌温泉行、⑫北陸大学薬学部行、
      ⑫北陸大学太陽が丘行、⑯駒帰行(乗車約25分)
  • 金沢駅東口(兼六園口)バスターミナル、6番のりば
    • ⑬湯谷原行、⑭田上住宅行(乗車約25分)
  • 金沢駅西口(金沢港口)バスターミナル、5番のりば
    • ⑩東部車庫行、⑩金沢学院大学行、⑬湯原谷行(乗車約25分)
      いずれのバスも「小立野(こだつの)」で下車(徒歩約8分)

【タクシー】

  • 金沢駅から約20分

【自動車】

  • 北陸自動車道
    • 金沢森本ICから約15分
    • 金沢西ICから約25分

【航空機】

  • 小松空港からリムジンバス(乗車約40分)金沢駅下車
    • (乗り換え、東口、西口から電車の場合に同じ)
■お問い合わせ
凸版印刷株式会社 トッパンアイデアセンター
Tel. 06-6454-3120 Fax. 06-6226-2923
イベント

髙田唯 光るポスターショー終了しました
毎週水曜日・金曜日14:30~

トーク

デザイントーク 髙田 唯 × ウチダゴウ終了しました
2019年6月29日(土)開催

トーク

デザイントーク 葛西 薫 × 上田義彦終了しました
2019年6月7日(金)開催

トーク

デザイントーク 全クリエイター終了しました
2019年4月13日(土)開催

過去の作品はこちら

Copyright 2019 TOPPAN PRINTING CO., LTD.