GRAPHIC TRIAL 2018
GRAPHIC TRIAL 2018 -Passion-
GRAPHIC TRIAL 2018 -Passion-

最新情報イベント情報 「グラフィックトライアル2018 in 金沢」 開催決定しました!

グラフィックトライアルとは

グラフィックトライアルとは、グラフィックデザインと印刷表現の関係を深く追求し、新しい表現を模索獲得するための試みであり、第一線で活躍するクリエイターがさまざまな印刷表現に挑戦する実験(トライアル)企画です。
今年のテーマは〈Passion〉。パッションとは、理性と対比された強い感情や情感、熱情を意味します。愛、欲望、怒り、憎しみ、悲しみ、喜びなどの感情、あるいは物事に対する愛着や熱中は、これまで多くの人々を突き動かし、創作の源とされてきたものです。今回、クリエイターの〈Passion〉を凸版印刷のプリンティングディレクターが受け止めました。互いの情熱を感性と技術に注ぎ込んでつくりあげた多彩な表現の世界をご覧ください。

Graphic Trial is a high quality printed poster exhibition sponsored by Toppan, Japan. Toppan and top creators came together to explore ways of creating a new collaborative approach to printing.
This yearʼs theme is “Passion”—a strong emotion or boundless enthusiasm, a concept contrary to reason. Addictions to “things” and powerful emotions like love, desire, anger, hate, sorrow, and joy have always driven people to create. The passions of eminent creators have inspired the printing directors at Toppan to express various dimensions of Passion using techniques and sensibilities that embody their hearts.

参加クリエイター

宇野亞喜良 Akira Uno
イラストレーター、アートディレクター

  • エロスとタナトス、憧れと欲望、性と自我、愉楽と虚ろ…複層的に折り重なり、対峙し、溶け合う人の原初の心象世界。木炭ドローイングに空の写真をコラージュしながら、フォトジェニックでダイナミックな表現を追いかけてみた。

    PD:尾河由樹、小林武司
    写真:斎藤美帆

    Eros and Thanatos, longing and desire, sexual drive and ego ideal, pleasure and emptiness… Multiples overlap, confront, and blend within a primordial human mindscape. I have collaged my charcoal drawings with photographs of the sky in pursuit of a photogenic, dynamic expression.

    Printing Director:Yuki Ogawa, Takeshi Kobayashi
    Photograph:Miho Saito

    1934年名古屋市生まれ。名古屋市立工芸高校図案科卒業。日本デザインセンターを経てフリーに。以来イラストレーターとして幅広く活動し、展覧会への出品や個展などを多数開催。舞台美術も手がける。2017年アーティストグッズブランドQXQXを立ち上げる。日宣美特選、日宣美会員賞、講談社出版文化賞さしえ賞、赤い鳥挿絵賞、日本絵本賞、全広連日本宣伝賞山名賞など受賞多数。1999年紫綬褒章、2010年旭日小綬章受章。

サンティ・ロウラチャウィ Santi Lawrachawee
デザイナー

  • 人が周囲の環境と交差しながら引き起こされていく感情は、実に豊かで移ろいやすく、その変化は細部にまで現れてきます。その繊細な移ろいを、これまで私が情熱を注いできた白と黒の世界と印刷技術で表わしてみたいと思います。

    PD:冨永志津

    Generally our feelings are influenced by the interaction with our dynamic, transitor y surroundings, and many of our inner feelings seem to appear in our facial expressions and behaviors. In my work, with the use of various printing techniques, I aim to visualize these emotional changes based on my artistic notions of the whites and blacks I have passionately adored.

    Printing Director:Shizu Tominaga

    1971年バンコク生まれ。タイで最も注目を集めるデザイン会社の一つ、プラクティカル・デザイン・スタジオ(バンコク)を共同設立者として率いる。VIのエキスパートとして知られ、著名なクライアントも多い。グラフィックデザインの仕事と並行し、アーティストとして精力的に活動。大学での後進の指導にもあたっている。商務省国際貿易振興局のデザイナー・オブ・ザ・イヤー(グラフィックデザイン部門)受賞など、タイ国内での受賞多数。

八木義博 Yoshihiro Yagi
クリエーティブディレクター、アートディレクター/株式会社 電通

  • 規則的に配されたボルトが、それぞれのトルクで頑なに締まり続けている。そんな健気な鉄の部品に情感が湧く。錆ついたナット、オイルを汗のように滲ませるスクリュー。銀インキのアンサンブルで、紙の上に屈強な鉄を浮かび上がらせたい。

    PD:長谷川太二郎

    Regularly arranged bolts continue to tighten themselves obstinately at their own torques. I admire these brave iron parts. Rusted nuts and screws glittering with sweat-like oil. I intend to etch the tough shapes of iron onto paper with an ensemble of silver inks.

    Printing Director: Daijiro Hasegawa

    1977年京都府生まれ。京都造形芸術大学情報デザイン学科卒業後、株式会社電通入社。企業VIから、パッケージデザイン、広告コミュニケーションまでトータルに展開。主な仕事に、JR東日本「行くぜ、東北。」、Panasonic「LIFE IS ELECTRIC」、HONDA「Honda.Great Journey.」など。CANNES DESIGN LIONS グランプリ、ONE SHOW DESIGNグランプリ、D&AD Yellow Pencil、N.Y.ADC金賞、JAGDA新人賞など受賞多数。京都造形芸術大学客員教授

鈴木晴之 Haruyuki Suzuki
アートディレクター/凸版印刷株式会社

  • 一人の人間がいろいろな感情表現をするように、一枚のポスターにもさまざまな表情を持たせたい。メタル紙や透明PET シート、偏光パールインキを使って、見る角度や光によって絵柄や色が変化する印刷表現を探ります。

    PD:田中一也

    I want to give a poster various looks, like a human wearing different emotional expressions. I use metal paper, transparent PET sheets, and polarized pearl ink to explore printing expressions in patterns and colors that shift in degrees of light and angles of view.

    Printing Director: Kazuya Tanaka

    1985年愛知県生まれ。立命館大学経営学部卒業、京都工芸繊維大学大学院デザイン科学専攻修了後、凸版印刷株式会社入社。トッパンアイデアセンターマーケティング本部在籍。ポスター、SPツール、パッケージ、デジタルコンテンツなどのアートディレクション、デザインを手がける。個人の活動としてグラフィックやタイポグラフィを用いたアートワークの発表を行っている。NY TDC入選、日本タイポグラフィ年鑑入選など。

展覧会情報

会期
2018年6月16日(土)9月17日(月・祝)
参加クリエイター
宇野亞喜良
サンティ・ロウラチャウィ
八木義博
鈴木晴之
会場
印刷博物館P&Pギャラリー
東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル
開館時間・休館日
10:00~18:00
毎週月曜日(ただし7月16日、9月17日は開館)、7月17日(火)
入場料
無料(印刷博物館本展示場へご入場の際は入場料が必要となります)
主催
凸版印刷株式会社 印刷博物館
企画
凸版印刷株式会社 トッパンアイデアセンター
後援
公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
公式Twitter
@GraphicTrial
公式Facebook
グラフィック・アーツ・センター(凸版印刷)
お問い合わせ先

印刷博物館

〒112-8531東京都文京区水道1丁目3番3号トッパン小石川ビル

Tel. 03-5840-2300(代表) Fax. 03-5840-1567

Dates
Saturday, June 16 – Monday, Public holiday, September 17, 2018
Creators
Akira Uno
Santi Lawrachawee
Yoshihiro Yagi
Haruyuki Suzuki
Venue
P&P Gallery, Printing Museum, Tokyo
Opening Hours
10:00~18:00
Closed every Monday (Expect July 16, September 17) and on Tuesday, July 17
Admission Free
Admission fee required for entry to the Printing Museum’s main exhibition area.
Organization
Printing Museum, Tokyo / Toppan Printing Co., Ltd.
Planning
Toppan Idea Center / Toppan Printing Co., Ltd.
Endorsement
JAGDA (Japan Graphic Designers Association Inc.)

アクセス

アクセスマップ

  • 交通のご案内

    ○江戸川橋駅=東京メトロ有楽町線(4番出口)より右へ徒歩約8分

    ○飯田橋駅=JR総武線(東口)、東京メトロ有楽町線、東京メトロ東西線、
    東京メトロ南北線、都営地下鉄大江戸線(B1出口)より徒歩約13分

    ○後楽園駅=東京メトロ丸ノ内線、東京メトロ南北線(1番出口)より徒歩約10分

    ○都営バス[飯64]=九段下~飯田橋駅前~小滝橋車庫/[大曲][東五軒町]下車徒歩約3分

    ○都営バス[上69]=上野公園~春日駅前~小滝橋車庫/[大曲][東五軒町]下車徒歩約3分

    ※駐車場がご利用いただけます。(有料)

  • 印刷博物館 P&P Gallery

    ENGLISH

イベント情報

巡回展グラフィックトライアル2018 in 金沢
2018年10月3日(水)~10月5日(金)

金沢美術工芸大学 地図

金沢美術工芸大学

〒920-8656 石川県金沢市小立野5-11-1

交通のご案内

【電車】

  • 金沢駅下車

【バス】

  • 金沢駅東口(兼六園口)バスターミナル、7番のりば
    • ⑪東部車庫行、⑪金沢学院大学行、⑫湯涌温泉行、⑫北陸大学薬学部行、⑫北陸大学太陽が丘行、⑯駒帰行(乗車約25分)
  • 金沢駅東口(兼六園口)バスターミナル、6番のりば
    • ⑬湯谷原行、⑭田上住宅行(乗車約25分)
  • 金沢駅西口(金沢港口)バスターミナル、5番のりば
    • ⑩東部車庫行、⑩金沢学院大学行、⑬湯原谷行(乗車約25分)
      いずれのバスも「小立野(こだつの)」で下車(徒歩約8分)

【タクシー】

  • 金沢駅から約20分

【自動車】

  • 北陸自動車道
    • 金沢森本ICから約15分
    • 金沢西ICから約25分

【航空機】

  • 小松空港からリムジンバス(乗車約40分)金沢駅下車
    • (乗り換え、東口、西口から電車の場合に同じ)
■お問い合わせ
凸版印刷株式会社 トッパンアイデアセンター
Tel. 06-6454-3120 Fax. 06-6226-2923

TALKギャラリートーク 八木義博×高田唯※終了しました
2018年9月8日(土) 開催

TALKギャラリートーク 宇野亞喜良※終了しました
2018年7月14日(土) 開催

TALKデザイントーク in TOPPAN vol.21※終了しました
2018年6月16日(土) 開催 

過去の作品はこちら

Copyright 2018 TOPPAN PRINTING CO., LTD.