CONCEPT
コンセプト
凸版印刷が培ったテクノロジーと新たなモノつくりの発想で、
環境問題解決のための貢献機会を創出し、環境・まち・ひとの未来に寄り添う。
サーキュラーエコノミーの実現に貢献したい。
私たちが長きにわたり培ってきたノウハウを活かしたい。

そんな、想いから生まれたブランド、
それが「エコクラシー」です。

新しい未来を創造しつづけるために、
私たちが主体となって
誰もが環境問題に取り組めるフィールドをつくり
エコに対する「共感の輪」の広がりを目指します。
Circular Economy
サーキュラーエコノミー とは
サーキュラーエコノミー(循環型経済)とは、持続可能な社会を実現するために、ゴミを出さず、汚染せず、環境への負荷を減らし、製品をリサイクルすることで限りある資源を活用していくという考え方です。

設計の段階から再生を前提とし、これまで「廃棄物」とされていたものを「資源」に変えていく、循環をベースにした経済の仕組みとして注目されています。
PRODUCTS
商材紹介
エコクラシーが提供する製品の材質や特性についてご紹介しています。ぜひご覧ください。
製品一覧を見る
CASES
事例紹介
様々な企業や自治体で採用され、いろいろなシーンで活用されています。
印刷博物館
22021年10月より、併設のP&Pギャラリーでの企画展のコンテンツをプリントし、掲示しています。企画展の内容に合わせて変更していく予定です。写真は「現代日本のパッケージ2021」。掲示終了後はマテリアルリサイクルよる、ミュージアムショップのグッズへの再製品化を検討しています。
お問い合わせ
Q&A
エコクラシーシートを横断幕やバナーに加工したものをリサイクルできますか?
リサイクルできます。横断幕やバナーにする際に、シートと同種のプラスチックで作られたハトメと縫製糸を使用し、加工することで、すべてが単一素材となり、リサイクルが可能です。
エコクラシーシートは、どんなものにリサイクルできますか?
射出形成という方法での再製品化が可能です。例えば、植木鉢やプランター、ゴミ箱などにリサイクルできます。また、廃木材などと混ぜることで、木材の風合いがある複合建材などにもなります。
エコクラシーシートは防炎処理は可能でしょうか?
対応は可能です。防炎製品認定を取得した横断幕や懸垂幕の提供ができます。
エコクラシーシートだけで、リサイクルし、再製品化できるのでしょうか?
リサイクルをして製品を作る際は、プラスチックの加工適性向上のために、他の再生プラスチックやバージンプラスチックなどとブレンドして使用します。
エコクラシーシートは、どのような用途に向いていますか?
一番向いているのは、イベントやプロモーションのために数カ月の短期間だけ使用され、廃棄されてしまう装飾幕や懸垂幕などです。
エコクラシーシートの設置終了後の回収もサポートしてもらえるのでしょうか?
使用後のエコクラシーシートの扱いに関しては、廃棄物かどうかなどの判断が自治体ごとに分かれますので、サポートできる範囲含めて、個別にご相談となります。
エコクラシーシートは、一般的な幕素材に比べて耐久性は劣りますか?
商材紹介に記載している内容の通り、基本的な強度はありますので、一般的な製品から大幅に耐久性が劣ることはありません。ただ、特殊な環境で使用される製品や数年以上の長期使用を見込んでいる製品と比べると、耐久性は低くなると思われます。
エコクラシーは、
多くのコミュニケーションツールを制作する凸版印刷が
長年抱えてきた課題解決のための、
第一歩です。

ぜひ、私たちと一緒に環境問題の解決を目指しませんか?
お問い合わせ
RECOMMEND