制作からコンサルティングまで行うトッパンのIR・CSR・SDGsサポート
TOPPAN IR・CSR・SDGs SUPPORT

CONTACT

STAFFスタッフ紹介

今津 秀紀

HIDENORI
IMAZU
今津 秀紀

サステナビリティを主テーマに、SDGs、企業ブランド、環境・社会貢献活動などのコーポレートコミュニケーションを専門にする。
企業情報サイトランキング1位2位同時獲得、エコサイトランキング1位、サステナビリティ報告書賞 最優秀賞など担当したクライアントで多くの実績を上げる。
SDGsワークショップやステークホルダーダイアログのファシリテーター実績は20社を超える。

TOPPAN SDGs Unit リーダー

学会「企業と社会フォーラム」プログラム委員長(2011年よりプログラム委員)
日本経団連 21世紀政策研究所 研究委員(2013年)

前田 啓太

KEITA
MAEDA
前田 啓太

約25年にわたり、サステナビリティ、IRの戦略構築、コミュニケーション支援に携わる。マテリアリティやSDGs優先課題特定実績も多数。近年は、統合報告書における価値創造ストーリー、プロセス構築に力を注ぐ。日経アニュアルリポートアウォード、WICIジャパン統合報告表彰、LACP「Vision Awards」、環境省「環境コミュニケーション大賞」、東洋経済新報社「環境報告書賞・サステナビリティ報告書賞」、東証「ディスクロージャー表彰」など、アワード受賞実績も多数。

加藤 公明

KIMIAKI
KATO
加藤 公明

10年以上にわたり、IRビジネスに関わる。株主通信、IR Webサイトなどの個人投資家とのコミュニケーション施策、株主総会の企画・運営、アニュアルレポートの発行など数多くの案件を手がける。また金融機関を長期にわたって担当し、特にディスクロージャー誌については実績が豊富。最近では企業価値を伝えるツールとして統合報告書に注目しており、グローバルな視点で今後の展開を注意深く探っている。

今尾 小夜子

SAYOKO
IMAO
今尾 小夜子

BtoCクライアントのコミュニケーション・プロモーションに長年従事。現在は主に統合報告書やサステナビリティレポートを中心としたコミュニケーションツール制作を手掛ける。

藤沼 将史

MASASHI
FUJINUMA
藤沼 将史

IRとCSRのハイブリッド対応が持ち味。特にBtoB企業におけるコーポレートコミュニケーションに強く、常に最新動向をウォッチしトレンドを分析している。
また、Webサイトやニューメディアを活用したコミュニケーション支援も得意とし、あらゆるステークホルダーとの戦略的なリレーション構築をトータルに支援している。

菅原 れい子

REIKO
SUGAWARA
菅原 れい子

流通小売業界のセールスプロモーション、ブランドコミュニケーションに長年従事。
営業・企画・制作というマルチな職務経験や、産官学連携NPO立ち上げスタッフとして活動した経験から、プロデューサーとして状況や内容にとらわれずに事柄を具現化すること・多種多様なメンバーと協業することを得意とする。
現在はそれらの経験を活かしながら、様々な業界のコーポレートコミュニケーションやSDGs視点での事業創出支援に携わる。

TOPPAN SDGsUnit コンサルタント

船橋 南帆美

NAHOMI
FUNAHASHI
船橋 南帆美

事業会社において約10年に亘り、アナリスト、国内・海外機関投資家とのコミュニケーションを中心としたIR業務に従事。
また、シンガポールとロンドンでファイナンスやリサーチ業務に携わった経験も持つ。
現在は、グローバル視点・投資家視点・クライアント視点でのレポーティングを強みに、主に統合報告書、サステナビリティレポート、ウェブサイトの編集を担当。
また最近は、IRコミュニケーションだけでなく、SDGs関連など幅広いコーポレートコミュニケ—ション支援も開始。

三宅 遼

RYO
MIYAKE
三宅 遼

官庁において、エネルギー分野、産業政策分野の政策立案に従事後、凸版印刷へ入社。
経済と社会の調和をモットーとし、統合報告書・サステナビリティレポートの制作、マテリアリティ(重要課題)特定を通じて、企業価値向上と社会価値創出を支援する。

TOPPAN SDGsUnit コンサルタント

冨木 美穂

MIHO
TOMIKI
冨木 美穂

早稲田大学文学部卒。入社以来、株主通信やCSRサイト、SDGs関連ツールなど幅広く企業のコミュニケーション支援を担当。
最近はサステナビリティのテーマにおける企業とコンシューマー間の関係構築に注目している。

TOPPAN SDGsUnit プランナー

トッパンのコーポレートコミュニケーション専門の制作会社

コーポレートコミュニケーションツールを扱う制作会社は、CSR領域に特化していたり、IR領域に強みを持っていたりと、それぞれに注力分野を持っているものです。
トッパン エディトリアル コミュニケーションズでは、CSR、IRを含むコーポレートコミュニケーションツールの全領域を長年にわたりカバーし、ノウハウを蓄積してきました。そのため、ツールの統合化ニーズをはじめ、グローバル化などへの対応に強みを持っています。

PAGE TOP

KEYWORDS